ファーストフード 食べる、飲む

マクドナルドでの注文ミスから得られた3つの気づき

投稿日:2019年3月10日 更新日:

マクドナルド

親愛なる君へ

飲食店での『注文のミス』はめったにありませんが、忘れたころにやってくるものです。

本記事ではマクドナルドでの注文のミスから、どんな気づきを得られたのかを解説していきます。
この記事を読むことで、注文内容のミスを防ぐための方法を知ることができます。

マクドナルドでの注文ミスから得られた3つの気づき

注文ミスから得られた3つの気づき

1.注文内容を復唱してもらう。
2.商品を受け取るときに、注文内容を確認する。
3.お腹いっぱいなのに無理やり食べない。

家族と千葉市内に車で出かけた夕方の帰り道、子どもの希望でマクドナルドに立ち寄りました。
下記ツイートをしました。

1.注文内容を復唱してもらう

うちの奥さんは『ベーコンレタスバーガーセット』を注文しましたが、受け取ったのは『倍ビックマック』です。

席に着いてから、注文のミスに気づきました。
座ったまま、すぐ変更してもらうか、そのまま食べるかを少し考えました。
せっかくなので何かの縁と思い、食べることにしました。

考えてみれば、注文内容の復唱がありませんでした。
家族4人で行ったため、注文数も多く、復唱がなかったことを良しとする気持ちがどこかにありました。
復唱を聞くのは面倒です。
聞くことは時間がかかるし「間違えるはずがない」という気持ちから、復唱してもらうことが時間のムダに思えるからです。

注文内容の復唱がないときは、復唱してもらうようにしましょう。

「復唱してください」と言うのは勇気がいります。
細かい人間だと思われたくないからです。
感じ悪い人間になりたくないからです。

復唱は大事なことです。
どんなレストランでも、電話のやりとりでも、復唱という基本動作を徹底して損はありません。
復唱を徹底することで、防げることがたくさんあります。

店員さんの胸には『初心者マーク』がついていました。
初心者マークは、何かあった時に許されるマークではありません。
「気をつけてください。いつもと同じではないですよ」という、お客様に注意をうながすマークです。

2.商品を受け取るときに、注文内容を確認する

今まで受け取った商品を確認することはしたことをありません。
間違っていたことがないからです。
今回は注文した種類も多く、トレイいっぱいに並べられた商品を見た時点で、確認するという考えはありませんでした。
包み紙や箱に書かれた文字を読み取り、中身を予測することは不可能に見えたのです。
実際はキチンと読めば、わかるように書いてありますので、面倒がらずに冷静に確認すればOKです。

面倒でも商品を受け取った時に、きちんと確認しましょう。

わからなければ、その場で聞けばいいのです。
席に着いてからの変更は気が引けます。
席に着いた時点で、すでに後手に回っているのです。

3.お腹いっぱいなのに無理やり食べない

『倍ビックマック』を初めて見ましたが、量が多いです。
一人では食べきれないため、みんなでシェアして無理やり食べました。

「損したくない」という気持ちから、食べたくないものを無理やり食べる。

ダイエットでは一番やってはいけないことです。
太る原因です。
残してもバチはあたりません。
増えた体重を見て、嫌な気持ちになるくらいなら残しましょう。
損してもいいのです。

マクドナルドでの注文ミスから得られた3つの気づきのまとめ

マクドナルド

注文ミスから得られた3つの気づき

1.注文内容を復唱してもらう。
2.商品を受け取るときに、注文内容を確認する。
3.お腹いっぱいなのに無理やり食べない。

ベーコンレタスバーガーセットと倍ビックマックの差額は数百円です。

「数百円の授業料を払い、3つの気づきを教えていただいた」と思うことにしました。

今回の3つの気づきは基本です。
授業料の割には良い気づきでした。

なおマクドナルドでは商品の入れ忘れ・入れ間違いの対応はしています。

こーいちより

P.S. 注文内容を復唱してもらおう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2018年12月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,333冊/漫画1,311冊)、10kmを走り(月150km/サブ4達成 )、子どもとドラクエ11で遊び、ときどき旅をしています。

-ファーストフード, 食べる、飲む
-

Copyright© クロニクル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.