Book

中谷 彰宏の本5冊まとめ『成功者になるためにシリーズ』

2020年1月5日

中谷 彰宏の本『成功者になるためにシリーズ』5冊をまとめました
  • 「中谷 彰宏の成功に関する本を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

・中谷 彰宏の本5冊まとめ『成功者になるためにシリーズ』

本記事を書いている私は、中谷 彰宏 歴22年9ヶ月です。
著作はすべて読んでいます。

本記事では、中谷 彰宏の本5冊まとめ『成功者になるためにシリーズ』。
この記事を読むことで、成功者になるために必要な要素『決断、雑談、完遂、説明、ダンドリ』がわかります。

中谷 彰宏の本5冊まとめ『成功者になるためにシリーズ』

中谷 彰宏の本5冊まとめ『成功者になるためにシリーズ』

中谷 彰宏さんの『成功者になるためにシリーズ』5冊をまとめて紹介します。

中谷 彰宏のプロフィール
1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社。
CMプランナーとして、テレビ・ラジオCMの企画、演出をする。
91年に独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。
ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。
「中谷塾」を主宰し、全国で講演、ワークショップを行っている。

出典:中谷 彰宏 公式サイト

1.『決断できる自分に変わる本』

 こんな人におすすめ

  • なかなか決められない人
  • 決めたことを、後からクヨクヨ迷う人
  • イヤなことを「イヤだ」と言えない人

決断力をつけるヒントが書かれています。

判断力が優れていても決断力がなければ、物事は前に進みません。

ひとつ引用します。

成功しない人は、決断しなかったことによるチャンスの損失に、気づいていない。

決断を先延ばしにするのはチャンスの放棄です。
チャンスは、決断という予選を通過した人だけが手に入ります。

決断のメリットを知ってから、少しずつ改善できるようになりました。

決断力の自信のない方は、読んでみるのもありです。

詳しくは「【決断できないとき】断る人は信用され、断らない人は信用されない」で解説しています。

2.『雑談の達人に変わる本』

 こんな人におすすめ

  • 雑談で、仕事を成功させたい人
  • 雑談で、恋人とすぐ仲良くなりたい人
  • 雑談で、アイデアをポンポン出したい人

「何を話していいのか、わからない」と雑談に悩んでいる人は必見です。

「雑談の具体例」が参考になります。

ひとつ引用します。

「何を話すか」にこだわると、話せなくなる。

「いい話をしよう」と力む必要はありません。
話す内容は、なんでもいいのです。

知らない人がたくさんいるセミナー後の懇親会は苦手です。
「なんでもいいから話しかければいい」とわかると気が楽ですね。

雑談力を上げる方法は「雑談上手になるには「何を話すか」にこだわらない【データより体験談】」で解説しています。

3.『最後までやりとげられる自分に変わる本』

 こんな人におすすめ

  • 最後までやり通すのが苦手な人
  • 友達や恋人とのつき合いが長続きしない人
  • 頑張っているのに、くじけそうになっている人

「努力しているのに成果に結びつかない」と感じている人は、一読をおすすめします。
努力継続のモチベーションが得られるからです。

ひとつ引用します。

頑張りすぎる人ほど、続かない。

最初から頑張りすぎると続きません。
適当なほうが長続きします。

大きなことをドーンとやるよりも、簡単なことを毎日少しずつ続けたほうが成長できます。

頑張りすぎると体を壊します。
休みたいときは思い切って休んで、やる気を復活させましょう。

休むのも勇気です。

要点は「最後までやりとげるコツは簡単なことを毎日やる【頑張りすぎない】」にまとめました。

4.『説明の達人に変わる本』

 こんな人におすすめ

  • 説明がヘタで、誤解されて損をしている人
  • 仕事でも恋愛でも、コミュニケーションがうまくなりたい人
  • せっかくいいアイデアが浮かんでも、説明がヘタで説得できない人

仕事でもプライベートでもあらゆるところに、説明があります。
行動につながる「説明のコツ」が書かれています。

ひとつ引用しますが、下記内容は忘れてください。

「忘れてください」と言うことを、相手は覚える。

覚えてもらいたいことほど、「忘れてください」と言うと相手の記憶に残ります。

「忘れてください」はスーパーテクニックです。

仕事でも使える具体例が豊富です。
» 説明が上手くなるコツは母親にわかる言い方『説明の達人に変わる本』

5.『ダンドリの達人に変わる本』

 こんな人におすすめ

  • ダンドリの悪さで、いつも損をしている人
  • ダンドリをよくすることで、時間を増やしたい人
  • 「ダンドリがいいね」と言われるようになりたい人

すぐに役立つダンドリのコツが分かります。

ひとつ引用します。

完璧さを求めるよりも、とりあえず渡す。

完璧を求めすぎて前に進まないよりも、仕事離れを良くすることが大事です。
間違えていても、あとで直せばいいのです。

「とりあえず始める、ダメだったら変える」が、段取りが早くなるポイントです。

仕事は段取りが8割です。
»【書評】先走ることで段取り上手になる『ダンドリの達人に変わる本』

まとめ:「本×行動×楽しさ」で血肉化しよう

まとめ:「本×行動×楽しさ」で血肉化しよう

知識は、本を読んだだけでは身につきません。

本で読んだ知識と、自分の行動が掛け合わさって、初めて血肉化します。

さらに「楽しさ」が加われば最強です。

紹介した本は、何度も繰り返し読める5冊です。
すべて7回ずつ繰り返し読みました。

以上です。

P.S. できていないことだらけですが、少しずつ改善していくのが楽しいです。

関連記事文章の書き方を学ぶ価値と、中谷 彰宏のおすすめ本4冊
関連記事中谷 彰宏の読んでおきたい8冊まとめ『50のヒントシリーズ』

-Book

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.