添乗ノウハウ ◆ 添乗をする

海外添乗員が支払うチップの相場【ツアーコンダクター歴18年が解説】

2019年12月21日

親愛なる君へ

  • 「海外添乗員が支払うチップの相場について知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

国内添乗とは異なり、海外添乗では多くの国でチップ(心付け)が必要になります。

本記事では、海外添乗員が支払うチップの相場を解説します。

この記事を読むことで、海外添乗員が支払うチップの相場を知ることができます。

なお本記事を書いている私は新卒で旅行会社に入社し、18年、法人営業を担当。
添乗回数は国内・海外問わず計100回ほどで、一般団体・教育旅行・視察旅行の添乗経験があります。

海外添乗員が支払うチップの相場について解説【ツアーコンダクター歴18年が解説】

添乗員が支払うチップ相場

チップについて知ることで、添乗中に「いくら払えばいいんだろう」という迷いがなくなります。

チップとは

「感謝の気持ちを表すために任意で渡すお金」です。
利用料金にプラスして請求されるサービス料とは違います。
サービスを受けた側が、サービス内容について支払うかどうか、いくら払うのかを判断するものです。
サービス内容が悪ければ「支払わない」という選択もあります。

海外ツアーでは、ドライバーやガイドに定額のチップを渡すことを慣習化している国があります。

ここではアメリカを例にとって解説します。

チップの相場(目安)

下記はアメリカで渡すチップの参考例です。

チップ目安

・ドライバー → 半日観光(8時間)で20〜25ドルくらい、終日観光(8時間)で40〜45ドルくらい。
・現地ガイド → 半日観光(4時間)で20〜25ドルくらい、終日観光(8時間)で40〜45ドルくらい。
・空港でしか会わないアシスタント → 7〜10ドルくらい。
・空港のポーター → 一つの団体(30名ほど)で10ドルくらい。
・ホテルのポーター → 一つの団体(30名ほど)で10ドルくらい。
・ホテルのコンシェルジェ → 5ドルくらい。
・レストランのボーイ、マネージャー → 要確認(払ったことがありません)
・タクシー → 小銭程度、10%くらい。
・タクシー乗り場のボーイ →1ドルくらい。
・団体で列車に乗ったときの車掌 → TGVは不要。寝台列車は1人1ドルくらい。
・5泊7日視察ツアーで視察コーディネーターへのチップ → 目安300ドル(60ドル×5日間)

国や地域によって異なりますので、目安としてご参考ください。

国によっては支払わないところもあります。
事前にランドオペレーターに目安を聞いておくのが確実です。

メモ

タイのランドオペレーターにチップ相場を確認したときは「気持ちだけお支払いしてもらえれば十分。あくまでサービスの対価です」という回答でした。

募集型ツアーによってはチップが含まれていることもある

チップが旅行代金に含まれているツアーもあります。

チップが必要な国では、支払う相手や金額を企画旅行会社が設定して、添乗員に携行金として預けます。
設定された通りに支払うだけでOKです。

ランドオペレーターの請負条件に入っている場合は、添乗員は支払う必要はありません(下記例)

・空港や駅でのポーターへのチップは、ミーティングアシスタントが支払う。
・ホテルポーターはバウチャーにチップが含まれている。

メモ

チップの金額は国や地域、企画旅行会社・ランドオペレーターによって異なります。
事前の確認が必要です。

チップの渡すタイミング、渡し方

チップのタイミング

サービスに対してのお金ですので、後に渡します。

チップの渡し方

お礼を言いながら握手で渡すのがスマートです。

こーいち
初めてアメリカでドライバーさんに握手でチップを渡したとき、「慣習ですから」といった感じで当たり前のように手の中に吸い込まれていったのが驚きでした。

補足:お客さまは添乗員やガイドにチップは不要

お客さまは添乗員やガイドに対して「チップを支払ったほうがいいか、どうか」について解説します。

添乗員付きツアーでは、お客さまは添乗員にチップは不要です。

日本で添乗員にチップを渡さないように、海外でも添乗員にチップは不要です。

「とても感謝する出来事があって、どうしても渡したい」という場合であれば、他のお客さまには見られないようにこっそり渡してみても良いです。
ただ、ツアー初日にチップを渡しても受け取る添乗員は少ないはずです。
添乗員の意識としては「チップをもらっても、このお客様だけを特別扱いするわけにはいかない」からです。

チップの代わりとして「お菓子類など」をツアー最終日に渡すことも良いです。

こーいち
あるいは参加者全員で何か渡すか、ですね。

添乗員に「自分だけ特別扱いして」といった感じでチップを渡すのは、嫌な感じになるのでやめましょう。
詳しくは下記記事で解説しています。

現地ガイドにもチップは不要です。

旅行会社の添乗員付ツアー代金にはチップが含まれているからです。

こーいち
渡したいのであれば、さりげなく渡すと喜ばれるはずです。

【まとめ】海外添乗員が支払うチップの相場を知って、段取りよく添乗をこなそう

添乗員が支払うチップ相場

本記事は、海外添乗員が支払うチップの相場について書きました。

海外ツアーは、国内と違いチップを払う国がありますので、「チップを準備して、渡す」という添乗員の仕事は増えます。

こーいち
チップを渡せるように常に紙幣を、段取りよく用意しておくことが大事ですね。

以上、『海外添乗員が支払うチップの相場について【ツアーコンダクター歴18年が解説】』の記事でした。

こーいちより

P.S. チップの相場を知ろう。

 添乗で一番役立った本


日本一の添乗員
日本一の添乗員
日本一の添乗員が書いた接客の作法がわかる本【読書感想文・書評】添乗とは究極のサービス業

続きを見る

 海外添乗の体験談がつまった本


海外添乗員
感動を想像する海外添乗員
株式会社マンデラのオーナーが書いた海外添乗員の働き方がわかる本【読書感想文・書評】失敗から気づきを得る

続きを見る

 一番面白かった派遣添乗員の本


ヘトヘト日記
派遣添乗員の日常がわかる本【読書感想文・書評】添乗員の辛さ、面白さを知る

続きを見る

関連記事添乗員の仕事内容とは【添乗歴18年のツアーコンダクターが解説】
人気記事添乗員派遣会社3社をランキング形式で比較【最新版の口コミ・評判をまとめて紹介】
関連記事海外添乗員の仕事とは?【出発前から帰国までの実務ポイントを添乗歴18年が私が解説】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.