『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

添乗をする 添乗員の派遣会社

【無料あり】おすすめの添乗員派遣会社は旅行綜研【2019年度最新版の口コミ14個紹介】

投稿日:2019年8月6日 更新日:

添乗員派遣会社は旅行綜研

親愛なる君へ

  • 「おすすめの添乗員の派遣会社について知りたい」
  • 「添乗員派遣会社『旅行綜研』の口コミを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。
本記事を書いている私は、新卒で旅行会社に入社し法人営業職として18年間、仕事をしました。
添乗回数は100本ほどで、国内・海外問わず添乗経験があります。
旅行綜研のツアーコンダクター説明会にも参加してきました。

本記事では、おすすめの添乗員の派遣会社『旅行綜研』について解説します。

この記事を読むことで、添乗員の派遣会社『旅行綜研』の情報と、最新の口コミを知ることができます。

未経験からはじめる!海外国内ツアーコンダクター【旅行綜研】

【無料あり】おすすめの添乗員派遣会社は旅行綜研

添乗員派遣会社は旅行綜研

旅行関連専門の添乗員派遣会社としておすすめなのは、旅行綜研です。

旅行綜研の特徴と強み

旅行綜研は旅行・航空業界で長い歴史をもつ、国内最大級、最大手の独立系の添乗員派遣会社です。

旅行綜研の特徴と強み

・未経験者をプロに育てる独自の研修制度。 
・豊富な仕事量(大手旅行会社をはじめ150社以上のクライアント)をもつ当社では、実力にあったツアーを担当いただけます。
・研修参加から資格取得まで最短2週間が目安。
・国内業務からはじめ海外業務へステップアップする方も多いです。

旅行綜研では登録者数全国で約1,200名、未経験からはじめた19歳~50代の男性女性のツアーコンダクターが、国内・海外の旅でお客様をご活躍しています。
1973年からの実績があり、培われた経験から、未経験者を資格取得から実務までプロのツアーコンダクターへと経験豊かなトレーナーが指導、育成します。
国内・海外問わず全ての旅行会社と契約していて添乗できるツアーの種類も群を抜いています。
そのためご本人の力量にあったお仕事をご担当いただけます。

これまでに6000人以上の添乗員・ツアーコンダクターの仕事をサポートしてきた実績とネットワークを持っています。
派遣登録は全国各地で行うことができ、登録派遣社員も多いことから万全のサポート体制が整っています。

ツアーごとに全て添乗員から提供される「添乗レポート」によって蓄積されたノウハウは乗員のスキルアップに大きく貢献しているため、離職率も低いのが特長です。

研修制度が非常に充実しているため、未経験者・経験者を問わず働くことができます。

日本ではツアーコンダクターはプロの専門職、 そのほとんどが派遣で有名旅行会社のツアーを担当しています。
株式会社旅行綜研は、口コミでも評判の良いおすすめの添乗員派遣会社です。

対応地域 全国(関東、関西、北海道、東北、東海、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄)
職種・業種 空港・航空、旅行・観光、通訳・インバウンド、イベント・会議、ホテル関係、その他
添乗員の求人 非公開
派遣登録拠点 関東:東京都(港区)
関西:大阪府(大阪市中央区)
東海:愛知県(名古屋市)
北海道・東北:北海道(札幌市)、宮城県(仙台市)
中国:広島県(広島市中区)
九州・沖縄:福岡県(福岡市中央区)、鹿児島県(鹿児島市山之口町)、沖縄県(那覇市)
主な取引先企業
  • 株式会社ジェイティービー
  • 株式会社阪急交通社
  • 株式会社エイチ・アイ・エス
  • クラブツーリズム株式会社
  • 株式会社ジェイアール東海ツアーズ
  • 名鉄観光サービス株式会社
  • 京王観光株式会社
  • 西鉄旅行株式会社
  • 株式会社タビックスジャパン
  • 読売旅行株式会社
  • 他全国150社以上

派遣のデメリット

安定した仕事の保証はないです。

・世界情勢などによって仕事の増減は考えられる。
・派遣なので収入は仕事をした分だけです。
・閑散期は仕事が減る場合がある。

旅行綜研は様々な旅行会社と契約がありますので、比較的安定して仕事を紹介できているほうです。
閑散期の2月でも卒業旅行などのシーズン案件で、割とアップダウンなく仕事を紹介できています。
上記は説明会で確認しました。

派遣のメリット

仕事のスケジュールは、自分のライフスタイルに合わせて決められることが派遣のメリットです。

「体力が続く限り、ガンガン添乗したい」
「夏休みや冬休み、長い休みがあるときだけ添乗したい」
「忙しい時期にたくさん添乗し、閑散期には少し休みたい」

このように臨機応変に対応可能です。

「副業」として働くことも可能です。
個々のライフスタイルに合わせて仕事ができるのです。

保険について

旅行綜研では安心して仕事をしてもらうために、各種保険に加入しています。

労働災害保険(業務中または通勤の際に負傷、傷害、疾病、死亡の際)
添乗員職業賠償責任保険(添乗員の過失責任によるお客様への損失を補填)
海外・国内旅行損害保険(個人で加入するものと同じもの)
マネーフレンド保険(添乗員が携行する現金や有価証券の盗難、損失を一定条件のもとに補填)
定期健康診断(継続勤務の方は1年に1回)
雇用保険(適用条件を満たす働き方をする方が加入可能)
社会保険(規定を満たす働き方をする方に社会保険(厚生年金、健康保険)を付保する制度)

添乗員として働きながら、他にできる仕事

下記のような短期、単発の仕事があります。

・MICE事業(国際会議や学術会議などの受付・案内・誘導などをサポートする業務)
・インバウンド事業
・事務派遣(添乗員が違うと思った人向け)
・空港での仕事
・航空会社のグランドスタッフ

ちょっとした空いた閑散期に、上記の仕事を組み込むこともできます。
「添乗員が合わない」と感じた人は、添乗員ではなく上記のような仕事にもトライできます。

ツアーコンダクター説明会について

旅行綜研のツアーコンダクター説明会の応募は、下記サイトから応募可能です。

説明会参加

・説明会参加は無料です。
・説明会参加の登録は下記サイトより1〜2分で終わります。
・説明会参加だけでもOKです。
・説明会参加で旅行綜研について知ることができ、質問もできます。

最初の一歩は説明会参加からです。
結局は自分から動かないと現状を変えることはできません。
参加して損はありませんので、これを機会にぜひご参加ください。

ツアーコンダクター採用説明会実地中(無料)!新卒・未経験歓迎【旅行綜研】

添乗員派遣会社『旅行綜研』の口コミを14個紹介【2019年度最新版】

添乗員派遣会社は旅行綜研

転職会議のサイトから、2019年投稿の口コミ14個を引用します。
口コミですので主観も入っていますので、一例としてご参考ください。

1.2019年6月17日投稿の口コミ
【気になること・改善した方が良い点】
もう少し、有給日数が増えると有難い。消化率はほぼ100%だと思いますが、それでも生計を立てていくには掛け持ちでアルバイトなどをしないとなかなか厳しかった。
【良い点】
添乗日数に応じで、有給日数がもらえました。普段の日給の6〜7割だったと思いますが、閑散期のあてにしていました。現在は給料形態が変わっているかと思いますが、同じような形かと思います。体力勝負なので、動いた分だけ給料になりわかりやすいですが、それでも休息は必要だったので、この制度があってよかったと思っています。

2.2019年5月6日投稿の口コミ
【気になること・改善した方が良い点】
続けて新しいところへ行くことは、スケジュールが詰まっていると勉強も大変で自分の中では準備が不十分と感じることがありました。
レクチャーでは、本来の仕事である全体の動線など注意点が主なので、社内でのご案内などは個人での勉強必須となります。
機会を設けられても、添乗スケジュールが合わないとなかなか参加が難しいです。
【良い点】
新しい場所へ行く場合には、先輩からレクチャーがありました。

3.2019年5月6日投稿の口コミ
【気になること・改善した方が良い点】
仕方のないことですが、収入が不安定であることは否めないです。
世界情勢や災害などにより、ツアー催行が左右されることがあるので、それにより仕事量が変わってきます。
また、ある程度、自分のツアー割当てにリズムがあるので、自分がツアー割当てになりそうなところにお休みを希望すると、その分仕事量が減る可能性があります。

4.2019年4月27日投稿の口コミ
【良い点】
不満はなかったです。
通信費、交通費、食費含めた諸手当は出ており、残業代も仕事した分支給されていたため、不満はありませんでした。
比較的、働きやすい環境にあったと思います。
風通しも良く、コミュニケーションがポジティブな意味で盛んで、温和な雰囲気にあると思います。
退社後にも迎えてくれる雰囲気があり、非常に良い思い出です。

5.2019年3月28日投稿の口コミ
【気になること・改善したほうがいい点】
お昼の時間帯には、人が少なくなる場合もあり、そのタイミングで、煙草休憩に行くのは改善した方が良い。
人事評価については、適切に評価されない為、スキルが有れば、他者に引き抜かれてしまうので、給与水準は業務内容や他社の水準を勘案して検討させた方が良い。
【良い点】
過度な残業がなく、1日1時間程度の残業で、業務が滞りなく進められていた。

6.2019年7月17日投稿の口コミ
【気になること・改善したほうがいい点】
空港は第1ターミナルから第3ターミナルまで広く移動するので体力的に自信がないと続かない。
【良い点】
仕事の業務内容は、エアラインのカウンターを任されたり(チェックインなどはしない)貨物に関する知識もつけれるので非常に幅広く携われる点でやりがいはあります。基本的に他社様と一緒にお仕事するので、良い距離感でチームワーク良く働けます。

7.2019年5月25日投稿
【気になること・改善したほうがいい点】
日帰りのツアーだと終日40人ほどのお客様に付きっきりのため、電話や所属会社や派遣先の会社とやり取りをすることはできるが、自分がミスをした時や悪質クレーマーの方が参加されている時、道中でトラブルが起きた際など必然的に全て自分で対応しなければならない。
【良い点】
仕事で様々な観光地を訪れることができる。立ち寄る場所によってはお土産をいただけたり、何度も訪れる観光地では顔見知りのお店ができたり、旅行というシーンの中だからこそお客様、同僚問わず助け合ったりと得られるものは多大にある。

8.2019年4月27日投稿
【良い点】
社内の風通しが良く、非常にアットホームな雰囲気です。フォローし、人を育てる文化があり、非常に働きやすい環境にあると思います。残業は無く、諸手当もきちんと支給されていたため、待遇面に関する不満はないかと思います。
交通費、通信費、食費も出るため、極力仕事に出た方が、給与に結びつくし、スキル向上に役立つと思いました。

9.2019年7月17日投稿
【気になること・改善したほうがいい点】
退勤表を月末に手入力するのが手間でした。
残業が多い時は帰っても寝るのみで空港にいる時間の方が長い時がありました。
【良い点】
残業はほとんど毎日ありますがタイムカードで勤務時間を正確に測れるのできちんとお給料に反映されます。シフト勤務でお休みはバラバラですが、パターン化しているので予定も組みやすいです。有給をとって1週間程度なら休んでも何も言われません。

10.2019年5月25日投稿
【気になること・改善したほうがいい点】
体力勝負の一言に尽きる。お客さんが皆さん優しければ良いが、悪質クレーマーや変わった方が参加客にいると、終日一人で対応しながら他のお客様を連れてツアーを進めなければならないのでしんどい。また、仕事なので仕方が無いが、食事は折角観光地のグルメを食べられるのにお客様の後に食べ始め、お客様より先に食べ終え、必要な対応(観光地での手続きやお客様の案内)をしないと行程がスムーズに進まないため、常に気を張り、慌しい。
【良い点】
派遣の添乗員なので、体力がある限りはどんな年代の方でも働くことができる。

11.2019年7月17日投稿
【気になること・改善したほうがいい点】
時給で働いているので、働いた分だけ反映はされますが、残業100時間とか行かなければ生活も厳しいくらいお給料が少ない。
【良い点】
空港で働くという夢のある仕事が出来て、更に乗務員の方々と関わる業務でしたのでとても楽しく貴重な経験をさせていただきました。毎日のように英語も使うので、自分の頑張り次第では英語力も磨けます。

12.2019年5月25日投稿
【気になること・改善したほうがいい点】
研修といっても先輩のバスツアーに1度同乗するだけで、その後はいきなり1人で添乗員デビューとなる。行ったこともない場所を時間管理しながら案内せねばならず、分からないことだらけだが派遣の為、自分でどうにかするしかない。業務内容的には負担が非常に大きい。ただ、経験さえ積めば向いている人は非常に楽しめる仕事だと思う。
【良い点】
様々な観光地を訪れることができる。

13.2019年7月6日投稿
【印象に残った質問1】
とても大変な仕事だが大丈夫ですか?
【印象に残った質問2】
体力はありますか?
【面接の概要】
まず会社説明をじっくり丁寧に説明していただきました。次に、希望をしている職種に関しての業務内容をこちらも詳しく説明していただき、不安点や疑問点などがないかこちらの話しもじっくり聞いていただけました。
【面接を受ける方へのアドバイス】
緊張感のある雰囲気の面接かと思いきや面接官の方はとても場の雰囲気を穏やかにしていただけたので、かしこまることもなく面接に臨めるのではないでしょうか。

14.2019年5月22日投稿
【印象に残った質問1】
英語は話せますか?
【印象に残った質問2】
トラブルが発生した場合の対処は落ち着いて出来るか?
【面接の概要】
基本的に国内専門志望と海外志望で分けて考えてもらえるので語学力に自信が無い人でも大丈夫です。
【面接を受ける方へのアドバイス】
万年人手不足なのでよほど怪しい経歴が無い限りは採用となる人が多いと思います。
ただし接客業でもあるので受け答えがしっかりと出来る人や世間一般的に信用されるような身なり立ち振る舞いが出来る人ほど入社後に重宝されるでしょう。

添乗員派遣会社『旅行綜研』で添乗員デビューまでの流れ

大まかな流れを解説します。

step
1

① ツアーコンダクター採用説明会へ参加

就労開始はご相談ください。
東京支店を除く支店・営業所では当日、採用試験へお進みいただけます。
また東京支店では、旅程管理主任者資格保持者のみ当日採用試験を承ります。
無資格の方につきましては当日ご希望を確認の上、後日となります。
就労開始までの過程は各説明会でご案内いたします。

未経験からプロとして働く!ツアーコンダクター採用【旅行綜研】説明会実地中!(無料)

step
2

② 希望時期の研修参加

ツアーコンダクターに必要な旅程管理主任者資格を取得、ひとりで実務ができるよう指導します。
下記、研修の流れです。

・国内基礎研修
・国内旅程管理指定研修
・総合旅程管理指定研修
・実地研修(日帰りバス研修)
・登録・社内研修

step
3

③ 国内ツアーコンダクターデビュー

接客・案内になれる段階です。
一定のスキルが身についた希望者は海外研修に参加となります。
下記、研修の流れです。

・海外添乗座学研修
・総合旅程管理指定研修
・海外実地研修旅行

step
4

④ 海外ツアーコンダクターデビュー

多くの国の知識をつけプロとして活躍ください。

【無料あり】おすすめの添乗員派遣会社は旅行綜研【2019年度版の口コミ14個紹介】まとめ

本記事は、おすすめの添乗員派遣会社『旅行綜研』について解説してきました。

旅行綜研の特徴と強みを再度まとめます。

旅行綜研の特徴と強み

・未経験者をプロに育てる独自の研修制度。 
・豊富な仕事量(大手旅行会社をはじめ150社以上のクライアント)をもつ当社では、実力にあったツアーを担当いただけます。
・研修参加から資格取得まで最短2週間が目安。
・国内業務からはじめ海外業務へステップアップする方も多いです。

旅行綜研について興味ある方は、まずは説明会だけでも参加してみましょう。
説明会には無料で参加でき、添乗員として働くイメージがつかめます。

説明会の所要時間も1時間程度です。
説明会を聞いた後で希望があれば、即日で面接を受けることができます。
説明会後に気持ちが乗らなければ面接は受けなくても大丈夫です。
情報収集として説明会参加のみだけでも問題ありません。

具体的な行動は、抽象的な悩みを具体的な悩みにしてくれます。
まずは一歩、踏み出してみましょう。

旅行綜研のツアーコンダクター説明会の応募は、下記サイトから応募可能です。

説明会参加

・説明会参加は無料です。
・説明会参加の登録は下記サイトより1〜2分で終わります。
・説明会参加だけでもOKです。
・説明会参加で旅行綜研について知ることができ、質問もできます。


ツアーコンダクター採用説明会実地中(無料)!新卒・未経験歓迎【旅行綜研】

以上、『【無料あり】おすすめの添乗員派遣会社は旅行綜研【2019年度最新版の口コミ14個紹介】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 旅行綜研で添乗員デビューしよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月2.7万PV)、午後は本を1冊読み(本4,377冊/漫画1,332冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード7)で遊び、ときどき旅をしています。

-添乗をする, 添乗員の派遣会社
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.