走る

脳が落ち込んでいる時こそランニングをする【結論:頭は身体には勝てない】

投稿日:2019年6月13日 更新日:

ランニング

親愛なる君へ

  • 「精神的に落ち込んでいる時はランニングした方がいいのかな」
  • 「ランニングと脳の関係について知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事を書いている私のランニング歴は23年になります。
本日は江戸川沿いのランニングコースをジョグペースで10km、キロ7分7秒で走りました。
昨日に引き続き、連続して出走2日目です。
今日はキツいランニングとなりました。

本記事では、脳が落ち込んでいる時のランニングについて書いています。

この記事を読むことで、脳が落ち込んだ時は走る気持ちになることができます。

1.脳に落ち込んでいる時こそランニングをする【結論:頭は身体には勝てない】

ランニング

今日のランニングはキツかったです。
精神的な落ち込みと、11日ぶりの出走になった昨日のランニングの疲労が重なり、思うように足が前に出ませんでした。

今回の気づきは下記の通りです。

・ブログが読まれないことで心が折れる。
・精神的に落ち込んでいる時こそ、走って心を癒す。
・ランニングで足に疲れが溜まっている時こそ、スロージョグで癒す。

順番に解説します。

1.ブログが読まれないことで心が折れる

今日は精神的にだいぶ落ち込みました。
ブログの解析ツールを見ていたら、自分の予想しているキーワードで全く読まれていないことがわかったからです。
ブログを本格的に始めてまだ3ヶ月なので、まだまだ読まれないのは理解できますが、事実を目の当たりにするとやはりショックは大きなものです。
ブログのアクセスはまだまだ少なく1日50〜100PVです。

「このブログ(クロニクル)は芽が出るのだろうか」
「ブログで稼げるようになるのだろうか」
「さっさと転職活動をした方がいいのではないだろうか」

不安しか出てきません。
ブログが読まれないことで、心が折れた状態です。
「最初の3ヶ月はアクセス解析を見るな」の言葉を痛感します。

落ち込んだ気持ちになり、走る気持ちにもなれませんでした。

「落ちている時に走っても、足が前に出ないだろう」とも思ったからです。
心が体に影響すると考えたのです。

2.精神的に落ち込んでいる時こそ、走って癒す

「精神的に落ち込んだ時こそ走るべきだ」と考え直しました。

体と心はつながっているのだから、体を動かすことで心を動かすのです。
心をコントロールすることは難しいが、体をコントロールすることはできます。

休職中のランニングがなくてはならないものになってきます。
本日は、そんなことを感じたランニングでした。

一番やってはいけないことは、心が落ちたまま立ち止まることです。

・心が落ちる。
・体を止める。

両方を止めてはいけません。

心が折れた状態で立ち止まって鬱々していたら、いつまでたっても回復しません。
時間が解決してくれるかもしれませんが、時間がかかります。
早く回復したかったら、身体を動かすことです。

心の不調は、体を動かすことで回復できます。

心技体の順番ではありません。

体技心の順番です。
まず体です。
脳は身体には勝てません。

体を動かしてスッキリすれば、心もスッキリします。

・立ち止まっていてはダメ
・動きながら考える

動きながら鬱々してみましょう。
走りながら鬱々することは難しいです。

走りながら鬱々できたら、すごいことです。
やり方を教えて欲しいくらいです。

悩んだ時、落ちんだ時こそ走りましょう。
達成感もあります。

夜はランニングの疲労でぐっすり熟睡できれば、落ち込みから離れることができる効果もあります。

3.ランニングで足に疲れが溜まっている時こそ、スロージョグで癒す

ランニングの疲労が溜まった時は、何もせずに1日休むのも有効ですが、あえて筋肉をほぐすためにスロージョグをするのも良いです。

スロージョグで癒すのです。

昨日の久しぶりのランニングで足が重かったですが、ゆっくりしたペースで走りました。

・スロージョグであれば足の筋肉がほぐれる。
・足に刺激が入り、筋肉を落とさずにすむ。
・ランニング習慣を失わなくて済む。
・走る負担にならない。

スロージョグは良いことが多いです。
足に疲れが溜まった翌日は、スロージョグにしてみるなど練習にメリハリを取り入れてみましょう。

スロージョグなら、のんびりと景色を楽しむ余裕も生まれます。
ランニングに出るハードルも下がるので、走りやすいです。

色々な場所をスロージョグで散歩気分で走ってみましょう。

4.本日のツイート

2.脳が落ち込んでいる時こそランニングのまとめ【本日のランニングデータ】

ランニング

本記事では、脳が落ち込んでいる時こそランニングするべきという記事を書きました。

頭は身体に勝てません。
頭が弱っている時は、身体をケアすべきというのが結論です。

本日のランニングデータを記載しておきます。

●走行距離=10km
●6月累計=20km
●速さ=キロ7分7秒
●体重=64.2kg
●体調=精神的に不調。
●天候=晴れ、横風あり。
●事前補給=バナナ1本
●途中補給=なし

ランニングライフを楽しみましょう。

以上、『脳が落ち込んでいる時こそランニングをする【結論:頭は身体には勝てない】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 落ち込んだ時こそ走ろう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,361冊/漫画1,320冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで3,000mを泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード4)で遊び、ときどき旅をしています。

-走る
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.