本を読む ランニング

新しい自分に生まれ変わる方法がわかる本【読書感想文・書評】まず身体から変える

長谷川理恵ランニング

親愛なる君へ

  • 「生まれ変わる方法を知りたい」
  • 「『Rie's HIGH』長谷川 理恵【著】の内容を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 生まれ変わるための結論

・走って身体を変える。
・食べ物で身体を変える。

本記事は、『Rie's HIGH』長谷川 理恵【著】の読書感想文・書評です。

本書は「ランニングと食べ物」で生まれ変わったモデル・長谷川理恵さんの体験記です。

 この記事でわかること

・グッときたところベスト3
・本書を読んで変わった3つのこと
・口コミ、動画

 本記事の信頼性

✔︎ インプット:本4,489冊+マンガ1,364冊
✔︎ アウトプット:読書感想文・書評170本ほど。
✔︎ ランニング歴:23年
✔︎ ランニング実績:2017年東京マラソンでサブ4(3時間52分54秒)

ランニングにハマり出したころに読んだ本です。
本記事を書くために、また読み返しました。

一気読みです。
目頭が熱くなりました。

人間はいつからでも生まれ変われます。

こーいち
読むと走りたくなるのは当然ですが、食べたくなるのは不思議です。

 初回30日間の無料体験でビジネス書、雑誌、マンガなどが読み放題

kindle unlimited | 月額980円が30日間無料
本、マンガ、雑誌、写真集が合計200万冊以上が読み放題。

\30日間無料トライアル/

kindle unlimitedのお試し体験はこちら

✔︎ ビジネス書、雑誌、マンガなど200万冊以上が読み放題。
✔︎ 無料期間中(30日間)に解約すれば、お金はかかりません。

» kindle unlimitedの読み放題の対象本を見てみる

新しい自分に生まれ変わる方法がわかる本を読んで、グッときたところベスト3【読書感想文・書評】

長谷川理恵ランニング

 グッときたところベスト3

・第1位 丸ごと生まれ変わりました
・第2位 結局、神様は味方してくれなかった
・第3位 苦手な野菜が大好きに

順番に解説します。

第1位 丸ごと生まれ変わりました

「運動が嫌いで、野菜が苦手だった人でも、ここまで変わるんだ。自分にもできそう」、そんなふうに感じてもらえたら、とってもうれしいな。
何度も書いてきたように、マラソンを始めて食生活を変えてから、私の身体は180度変わった。健康で元気になったら、気持ちにも変化が表われた。自分が「丸ごと生まれ変わりました」みたいな感じなのだ。
ふだんの生活に自分のペースに合う運動を取り入れたり、食べるものを少し変えてみるだけでも、身体と心は確実に応えてくれる。ちょっとした「いいこと」を実践していく、それがイキイキと元気に暮らすコツじゃないかな。現に私は、「自分が磨かれていく」という感覚を味わっている。
モデルという立場を生かして「こうすれば変われるよ」と、自分の言葉をひとりでも多くの人に伝えることができたら……。身体や内面のこと、ファッション、ビューティなど、生きることに関わるすべてのモデルになれるといいなぁ……。ちょっと、おこがましいけれど、今はそんなことを思っているのです。

「生まれ変わりたい」

休職してからずっとそう思ってきました。
「生まれ変わって、新しい人生を始めたい」と。

そのためにブログを新しく立ち上げ、毎日更新。
月間200kmのランニング。
読書の積み重ね。
たまにゲームをしたり、旅をしたり。

「とにかく書くことで生まれ変われる」
そう信じてブログに時間を捧げてきました。

本書を読んで思ったことがあります。

「身体を変えれば、生まれ変われるのでは?」
「生まれ変わる確かな方法は、身体を変えることなのでは?」
「今やっている『読む書く走る遊ぶ旅をする』は成長するためではなく、生まれ変わるためなのでは?」

そんな思いがページをめくるたびにあふれてきます。

 本書を読み終えて、悔しい思いが3つあふれてきました。

1.マラソンで生まれ変わった人がいること。
2.長谷川理恵さんが心技体を持っていること。
3.フルマラソンを再チャレンジしようと思い立つが、怖気づいている自分に対して。

生まれ変わりたいなら、やることはただひとつ。

身体を変えることです。

頭を変えることではありません。
心を変えることではありません。

身体は、頭と心とつながっています。

身体を変えることで、すべてが変わるのです。

「生まれ変わる」という抽象的な話を、「身体を変える」という具体的な話で解説したのが本書です。

走ることは誰にでもできます。
ランニングじゃなくてもいいです。

こーいち
人は誰でも生まれ変われるのです。

第2位 結局、神様は味方してくれなかった

タイムはどうなっているんだろう。コーチに聞いても、やっぱり教えてくれない。モテる以上の力を出しているのだから、絶対に目標タイムは切れるはず。自分にそう言い聞かせながら走る。
コーナーを曲がる。ゴールまではもう少し。だけど、そこからがまた長い。苦しい。身体が動かない。
ゴール地点に近づくと、やっとタイムが見えてきた。3時間20分。すでに5分も遅れている。信じられない。一瞬、頭の中が真っ白になる。
絶対に目標タイムを切れると信じていた。だから、こんな苦しい思いをしてまで走り続けたのに。ひどい、ひどすぎる。マラソンなんか、もうやってられない。今度こそ、やめた。そう思いながら、最後の最後にありったけの力を振り絞ってゴールした。
3時間20分10秒。
「チッキショー!」
ゴールの瞬間、思わず口にしていた。
結局、神様は味方してくれなかった。これが、私の実力なんだ。初めて味わう挫折感。悔しくて、情けなくて、涙が出た。コーチとも真里さんとも、口をきく気になれない。

努力した人だけが感じられることです。
努力しなければ涙なんて出てきません。

挑戦した人しか味わえない感情です。
悔し泣きをしたくても、努力してない人は泣けないのです。

神様は味方してくれないのか?

結果だけ見れば、味方してくれるときもあれば、味方してくれるときもある。

残酷です。

ただ、たとえ味方してくれなくても、その人にとっては良い出来事と思いたいです。

 目標を達成できないことが、次への力になります。

・別のことに切り替える転機
・悔しさをバネにまた頑張れる
・何がいけなかったのか考えられる。

神様はそう簡単に味方してくれません。
挫折、挫折の連続です。

そんなときは出来事から少しでも学び、次への活力にするしかありません。

長谷川理恵さんの練習量は相当なものです。
体験したことはないのであくまで紙面からの想像ですが、3時間15分になると練習内容がガラリと変わるのがわかります。

こんなに練習しても味方してくれないのです。

「人生はどうして、こうもドラマがあるんだろう」

こーいち
そんな思いがあふれてきました。

第3位 苦手な野菜が大好きに

色の濃い野菜を摂るようにー。最初にコーチからこう言われたとき、ホウレンソウやトマトがパッと頭に浮かんだ。それは、私が最も苦手とする野菜だった。
だけど、コーチの指導に従わなければフルマラソンは走れない。トレーニングはもちろんのこと、食事に関しても。
そこで、私は考えた。「一度にたくさんの量は食べられないから、どうせなら、一個に栄養が凝縮されているような野菜を摂ろう」と。
野菜スープを作って食べていたとはいえ、その頃はまだ、栄養価や安全性についてはほとんど何も知らなかった。少ない知識をたどって行き着いた先は、オーガニック野菜。
さっそくスーパーに行き、自然食コーナーに並んでいる野菜を買ってきて食べてみると……。あれ、トマトってこんなに甘いものなの!?おいしい!
オーガニックのトマトは、とっても力強い味がした。栄養がギュッと詰まっていて、「体内に直接エネルギーを取り込んでいる」と身体で感じたのだ。今まで私は、野菜本来の味を知らずにいたんだなぁ。そう思った。
ただ、「身体のため」という目的だけで野菜を無理に食べていたのだとしたら?なかなか好きになれず、苦痛に感じていたかもしれない。でも、私は気づいてしまったのだ。身体が自ら野菜を欲しがるという感覚に。

こーいち
ランニングをするようになってから、ブロッコリーを食べるようになりました。

長谷川理恵さんも初めての20km走のあと、スーパーで「呼ばれた感じがした」というブロッコリーを買ったのです。

身体は正直です。
頭で何を食べようか考えるよりも、身体に聞いたほうが早いのです。

身体を味方につけることです。
神様は味方になってくれないこともありますが、身体は自分の味方です。

 自分のことは身体がいちばんよくわかっています。

・何を欲しているのか。
・身体に何が足りないのか。
・身体のどこが不調なのか。

身体を味方につけるコツは、身体の声を聞くこと。

ただ、身体の声は小さくて聞き取りづらいです。

身体の声を大きくするには運動です。

こーいち
運動することで身体の声が聞きやすくなるのです。

『Rie's HIGH』を読んで、変わった3つのこと

長谷川理恵ランニング

はじめを書く9つのパターン

読んでから変わったことが3つある

以下のとおり。

1.ガマンしないで食べるようになった
2.フルマラソンをまた走ろうと思った
3.生まれ変わるために走るようになった

順番に解説します。

1.ガマンしないで食べるようになった

ガマンは身体に毒です。
食べたいものがあれば、思い切って食べればいいのです。

その分、運動すればいいのです。

結果として、心も頭も体も満たされます。

2.フルマラソンをまた走ろうと思った

まだ怖気づいていますが、フルマラソンを走ります。
練習はキツく、苦しいものです。

ただ、それでも生まれ変わるために「フルマラソン」に参加すべきだと思うのです。

こーいち
まずは体重66.4kg→60.0kgを目指しつつ、東京マラソンに応募です。

3.生まれ変わるために走るようになった

「減量」をランニングの目的にしていました。
本書を読んでから、目的をさらに一歩進めて「生まれ変わるため」になりました。

行動基準は生まれ変わるためです。
なぜなら、変わることはドキドキすることだから。

こーいち
生きることは変わり続けることです。

目次

目次

RUN 1 生まれて初めての達成感。
CHANGE 努力は報われる。
HEALTH 食べてきれいになる。
RUN 2 神様のくれた試練。
CHALLENGE 目標を持ち続ける。

『Rie's HIGH』は、生まれ変わりたい人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 生まれ変わりたい人。
  • ランニングに興味がある人。
  • 長谷川理恵さんに興味がある人。

読むとランニングのやる気が出てきます。
長谷川理恵さんの「一生懸命」打ち込んでいる姿勢に感化され、エネルギーがもらえます。

下記のような人にはおすすめできません。

・変わりたくない人
・運動も食べることも嫌いな人。
・「どうせ自分なんて」と思っている人

 著者のプロフィール

長谷川 理恵
1973年神奈川生まれ。実践女子大学卒業。モデル。
大学在学中の93年「CanCam」に読者モデルとして初登場。
2000年から03年まで「Oggi」の表紙モデルを務める。
00年ホノルルマラソン初挑戦。
02年「ジュニアベジタブル&フルーツマイスター」の資格を獲得

書名:『Rie's HIGH』
著者:長谷川 理恵
単行本:231ページ
出版社:幻冬舎
発売日:2003/12


『Rie's HIGH』の口コミ8個

 Amazonの口コミを5個引用


実は、以前に「 Rie’s HIGH」を購入しました。
あまりにも、素晴らしかったので、親友にプレゼントしてしまったのです。
この本は、頑張りやで、前向きな理恵さんの、努力や試練のことも正直に書かれています。
「人って幾つになっても、自分次第で変われるんだ」と、感動しました。


こんなに真剣にマラソンに取り組んでいるとは知りませんでした。
彼女のマジメで一生懸命な姿に感動です。
そして、すっかり理恵ファンになってしまいました。
とても健康的な生活を送っているようなので、参考にしたいです。


私は長谷川理恵さんがモデルとしてデビューしてかららファンでした。
彼女が何かに打ち込んだり、ひたむきに努力する姿は惚れ惚れするほど凛とした美しさがありました。
最近の彼女は、確立された分ストイックすぎる部分が目立ち、なんだかお手本に・・というより、まねしても届かない存在のような気がしました。Rie's HIGH!を読んでも、なんだかマラソンの選手みたいで内容自体あまり面白くない感じがしました。
前作ガールズ・ポップ・ランのようなカラーな写真が多いエッセイ本をまた期待してます!


理恵ちゃんとは年が一緒ということもあって、勝手に親近感を抱いている私は、CamCan時代から憧れを持って見ていました。
しかし、そのCamCan時代の理恵ちゃんの陰には、無理なダイエットが潜んでいたんですね。
やがて外見だけの美から、内面からにじみ出る美へと気づいていき、ジム通いからマラソンへ挑戦する過程が書かれていますが、彼女は本当に実践してしまうのですから、スゴイ!の一言です。
彼女の走ることへの記述を読むと、本当に気持ちよさそうで、走りたくなってきます。
(実際私も走り始めましたが、3週間でお休み中です。。)
同世代として、これからも応援していきたいし、自分自身も少し気合を入れないと、と感じた本です。


モデルとしてここまで書いてもいいの?って言うぐらい
正直にありのままが書いてあるので、好感が持てより一層 好きになりました。
同じランナーとして、そうなんだって!と共感できる所もあり又、自分も頑張ろう!!と思えました。
モデルをするにあたって、そんなこともあったんだぁー
え?理恵ちゃんでもそんな時があったの?
やっぱり、モデルって小食なんだ。。とかわかり、あっというまに、読んでしまいました。
元気になれる、一冊です!!

 Twitter口コミを3つ引用

https://twitter.com/n_n_jun/status/313329674610696193?s=20

>>『Rie's HIGH』長谷川 理恵【著】をチェックする

長谷川理恵さんの関連動画5本

ストイックなオーラを感じる動画です。

【まとめ】『Rie's HIGH』で身体から生まれ変わることを決意する

長谷川理恵ランニング

本記事では、『Rie's HIGH』長谷川 理恵【著】の読書感想文・書評を書きました。

 グッときたところベスト3

・第1位 丸ごと生まれ変わりました
・第2位 結局、神様は味方してくれなかった
・第3位 苦手な野菜が大好きに

走っている人は素敵な表情を持っています。
いや、走っている人だけでなく、何かに一生懸命な人はみんな素敵です。

身体を変え、食生活を変え、心と頭も変える。
丸ごと新しい自分に生まれ変わる。

本書はそんなきっかけを与えてくれます。

こーいち
読後感は「こんな素敵な人になりたい」と思うのでした。

以上、『新しい自分に生まれ変わる方法がわかる本【読書感想文・書評】まず身体から変える』の記事でした。

こーいちより

P.S. 身体から生まれ変わろう。


» 他の著作

 初回30日間の無料体験でビジネス書、雑誌、マンガなどが読み放題

kindle unlimited | 月額980円が30日間無料
本、マンガ、雑誌、写真集が合計200万冊以上が読み放題。

\30日間無料トライアル/

kindle unlimitedのお試し体験はこちら

✔︎ ビジネス書、雑誌、マンガなど200万冊以上が読み放題。
✔︎ 無料期間中(30日間)に解約すれば、お金はかかりません。

» kindle unlimitedの読み放題の対象本を見てみる

関連記事【必読】マラソン・サブ4を達成できるおすすめランニング本23選【まとめ】
関連記事走るのは脳を鍛えるためである【読書感想文・書評】ランニングで心技体を成長させる

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.