走る

糖質が含まれる食品10種類を公開。ジョグペース10km/キロ6分49秒【 2019年4月22日(月)ランニング日記 】

投稿日:2019年4月22日 更新日:

ランニング

親愛なる君へ

江戸川沿いのランニングコースを10km、キロ6分49秒のジョグペースで走りました。

現在の体重は65.6kgですが、体重60kgを目指し走り続けます。

途中のサッカー場で練習試合をしていたので、少し見入ってしまいました。
江戸川を走るメリットの一つです。

1.糖質が含まれる食品10種類を公開

走る前に食パン1枚を食べたので糖質の補給は十分です。
エネルギー切れを起こすことなく10kmを走り切れました。

食パンはオススメです。
理由は糖質が含まれているからです。
具体例として、糖質の多い食品をリストにしますのでご参考ください。

1.穀類=米(ご飯・かゆ・餅)、小麦(パン類・麺類・小麦粉・餃子の皮・ピザ生地等)、そば、うどん、コーンフレーク、ビーフン
2.いも類=さつまいも、じゃがいも、やまいも、くず、マロニー、春雨、さといも
3.甘味料=砂糖、和三盆、黒糖、グラニュー糖、蜂蜜、メープルシロップ
4.豆類=あずき、いんげん豆、えんどう、そら豆、ひよこ豆、レンズ豆
5.種実類=銀杏、栗
6.野菜類=かぼちゃ、トウモロコシ、れんこん、そらまめ
7.果実類=バナナ、いちご、みかん、ドライフルーツ
8.魚介類=練り製品(かまぼこ、ちくわ)
9.アルコール飲料類=紹興酒、日本酒、ビール、ロゼワイン、シャンパン
10.嗜好飲料類=砂糖・シロップ入り飲料、発泡酒
調味料・香辛料=ウスターソース、とんかつソース、ケチャップ、カレールウ、ハヤシルウ、シチューのルウ、焼き肉のたれ、ポン酢、めんつゆ、砂糖、はちみつ、みりん

バナナはブドウ糖・果糖・デンプンと運動時に失われる糖分をバランスよく補給することができると言われています。
特にブドウ糖・果糖は吸収力が早いことからバナナは即効性があると言われるところです。

レースの前にバナナを食べる人を多く見かけるのは、糖質を手軽に吸収できるからなのです。

【 参考 】
バナナには、糖質・ビタミン・ミネラルなどの栄養が含まれており、持ち運びが便利でいつでもどこでも食べられる日本で一番多く食べられている果物です。
朝ご飯を食べられなくてもオフィスでバナナを食べればバッチリです。
包丁いらずで食べる音も出ません。
手も汚れず簡単にデスクで食べられます。
朝食や間食、会議前、残業の際にもバナナは最適です。
【オフィスバナナ】をご参考までに紹介します。

2.ツイート内容

3.ランニングデータ

●4月累計=87km
●体重=65.6kg
●体調=好調
相変わらず舌に口内炎ができそうですが、チョコラBBを朝夕飲み続け、悪化を防いでいる現状です。
●天候=晴れ
風は少しありました。
だいぶ暑くなってきたので、薄着でも良かったです。

事前に糖質を補給して、ランニングライフを楽しみましょう。

こーいちより

P.S. 事前に糖質を補給してから走ろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2018年12月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,333冊/漫画1,311冊)、10kmを走り(月150km/サブ4達成 )、子どもとドラクエ11で遊び、ときどき旅をしています。

-走る
-

Copyright© クロニクル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.