添乗員の英語 >> 添乗をする

【添乗員の英会話】バス旅行についての英語を解説

添乗員の英語

親愛なる君へ

  • 「添乗員のバス旅行の英会話について知りたい」
  • 「添乗員として英語を使うシーンを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事では、添乗員のための英会話として、バス旅行のシーンを解説します。
英文は書籍『ツアーコンダクターの英会話』を引用です。

この記事を読むことで、バス旅行の英会話の例文を知ることができます。

 本記事の信頼性

✔︎ 私の経歴:新卒で旅行会社に入社し18年間、法人営業を担当。
✔︎ 保有資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、旅行地理検定2級、英検2級、TOEIC540点、損害保険初級。
✔︎ 添乗経験:国内・海外合わせて100本で、一般団体・教育旅行・視察旅行を経験。

このくらいの英語力でもなんとかなります。

こーいち
下記書籍の英文を20回音読しました。

【添乗員の英会話】バス旅行についての英語を解説

添乗員の英会話

列車旅行では、次の事項について確認しておきます。

・列車の出発時刻、到着時刻
・プラットホームの番号
・列車の車両編成
・駅到着から列車に乗るまでの導線

駅に到着したらポーターを手配し、団体乗車券に記載の列車番号、車両番号、荷物の総数を知らせて、列車に積み込んでもらいます。

ポーターに荷物の運搬をお願いする

T:Could we have these bags brought to the bus?
P:Sure, how many do you have?
T:Fifteen, altogether. Ours all have red tags on them.
P:Fifteen bags with red tags on them. What bus company is it?
T:Our local agent is waiting outside the customs area, and he's holding a "JATA Tours"sign, so I will check with him.
P:All right. No problem.

① tag=荷札、名札など
② check with=〜に確認する
③ altogether=全部で
④ no problem=いいですよ

1.Could we have these bags brought to the bus? 訳:手荷物をバスまで運んでくれますか?
→Would you take these bags to the bus ?
→Could you help us with these bags as far as the bus ?

2.What bus company is it ? 訳:なんというバス会社ですか?
→What's the name of the bus company ?
→What's the bus company called ?

自分で訳しました。

T:これらのバッグをバスまで運んでくださいますか?
P:わかりました。何個ありますか?
T:全部で15個です。すべて赤いタッグがついています。
P:15個の赤いタッグ付きのバッグですね。バス会社はどちらですか?
T:現地の代理店が税関エリアの外で待っています。JATA Toursの看板を持っています。確認します。
P:わかりました。問題ありません。

ライン河畔のローレライの説明

G=Guide

T:Our schedule for today's bus tour includes a visit to Loreley, doesn't it?
G:Yes, it does.
T:We are looking forward to seeing it.
G:It's a very fine day today, so we can command a fine view of Loreley.
G:Here we are at Loreley. Loreley cliff overflowing with legend, rises steeply above the Rhine, which is only 90 meters wide here. At low-water it is possible to see the dangerous reefs of the "seven virgins". Legend has it that 7 virgins were turned into rocks because they were so hard-hearted. At the foot of the Loreley cliff you can hear a 7 fold echo.
T:Can we climb up to the observatory?
G:Sorry. We have no time for it.

① Loreley=ローレライ。ライン川沿いにあり、岩壁の高さは132メートルある。岩に記入されている555の数字は河口からの距離を表します。
② look forward to seeing=〜見物を楽しみに待つ、期待する。この用法ではto seeでなくseeingをつけます。
③ command a fine view of 〜=〜のすばらしい景色を見渡す
④ at low-water=干潮時、水や湖などの低水位。
⑤ observatory=見晴らし台。岩の上の頂上にあり、登れるようになっています。

【訳】
T:今日のスケジュールにはローレライ観光が入っていますね?
G:はい。入っています。
T:皆さん、それを楽しみにしています。
G:今日は天気も良いので、すばらしい景色が見られるでしょう。
G:さあ、ローレライに着きました。伝説に満ちあふれるローレライの岩壁は、ライン川の上の絶壁となってそびえています。ここではライン川の川幅はたった90メートルしかありません。干潮時には「7人の処女」と呼ばれる危険な岩礁を見ることができます。7人の処女は、心が大変冷酷なため、岩に変えられたのだそうです。ローレライの絶壁の下で、七重のエコーが聞こえるそうです。
T:展望台まで登れませんか?
G:残念ですが、そうする時間はありません。

バス旅行では最初にガイド(いなければドライバー)と打ち合わせです。

次のポイントに注意して、打ち合わせします。

・目的地までの所要時間
・ルート
・見どころ

できる限り自分でも調べておくことが必要です。

既成のパンフレットなどに走行地図が含まれていない場合は、手書きの地図をコピーしておき、お客様へ当日配布するのも方法です。
お客様によっては、熱意を感じ取ってくださる方もいます。

バス旅行は添乗員にとって自分の持ち味を発揮できる場所

バス移動時間が長いときは、お客様に以下の話をするのも良いです。

・海外旅行についての様々な情報
・訪問国の歴史、文化、社会
・添乗員自身の体験談

お客様の状況を見ながら、話します。
昼食後の午後は眠くなる時間帯です。
居眠りをしているお客様がいる場合は、話をしないことも重要です。

トイレ休憩

トイレ休憩は1時間30分〜2時間に1回くらいの割合で取りましょう。
年配の方や女性はトイレの近い人もいますので配慮します。
長距離移動の際は、外に出て空気を吸うことも大事ですので、こまめに休憩を取りましょう。

【添乗員の英会話】バス旅行のまとめ

添乗員の英会話

本記事は、添乗員の英会話としてバス旅行のシーンを解説しました。

バス旅行は、日本語ガイドがいれば添乗員の負担はそれほどありません。
事前の所要時間やルート、観光地の見どころなどキチンと調べておけば、時間管理はできるはずです。

日本語ガイドがおらず、英語ガイドの場合は、添乗員はガイドの案内を通訳しなくてはなりません。
英語力が求められます。
また、車内が手持ち無沙汰にならないよう、何か用意しておくのも方法です。

以上、『【添乗員の英会話】バス旅行について解説【備忘録】』の記事でした。

こーいちより

P.S. シーンごとの英語を理解しよう。


 添乗で一番役立った本


日本一の添乗員
日本一の添乗員
日本一の添乗員が書いた接客の作法がわかる本【読書感想文・書評】添乗とは究極のサービス業

続きを見る

 海外添乗の体験談がつまった本


海外添乗員
感動を想像する海外添乗員
株式会社マンデラのオーナーが書いた海外添乗員の働き方がわかる本【読書感想文・書評】失敗から気づきを得る

続きを見る

 一番面白かった派遣添乗員の本


ヘトヘト日記
派遣添乗員の日常がわかる本【読書感想文・書評】添乗員の辛さ、面白さを知る

続きを見る

関連記事添乗員に必要な英語力とは【おすすめアプリ・教材を解説】
人気記事おすすめの添乗員派遣会社3社をランキングで比較【最新版の口コミ・評判も紹介】

関連記事添乗員になるには2つの方法がある【簡単で確実な方法は添乗員派遣会社に入ること】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.