Leave

営業会議の悪夢から自分に正直になることを決意【いい人をやめよう】

2019年4月4日

営業会議の悪夢から自分に正直になることを決意【いい人をやめよう】

嫌な夢を見て、目が覚めました。

下記ツイートをしました。

【悪夢】

よくない夢を見ているときは、脳がいらない記憶を消去しているとき

強いストレスの状態の後に、脳がもとに戻ろうとしているサインでもある

悪い夢を見ても、そのあとはスッキリした状態になるので極端に心配する必要はないです

本記事では、営業会議の悪夢について解説しています。

この記事を読むことで、いい人をやめて自分に正直になることの大切さを知ることができます。

営業会議の悪夢から自分に正直になることを決意

営業会議の悪夢から自分に正直になることを決意

迷ったら立ち返る言葉があります。

「自分に正直に」

したいことはする、やりたくないことはやめる。
優等生ぶると損をします。

営業会議の悪夢を見る

夢の内容は「営業会議の資料が当日になっても完成していない」という状況から始まります。

会議室には既に私の営業発表を待っている社員が20名ほど集まっています。
しかし、資料が完成していないから会議室に入ることができません。

会議室の隣の部屋で、必死に営業発表のネタを新聞4紙(朝日、毎日、読売、日経)から探している自分がいる。
焦っている。

気分の悪い夢でした。

営業会議の当日になってもネタがなくて焦っている気持ちは、当時の会社員時代にも感じたことです。
以下のように思いながら、会社員時代を過ごしていました。

営業会議に出たくない
会議で発表しても、発表内容によっては上司にみんなの前でけなされる
営業会議は何の意味があるのだろう。全体会議ではなく、部署単位で会議をした方が深い話はできるのに

気づいていなかったですが、みんなの前でけなさることで傷ついていたのです。

自分に嘘をついて、自分を傷つける

いまだに悪夢を見て、苦しめられている自分。
トラウマになっています。

最近は「会社の上司からパワハラを受けた」と、素直に認めた方が良いと感じています。

休職中は上司について下記のように思っていました。

「あんなひどいことを言った上司でも、親がいて子どもがいる一人の人間なんだよね」
「会社を辞めると言った時に、親身に引き止めてくれたよね」
「お前はうちの会社の財産だと言ってくれたよね」
「自分の不甲斐なさが、上司にひどい言葉を言わせていたよね」

無理をしている自分がいます。

自分に嘘をついている感じに近いです。
自分をだまして、人のせいにできないのです。
自分で自分を傷つけているのです。

自分の感情を認める

環境のせいにしてOK
人のせいにしてOK
後悔してもOK

何をしても、自分で決断したことには責任を持ちたいものですね
感情を認めて自分を変える努力をしていきましょう

何をしてもOKですが、言い訳だけは格好悪いです

会社員時代に我慢していたことを自分のせいにしてしまいがちです。
ただ「はたしてそれは良いことなのだろうか」と疑問が浮かんできます。

「本当はもっと周りの人間を素直に嫌った方がいいんじゃないか」と。
「嫌悪感という感情があるのなら、いったん全て吐き出した方がいいんじゃないか」と。
「今の状況は全て周りのせいにした方がいいんじゃないか」と。
「私はまったく悪くないんじゃないか」と。

人のせいにすることで、解決できることは少ないかもしれません。

ただ、それでも、今は自分の素直な感情を大事にしていきたい。
湧き上がる感情が、たとえ批判でも愚痴でも悪口でも、素直に認めて吐き出した方がいい。

体が、心が、そうしたいと思っているのなら。

たまには愚痴も悪口もOK

やりすぎは良くないですが、たまには愚痴を言ってもいいのです。
悪口を言ってもいいのです。

悪口は言うものではなくて、言われるものと思ってきました。
そのほうが格好いいからです。

悪口を言われ出したら成長してきたと思いましょう。
嫉妬から足を引っ張りたいだけなのです。
逆に自分が悪口を言いたくなった時は、反省しましょう。

自然な感情を吐き出しましょう。

夢が教えてくれたのです。

いい人をやめて、自分に正直になろう

いい人をやめて、自分に正直になろう

いい人ぶるのはもう辞めよう。
会社を辞める前にやらなくちゃいけないことがあるとするならば、それはたった一つのことです。

いい人を辞めるのです。

無理して笑うことも辞めよう。
今まで生きるために自然と身につけてしまった術を捨てよう。

時間はかかるかもしれないけれど、自分に正直になることがスタートです。

湧き上がる気持ちは、自然なことです。

自然に湧き出てくる気持ちを大事にしたい。
それが自分を大切にすることにつながるのです。

今まで自分を殺してきたのだ。
休職中くらい自分を解放して、周りを殺してもいいのではないか。

休職は自分と向き合うことができるチャンス。
自分に正直になることが、自由になれることです。

ゼロからやり直しても決して遅くはないのです。

こういちより

P.S. 自分に正直になろう。

関連記事自分に正直に生きることができる本【読書感想・書評】
関連記事負の感情をコントロールして自分の感情を大切にする【自分に正直に】

-Leave

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.