『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

添乗をする 添乗員のおすすめ持ち物

添乗員がおすすめする旅行の持ち物【機内、ホテル、その他で役立つ便利グッズを紹介】

投稿日:2019年9月21日 更新日:

添乗員おすすめ持ち物

親愛なる君へ

  • 「添乗員がおすすめする旅行の持ち物について知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。
本記事を書いている私は、新卒で旅行社に入社し、18年間、法人営業として勤務してきました。
添乗回数は100回ほどで、国内・海外問わず添乗経験があります。

本記事では、添乗員の私がおすすめする旅行時の持ち物について解説していきます。

この記事を読むことで、旅行する際のおすすめ持ち物(機内、ホテル、その他)を知ることができます。
ご旅行を快適にする便利グッズを集めましたので、ご参考ください。

添乗員がおすすめする旅行の持ち物【機内で役立つ便利グッズ】

旅行おすすめ持ち物

機内で役立つグッズを紹介します。
ヨーロッパへの直行便の場合は到着するのが夜になりますので、ホテルで眠れるかどうか心配な方もいらっしゃると思います。
そんな方は無理に眠る必要はありません。

・モニターで映画を観る。
・音楽を聴く。
・本や雑誌を読む。

さらに快適にリラックスして過ごすために、次のようのグッズがあると便利です。

耳栓・イヤホン

・静かに本を読みたい
・眠りたい

そんな時に便利です。
飛行機のエンジン音や、周りの話し声が気にならなくなります。
アイマスクと一緒に使えば、よく眠れます。

アイマスク

眠るときの必需品です。
ホットアイマスクもリラックスできます。


マスク

機内の乾燥対策や、風邪予防にもなります。

リップクリーム・乳液

乾燥した機内に長時間いると、唇や肌が荒れる場合もあります。
リラックスして休めるようにリップクリームや乳液、クリームで乾燥から唇や肌を守りましょう。


使い捨て歯ブラシ

機内の化粧室に歯ブラシが置いてある航空会社もありますが、ないところがほとんどです。
機内食のあとの歯磨きとして持っておくと便利です。
海外のホテルでもないところがありますので重宝します。
▼歯磨き粉は不要で、水に濡らしてすぐに使うことができます▼

ウェットティッシュ

機内食ではおしぼりは出てきますが、他の食事の時や手を洗えない時に重宝します。
汗を拭きたくなる時や、テーブルを拭きたい時など色々な場面で使えます。

ティッシュ

ウェットティッシュ同様に必需品です。
トイレだけでなく、色々な場面で使えます。

機内用スリッパ

長時間のフライトでは必需品です。
リラックスできます。
海外のホテルでスリッパがない時もありますので便利です。

添乗員がおすすめする旅行の持ち物【ホテルで役立つ便利グッズ】

添乗員おすすめ持ち物

ホテル宿泊時にあると便利なグッズを紹介します。

ビーチサンダル

海外のホテルでは客室にスリッパがないところも多いので、サンダルがあると便利です。
ビーチサンダルはシャワーを浴びたあとも履けるので、室内・室外ともに使えます。
ちょっとした外出でも重宝しますので、必ず持っていきます。

針金ハンガー

ホテルのクローゼットに備え付けられているハンガーは、フック部分が棒にくっついていて取り外せない場合があります。
ハンガーの数が少ない場合もありますので、針金でできたハンガーを2〜3本用意しておくと、洗濯物を干すときなどに便利です。

ゴルフボール

海外のホテルの場合、バスタブがあっても栓がついていないことがあります。
そんなとき、ゴルフボールはバスタブの栓代わりに使えます。
足が疲れた時は、足の裏で転がしてマッサージをすることもできます。

物干し用のロープ

下着や靴下、Tシャツなどは旅行中に洗濯をすれば荷物を減らせます。
洗濯をする場合は、乾きやすいように物干し用のロープを持っていくと便利です。
水着を干すのにも使えます。

足用の湿布

観光で歩き回った足のほてりを鎮めて、疲れを癒してくれます。

シャンプー、コンディショナー

海外のホテルではどこも置いてあることが多いですが、日本人の髪質に合わないこともあり、髪がゴワゴワになってしまうこともたびたびあります。
使い慣れているシャンプーやコンディショナーを持っていくと良いです。

旅行用電気ポット

海外では客室にポットが用意されていないホテルが多いからです。
一緒に緑茶のティーバッグやコーヒーなどのインスタント製品を持参すると良いです。
部屋で飲んでホッとしたい時に便利です。
インスタント食品を食べるのであれば、割り箸も合わせて持っていきましょう。



インスタントラーメン

ワインオープナー、栓抜き

部屋でワインが飲みたい、瓶ビールを飲みたい時に使えます。
ホテルで借りるのは返却のことも考えると何かと面倒なもの。
▼ワインオープナーと栓抜きが一緒になっていますので便利です▼

添乗員がおすすめする旅行の持ち物【その他の役立つ便利グッズ】

添乗員おすすめ持ち物

その他の役立つグッズを紹介します。

衣類圧縮袋

厚手の服やセーターなどで衣類が多くなりがちな冬は重宝します。
帰りはおみやげなどで、荷物がいっぱいになるので、衣類圧縮袋は必須品です。
収納力をアップさせるスーツケースの強い味方です。

ガムテープ

スーツケースが壊れたり、閉まらなくなってしまった時に応急処置として便利なガムテープです。

ビニール袋

洗濯もの入れたり、小分けしたり出来て便利です。
折り畳み傘を入れたりゴミ袋に使えますので、お客様に配るのも手です。

つま楊枝

海外のレストランでないところもありますので、便利です。

エコバッグ

海外ではスーパーやコンビニなどで買い物をした時に、ビニール袋が有料のお店が多いため便利です。
お土産物などの荷物が増えた時にも重宝します。

スポーツドリンクの粉末

体調がすぐれない時などに、水に溶かして飲める粉末ドリンクはオススメです。
暑くて汗をたくさんかく時期には、水分補給ように持っていくと熱中症予防にもなります。

ジッパー付きポリ袋

中身が見えて取り出しやすく、ジッパーで口が閉まるので持ち運びや荷物の小分けに便利です。
洗濯物や水気のあるもの、着替えや化粧品も入れられるので重宝します。
日本円と現地通貨を分けて入れるといった使い方もできます。

電源タップ

コンセントが少なかったり、不便な場所にあるホテルもあるので、電源タップがあると便利です。

プチプチ

ワインや瓶ものを購入した時に割れないようにするためです。
海外では包んでくれないことが多いです。

携帯用カイロ

冬場や天気が急変したときなど便利です。

カーシェード

車の窓に貼り付けて使う日よけです。
バス移動のときに使えます。

オペラグラス

教会の天井にあるフレスコ画や彫刻、ステンドグラスなどを見るとき、細かいところまでよく見えます。
美術館などで大きな絵画を見るときも細部まで確認できます。

大きめのスカーフ

砂漠などで、ほこりがひどい時に、頭に巻いておくと髪の毛が汚れるのを防げます。
また、ノースリーブや短パンではカトリック教会などに入れません。
その場合に肩にかけたり、腰に巻いたりして肩や足を隠すのに使えます。
▼アメリカ製の珍しいスカーフです▼

目薬

砂漠のほこりなどで目が痛くなったときや、部屋や機内の乾燥の際に重宝します。



添乗に持っていくものリスト【備忘録】

添乗に持っていくものリスト

添乗に行くときに必ず持っていくものを、備忘録を兼ねて公開します。

添乗に行くときに持っていくものリスト

パスポート、日本円、財布、クレジットカード、PASMO、名札、名刺、ネクタイ、折りたたみ傘、スーツケース、ショルダーバッグ、ウェットティッシュ、ようじ、薬、飴、ガイドブック、日程表や手配関係の書類、封筒、大きい封筒、クリアファイル、eチケット控え、出入国カード、日本の税関申告書、荷札(予備)、ジップロックのビニール袋、日本で使ってるWi-Fi、海外レンタルWi-Fi、iPhone、海外携帯電話、会社の携帯、充電器、ボールペン、予備ボールペン、携帯灰皿、タバコ、目薬、腕時計、着替えのワイシャツ、着替えの下着、靴下、着替えを入れる袋、ヘアワックス、スーツ、ネクタイ、革靴、毛抜き、付箋、バインダー、鼻パック、歯間ブラシ、使い捨て歯ブラシ、アイマスク、機内用スリッパ、機内液体物持ち込み用ビニール袋、糸ようじ、コンタクト、コンタクト洗浄液

薬関係の持っていくものリスト

薬の備忘録

ばんそうこう、下痢止め(正露丸)、頭痛薬(イブ)、痛み止め関係(ロキソニン)、胃腸薬(大正漢方胃腸薬)、口内炎(ケナログ、チョコラBB)、酔い止め、風邪薬など

お客様のお渡しすると喜ばれる備品

視察旅行、接待旅行などの時は、お一人ずつ準備してお渡ししました。

お客様へお渡しすると喜ばれる備品(3泊4日用)

  1. ようじ10本
  2. ティッシュ
  3. ウェットティッシュ
  4. あめ3つ
  5. マスク2つ(往復の機内で)
  6. 機内用スリッパ
  7. 使い捨て歯ブラシ2つ
  8. お年玉袋に男性の夜遊び用備品を1泊につき1つ(娯楽街のある国へ訪問するとき)

だいたいは100円ショップで購入したものですが、このようなちょっとした小物が意外と喜ばれます。
これらを中が見えないB5サイズの開閉できるポーチに入れて、出発時にお渡しするのです。

添乗員がおすすめする旅行の持ち物【機内、ホテル、その他で役立つ便利グッズ】まとめ

添乗員おすすめ持ち物

本記事では、添乗員のおすすめする旅行の持ち物について書きました。

便利グッズひとつ旅行が快適になります。

私は使い捨てのものを持っていき、旅先で捨て、身軽になって帰ってくるのが好きです。
靴下や下着なども古いものをストックしておき、旅行の際に捨てる習慣があるくらいです。
身軽になると心も軽くなり、リフレッシュできます。

うまく便利グッズを活用して、旅行を楽しみましょう。

以上、『添乗員がおすすめする旅行の持ち物【機内、ホテル、その他で役立つ便利グッズ】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 便利グッズで旅行を快適なものにしよう。


▼参考文献▼

旅するように、暮らしたい。「MILESTO」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月1.5万PV)、午後は本を1冊読み(本4,371冊/漫画1,330冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード6)で遊び、ときどき旅をしています。

-添乗をする, 添乗員のおすすめ持ち物

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.