添乗員の英語 添乗をする

【添乗員の英会話】列車旅行について解説【備忘録】

添乗員の英会話

親愛なる君へ

  • 「添乗員の列車旅行の英会話について知りたい」
  • 「添乗員として英語を使うシーンを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事では、添乗員のための英会話として、列車旅行のシーンを解説します。
英文は書籍『ツアーコンダクターの英会話』を引用です。

この記事を読むことで、列車旅行の英会話の例文を知ることができます。

 本記事の信頼性

✔︎ 経歴:新卒で旅行会社に入社し18年間、法人営業を担当。
✔︎ 保有資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、旅行地理検定2級、英検2級、TOEIC540点、損害保険初級。
✔︎ 添乗経験:国内・海外合わせて100本で、一般団体・教育旅行・視察旅行を経験。

このくらいの英語力でもなんとかなります。

こーいち
下記書籍の英文を20回音読すればOKです。

【添乗員の英会話】列車旅行について解説

添乗員の英会話

列車旅行では、次の事項について確認しておきます。

・列車の出発時刻、到着時刻
・プラットホームの番号
・列車の車両編成
・駅到着から列車に乗るまでの導線

駅に到着したらポーターを手配し、団体乗車券に記載の列車番号、車両番号、荷物の総数を知らせて、列車に積み込んでもらいます。

1.乗車駅にて

P=Porter

T:Could you take our baggage to the 9:30 train to Gare du Nord, Paris?
P:Yes,sir. How many pieces of baggage do your have?
T:30 pieces of baggage.
P:Your coach number, please.
T:Coach number 5.
P:All right. Follow me, please.

① take〜=〜を運んでください。
② coach number=車両番号。ひとつの列車に行き先の違う車両が連結されている場合が多いので気をつけましょう。欧州の鉄道は、座席車、寝台車ともに1等、2等に分かれています。寝台車はberthといいます。また団体がよく利用するクシェット(couchette)と呼ばれる簡易寝台もあります。

【訳】
T:9時30分発、パリ北駅行きの列車へ荷物を運んでくれませんか?
P:はい。荷物は何個ありますか?
T:30個です。
P:車両番号は何番ですか?
T:5号車です。
P:わかりました。後についてきてください。

日本と違い、発車ベルは鳴りませんので、お客様がホームに取り残されないよう注意です。

2.車内で車掌と

C=Conductor

T:Conductor. I have a group ticket for 30 people, but 3 people cancelled. Would your please endorse that 3 people are not on board the train?
C:All right, sir. I'll endorse 3 passengers not traveling with you.
T:Thank you very much. How can I make a reservation for lunch?
C:The waiter from the dining car will come along later. You can make your order then.
T:I see. How should we go through entry procedures?
C:Oh, it's very easy. You just sit down and show your passport to the officers.
T:Thank you very much for your help.

① endores=裏書きする。例では、列車旅行でキャンセルした3人についての不乗証明を記入すること。
② on board = 列車、飛行機、バスなどに乗って。
③ dining car=食堂車。時刻表の脚注に示されている食堂車を利用できる区間に注意。
④ go through〜=〜を通り抜ける。例では、入国手続きを済ませること。
⑤ entry procedures=検疫、入国審査、税関検査などの入国手続き。国境に差しかかると、それぞれの担当官が乗り込んできます。係官が車内を回って旅券をチェックするので、団員各自に旅券を用意させ、団員数を知らせます。その際、あらかじめ集めておいた免税書類(フランスなど)も提出します。銀行員が乗り込んできたときは、行き先国の通過に両替してもらえます。

【訳】
T:車掌さん、30人分の団体乗車券を持っていますが、3人がキャンセルしました。乗車していない3人分について裏書き(不乗証明)してくださいませんか?
C:わかりました。乗車していない3人分の裏書きをします。
T:ありがとうございます。昼食の予約はどうしたらいいのですか?
C:後に、食堂車にウェイターがやってきます。そのとき注文できます。
T:わかりました。入国手続きは、どうやって済ますのですか?
C:簡単ですよ。座ったままで、係官にパスポートを見せるだけです。
T:ありがとうございます。

食堂車を利用する場合は、早めに食堂の責任者に連絡をして、テーブルの予約と食事時間を確認しておきます。

乗車券発券後のお客様のキャンセルについては「不乗証明」をとる必要があります。
この場合、団体乗車券の乗客数と実際の乗車数を車掌に伝え、不乗車分の人数を団券に裏書きしてもらわなければなりません。

【添乗員の英会話】列車旅行のまとめ

添乗員の英会話

本記事は、添乗員の英会話として列車旅行のシーンを解説しました。

列車は発着時刻が決まっているので、「列車に間に合わなかったら」という緊張感がありますが、段取りよく進めていきます。
トイレの場所や貴重品の管理についても注意です。

以上、『【添乗員の英会話】列車旅行について解説【備忘録】』の記事でした。

こーいちより

P.S. シーンごとの英語を理解しよう。


 添乗で一番役立った本


日本一の添乗員
日本一の添乗員
日本一の添乗員が書いた接客の作法がわかる本【読書感想文・書評】添乗は究極のサービス業

続きを見る

 海外添乗の体験談がつまった本


海外添乗員
感動を想像する海外添乗員
株式会社マンデラのオーナーが書いた海外添乗員の働き方がわかる本【読書感想文・書評】失敗から気づきを得る

続きを見る

 一番面白かった派遣添乗員の本


ヘトヘト日記
派遣添乗員の日常がわかる本【読書感想文・書評】添乗員の辛さ、面白さを知る

続きを見る

関連記事添乗員に必要な英語力とは【おすすめアプリ・教材を解説】
関連記事日本一の添乗員が書いた接客の作法がわかる本【読書感想文・書評】添乗は究極のサービス業
関連記事株式会社マンデラのオーナーが書いた海外添乗員の働き方がわかる本【読書感想文・書評】失敗から気づきを得る

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.