『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

添乗をする 添乗員を辞めたい話

添乗員から他業種へ転職する一例【添乗員の実態と適正とは】

投稿日:2019年10月14日 更新日:

添乗員からの転職

親愛なる君へ

  • 「添乗員から他の職種へ転職した例を知りたい」
  • 「添乗員の実態と適正について知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

書籍『ツアーコンダクターになろう』より添乗員から他業種(エステティシャン)へ転職した一例が、掲載されていました。
華々しく活躍し、仕事を楽しんでいる添乗員がいる一方で、辞めていく添乗員もいます。

本記事では、添乗員から他業種へ転職する一例を書籍から引用しつつ、解説していきます。

この記事(体験談)を読むことで、添乗員の実態と適正が見えてきます。

なお、本記事を書いている私は、新卒で旅行社に入社し正社員として18年間、勤務しました。
法人営業だったため添乗員専門ではありませんが、国内・海外問わず通算100回ほどの添乗経験があります。


添乗員から他業種(エステティシャン)へ転職する一例【辞めたい理由は2つ】

添乗員からの転職

本書の女性の方は、「添乗員」から「エステティシャン」へ転職されています。

本書では下記が語られています。

・添乗員を辞めるにいたる本当の理由
・辞めたからこそ見えてきた添乗員の適正

コメントを引用しつつ、解説していきます。

添乗員を辞めたいと思った理由は、人に喜んでもらいたいと思う強い気持ち

添乗をする前から不順だった生理が、ますますひどくなったんです。ストレスのせいもあったと思いますね。それに私は、人を喜ばせたいという気持ちが強すぎたため、旅行の最後にお願いするお客様のアンケートにしばられてしまったんです。不満が書かれていたり、普通という項目に丸がついていたりすると、ああ私の頑張りが足りなかったんだなって思っちゃう。そのうえ、添乗中は夜中に目が覚めると、寝坊するのが怖くて眠れなくなりました。ヘンですよね、だってフロントにモーニングコールを頼んでいるし、目覚まし時計も枕元にちゃんとセットしているのに…

これは辛いですね。
「頑張り屋な人」は、とにかく自分を追い込んでしまいます。

私も頑張り屋さんと言われます。
添乗中、夜中に目が覚めた時は眠れなくなったことがあります。
「寝坊したらどうしよう」と考えてしまうのです。
明け方に目が覚めると、まだ寝ていられる時間があっても起きてしまいますね。

この方は素敵です。

辛い時でも、次の2つの気持ちを持っていたからです。

・お客様に喜んでもらいたい。
・楽しんでもらいたい。

この気持ちが添乗員には必要です。
添乗員はエンターテイナーですので、サービス精神を持って仕事に打ち込んでいらっしゃったと想像できます。

この気持ちが強ければ強いほど、自分に厳しくなってしまいます。

辞めたくなる理由なのです。
何事もほどほどで、鈍感が適切かもしれません。

体の不調も辞める理由

とにかく1回添乗を終えると、体も心もグッタリ。とても続けて仕事ができる状態ではありませんでした。派遣のツアーコンダクターは、基本的に日給制。当時の私の日給は国内6,000円、海外9,000円でしたから、かなり密に添乗をこなさいないと、生活するのもキツかったんです。こんなにシンドイ仕事をこの先ずっとやっていけるのか、まったく自信なくなってしまったんです。

私が体調的にあまり仕事をできないということもありましたが、多い月でも20万円、少ない月だと3万円という低収入。旅行中の経費は会社が負担してくれますが、日本での生活費や資料代などを考えると、経済的にもつらかったですね。

共感できます。
添乗は体力勝負。
トラブルの多い添乗は、体に効きます。

それに加えて低収入の一面もあれば、辛いです。
なお、記載の収入については、2001年8月初版時点での収入です(現状の平均はもう少し高いです)

添乗員は勉強する必要があります。

・各種の旅行ガイドブック
・さまざまな資料(美術、芸術、建築や民族、世界遺産などの森羅万象の分野)

会社には資料はありますが、必要であれば身銭を切る必要も出てきます。
お金も労力もかかる仕事に「割に合わない」と感じることもあります。

転職してから見えてくる添乗員の適正【添乗員のメリット、デメリットを理解しておくことが大事】

添乗員から転職

この方は添乗員を辞めることになりました。

添乗員のメリットと改善ポイント

私、辞めてみてわかったんです。自分は旅行好きじゃなくて、もっと単純に人に喜んでもらえることが好きなんだって。それで前から興味があった、エステティシャンの学校に行くことにしたんです。
私は辞めてしまったけれど、ツアーコンダクターになってよかったと思ってます。だって、自分では多分絶対に行かない場所に行くので、自然と視野が広がります。それに何といっても添乗って、究極の接客業。お客様を見る目がものすごく養われました。まあ、いろいろな人がいますよね。でも、お客様の悪口は、天にツバをはくようなもの。あっ、でもそう思いこんでしまったから、辞める結果になったのかも。
今思うと、もう少し肩の力を抜いてお客様に接することができたら、やり続けられたのかもしれませんね。極端な言い方をすれば、お客様の評価を「こういうこともあるさ」と割り切れるぐらいの人のほうが、ツアーコンダクターに向いていると思います。

添乗員をやるメリットは次の2つです。

・自分では行かないような場所に行けて、視野が広がる
・いろいろなお客様と接することができ、見る目が養われる

改善ポイントは次の2つです。

・肩の力を抜いて、お客様と接する
・お客様の評価にとらわれず、割り切る気持ちをもつ

改善ポイントが参考になり、共感します。

「何気ないお客様の言葉」が、喉につかえた小骨のように心に引っかかる時がありました。
そういう意味では、この方は私と似ていると感じます。

目的を持つ人が生き残る

今も現役でツアーコンダクター として活躍している友人は、やっぱり(笑)一番神経が図太く、仕事に対する割り切りができる人ですね。そうそう、あとは旅行が好きっていう気持ちも大切ですね。扱う商品=旅行なんですから。
ツアーコンダクターになってからも勉強を続けて、自分の専門分野を持った人もいますよ。専門分野を生かしてビジネス目的のツアー、テクニカル・ビジットっていうんですが、これに添乗できるとお金もいいし、確実にキャリア・アップになります。どんな仕事も同じでしょうが、きちんとした目的を持った人が最後は生き残るんです。辞めた私が言うのもヘンかな。でも辞めたからこそ、ツアーコンダクターの仕事を冷静にみることができたと思うんです。

引用文からの気づきは以下の通りです。

・図太さが大事
・旅行が好きであること
・自分の強みを持つこと
・仕事に目的を持つこと

「目的を持って長期的な視点で仕事に取り組んでいなかったなぁ」と反省しました。
目の前の仕事に追われているばかりだったからです。

「とりあえずの成長」を目的にしていた気もします。

メリットとデメリットを理解しておくことが大事

添乗員のメリットとデメリットを理解したうえで、仕事を選んだなら、理想と現実のギャップに苦しむ可能性も低いです。

私は今、休職中ですが添乗員の仕事をしたことを後悔したことは1度もありません。
無駄なことは一つもありません。
添乗の経験はすべて私の血肉になり、私を成長させてくれたからです。

次に新たな一歩を踏み出すとしても、必ず添乗経験は役に立ちます。

以上、『添乗員から他業種へ転職する一例【添乗員の実態と適正とは】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 添乗員のメリットとデメリットを理解しよう。


▼参考文献▼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月2.7万PV)、午後は本を1冊読み(本4,377冊/漫画1,332冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード7)で遊び、ときどき旅をしています。

-添乗をする, 添乗員を辞めたい話
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.