Book

【書評】『迷った時、「答え」は歴史の中にある』を読んでやる気が出る

2020年6月25日

【書評】『迷った時、「答え」は歴史の中にある』を読んでやる気が出る
  • 「『迷った時、答えは「歴史」の中にある』の内容を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

  • 『迷った時、答えは「歴史」の中にある』のグッときたところベスト3
  • 概要
  • 口コミ、関連動画

 本記事の信頼性

  • 読書量:一般書籍4,487冊+漫画1,364冊
  • 中谷 彰宏 歴:24年2ヶ月

歴史はどう読もうと自由です。
決まりも正解もありません。

本記事は、『迷った時、答えは「歴史」の中にある』中谷 彰宏【著】の読書感想文・書評です。

本書を読んで気づいたおすすめの読み方は、歴史を材料に自分の問題を考えることです。
考えるきっかけをくれるのが歴史です。

【書評】『迷った時、「答え」は歴史の中にある』のグッときたところベスト3

【書評】『迷った時、「答え」は歴史の中にある』のグッときたところベスト3

 グッときたところベスト3

  • 【第1位】問題の解決策は、歴史の中にある
  • 【第2位】雪舟はドロップアウトでチャンスをつかんだ
  • 【第3位】テストでなくなってから、歴史は面白くなる

順番に解説します。

【第1位】問題の解決策は、歴史の中にある

仕事をしているといろんな問題が起こります。
生きているだけで、人生で乗り越えなければいけない問題に毎日ぶつかるのです。
問題の解決策は、歴史の中にあります。
行き詰まったら歴史の中を探せばいいのです。
明日までに企画を考えなければいけない時も、歴史を勉強していると、その中にアイデアはたくさんあります。
広告やイベントも、ほぼ歴史の中で誰かがしています。
歴史を勉強すると、今していないことが見つかるのです。
人間は同じ壁にぶつかります。
今ぶつかっている壁は、歴史上の先人もぶつかっています。
これが歴史を振り返ることの大切さです。
歴史の中で自分のかわりにしくじってくれている先人がいるから、自分はリスクを避けることができるのです。

毎日問題にぶつかります。
「なんでこんなに問題が起こるんだろう」というぐらい問題があるものです。

休職している今も毎日、迷い、悩み、苦しんでいます。
休職がラクなんて想像でしかありません。

端から見ているだけではわからないものです。
休職は苦しいものです。

そんな事実に今ごろ気づきました。
これからどうすべきか、迷走しています。

地球上に60億人もいます。
過去の歴史を振り返れば、今まで人間は何人いたのか。

同じ悩みを持っている人、ぶつかっている人はいるものです。
腐らないことです。

歴史を振り返りつつ、自分の問題の解決策を持っていないか探してみる価値はあります。

歴史に答えが見つからなければ、自分の過去を振り返るのもありです。

同じ失敗を繰り返しているかもしれません。
繰り返していないかもしれません。

振り返ってみないとわかりません。
辛いときは過去を掘り下げてみましょう。

【第2位】雪舟はドロップアウトでチャンスをつかんだ

新しいものは、周辺から生まれます。
雪舟がいた時代、専業画家は存在しませんでした。
お坊さんで水墨画を描く担当がいただけです。
雪舟も絵が好きで、最初は水墨画担当でした。
ところが、個性が強すぎ当時の京都の伝統的な絵からはみ出していたので、「おまえは才能がない」と言われて、朝廷の接待係に左遷されたのです。
言わばドロップアウトです。
仕方ないので、お公家の接待係をさせられていました。
当時は朝廷の力が弱まって、地方の守護大名が力を持ち始めていた時代です。
そんな中で、雪舟は山口の大内氏に呼ばれました。
大内氏は足利の次の将軍を狙っていました。
朝廷の接待をしていた雪舟には朝廷の公家に人脈がたくさんあったので、それを買われたのです。
山口に行くと、今度は中国を調べてきてくれと言われて、中国へ行く一行の随行員として加わりました。
当時はカメラマンがいないので、雪舟は絵をたくさん描いて残しました。
それで現地の水墨画を覚えて帰ってきたのです。
個人の作品が国宝になった数の多さで1位は雪舟です。
歴史はドロップアウトした人が動かすのです。

ドロップアウトしました。
休職して完全に社会から外れてしまいました。

たぶん、もう戻れません。
今が間違いなくターニングポイントです。

ターニングポイントは変化するとき。
変化しなかったらターニングポイントの意味がありません。

また元に戻ることはないのです。
休職は「変化せよ」の合図です。
»【要約・名言】『勝ち続ける意志力』正しい努力は変化し続けること

今までと同じではいけないのです。
少しでも自分の位置をずらすこと、動くこと、変えてみること。

ドロップアウトしても腐らないこと。
歴史を動かすために今日を生きましょう。

雪舟は腐らず、自分にできることをコツコツやっていたのです。

成功例です。

  • 腐らない
  • コツコツする

今でも通用する成功哲学です。

【第3位】テストでなくなってから、歴史は面白くなる

受験勉強をしてよかったと思うのは、「そうじゃなかったんだ」という発見で自分の意識をひっくり返せることです。
ベースがあることがいいのです。
勉強していくと、「今までこうだと思ったのに違ったの?」という状況になることがあります。
知れば知るほど逆転が起こり、どこまで行っても正解にたどり着けないことが面白いのです。
一生楽しめるということです。
歴史を楽しむ時、二流の人は、その歴史を使って何かをしようとします。
人生を楽しめる人は、目先の利益や近視眼的な視点を取っ払って、単純に歴史を面白がります。
理由がつくことは、話がすぐに終わってしまいます。
理由のわからないことは、自分で想像したり、参加できる楽しみがどこまでも続いていくのです。

歴史は面白いもの。
本書を読むまでそんな意識を持ったことはありませんでした。

自分のアタマで考える喜びを本書は教えてくれます。

今まで歴史にハマる人の心境がわかりませんでした。
本書を読んで、少しはわかったつもりです。

自分で考える喜びです。
あーでもない、こーでもないと正解がないことを想像する楽しみなのです。

歴史の見方が変わりました。

悩みを抱えていて、解決策を探している人におすすめ

悩みを抱えていて、解決策を探している人におすすめ

おすすめの人、おすすめしない人

こんな方におすすめ

  • 学校時代、歴史が苦手だった人
  • 歴史に興味はあるけど、どうやって勉強すればいいかわからない人
  • 悩み事を抱えていて、解決策を探している人

中谷 彰宏さんの歴史の解釈を知りたい人にもおすすめです。

下記のような人にはおすすめできません。

歴史の正解を知りたい人

考えたこと:歴史上の人物を利用する

歴史の偉人をライバルにしてみることです。
歴史上の人物は優れた人だからです。

仮想のライバルにすることで、「もし〇〇だったら、こんなときどうするのか?」と考えられるようになります。

やる気がなくてダラけているとき、歴史上の人物だったらどうしているのか。

同じようにダラけているはずがありません。
気持ちを立て直し、自分のやるべきことに立ち向かっているはず。

「そんなの現実的じゃない」という意見もあるかもしれません。

そのとおりです。
実際に歴史上の人物がどう行動するかなんてわかりません。

わからなくていいのです。
自分のモチベーションになればなんでもいいのです。

歴史上の人物を利用するのもありです。

著者:中谷 彰宏のプロフィール

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。
CMプランナーとして、テレビラジオCMの企画、演出をする。
91年に独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。
ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。
「中谷塾」を主宰し、全国で講演、ワークショップを行っている。

出典:中谷 彰宏 公式サイト

書籍情報

書名迷った時、答えは「歴史」の中にある
著者中谷 彰宏
単行本224ページ
出版社ユサブル
発売日2020/6/18

»『迷った時、「答え」は歴史の中にある』をAmazonで読む

『迷った時、「答え」は歴史の中にある。』の口コミ2つ、関連動画1本

Amazonの口コミ1つ

要約です。

歴史を学びたいと思いながら、一歩も進めない人に、はじめの一歩として最高の本です。
平易に書かれていながら、浅くない、「歴史の本質」をつかめる価値の高い一冊です。

» Amazonの他の口コミを見る

Twitterの口コミ1つ

関連動画1本

  • 選択は変化の合図
  • 宇宙の流れに身をまかせるのがラク
  • 苦しくなるのは「そっちじゃないよ」の合図

»【動画】人生の選択に迷った時の解決方法。迷ったり悩んだりしなくても答えは出せる

まとめ:道に迷ったら、過去を振り返ろう

まとめ:道に迷ったら、過去を振り返ろう

グッときた3つの文章まとめ

  • 【第1位】問題の解決策は、歴史の中にある
  • 【第2位】雪舟はドロップアウトでチャンスをつかんだ
  • 【第3位】テストでなくなってから、歴史は面白くなる

方向性がわからなくなったら、自分の過去を振り返るのもありです。

歴史は繰り返します。
自分の過去の失敗を見つめて、同じような失敗の沼に入っていないか考えるのです。

体験談

新卒の就職活動時、旅行業界に進みました。
ギリギリまで進路で悩んでいましたが、最終的には「なんとなく気になる」という直感でした。

今も休職してこれからの進路で悩んでいます。
過去に答えがあるとするならば、自分の場合は「なんとなく気になる」です。

ドロップアウトしても腐らない、チャンスはある

腐ってはいけません。
腐るには早すぎます。

「自分のやるべきことを全部やったのか?」と聞かれると、答えはノオです。

まだまだ私にはやらなくてはならないことが無限にあります。
歴史の偉人を知り、自分のモチベーションに変えるのもありです。

社会人になれば正解は関係ありません。
自分だけの趣味として、歴史を楽しむのもありです。

以上です。

P.S. 憧れを持ち、引っ張られるように成長していくのもありですね。

関連記事文章の書き方を学ぶ価値と、中谷 彰宏のおすすめ本4冊
関連記事中谷 彰宏の本『成功者になるためにシリーズ』5冊まとめ

-Book

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.