『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

国内 旅をする

山梨県立リニア見学センターに行ってきました【旅行体験記:写真付きで解説】

2019年11月25日

山梨県立リニア見学センター

親愛なる君へ

  • 「山梨県立リニア見学センターの旅行体験記を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。
2019年11月9日(土)に山梨県の観光施設『山梨県立リニア見学センター』へ家族と行ってきました。

本記事では、『山梨県立リニア見学センター』を見学した旅行体験記を書いています。

この記事を読むことで、『山梨県立リニア見学センター』の概要を知ることができます。

本記事を書いている私は新卒で旅行会社に入社し18年間、法人営業として働いてきました。
添乗経験は国内・海外問わず100回ほどですが、『大月リニア見学センター』は今回が初めてです。

山梨県立リニア見学センターへ行ってきました【旅行体験記:概要を解説】

大月リニア見学センター

山梨県立リニア見学センターの基本情報

山梨県立リニア見学センターの基本情報

店名:『山梨県立リニア見学センター』
住所:山梨県都留市小形山2381
電話:0554-45-8121、FAX:0554-45-8122
営業時間:9時~17時(入館は16時半まで)
料金:大人420円、高校生310円、中学生・小学生200円
・20名以上の団体割引あり。
定休日:
・毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日。火曜日が祝日の場合は開館)
・祝日の翌日(祝日の翌日が金・土・日の場合は開館)
・年末年始(12/29〜1/3)
アクセス:
・中央道の大月I.C.、都留I.C.より一般道で約15分。
・富士急行線の田野倉駅、禾生駅より徒歩で約25分。
駐車場:無料
・普通車140台、身障者用駐車場15台(普通車の駐車場から入り口まで徒歩で約5分ほどかかります)
・バス待機所20台(観光バスは正面入り口までつけることが可能。待機所で出発時間まで待機)
喫煙:館内禁煙。
見学時間:1時間30分。

山梨県立リニア見学センターは日本で唯一時速500kmで走行する超電導リニアを間近で見学できる施設です。

今回は大人6名、小学生2名、幼児2名の計10名、普通車2台で訪問。
12:00頃に到着し、13:30まで滞在しました。

見学の予約について

個人見学では予約不要です。
団体(20名以上)の場合は、事前に団体申込用紙をダウンロードの上、必要事項を記入してリニア見学センターへFAXが必要です。
メインの建物「どきどきリニア館」入り口で団体バスの受け入れスタッフが待機していました。

見学時間について

個人、団体でも1時間30分をみておいたほうが良いです。

山梨県立リニア見学センターの見どころは2つの施設

次の2つの施設があります。

・どきどきリニア館
・わくわくやまなし館

どちらも3階建てです。

どきどきリニア館

2014年4月に新規オープンした施設です。
各フロアでリニアの世界を体感することができます。

・1階「リニアを学ぶ」フロア
・2階「リニアを体験する」フロア
・3階「山梨の未来が見える」フロア

リニアを学んで、体験して、山梨の未来を見ることができる展示が満載です。
すべての階から「走行するリニア」が見学できます。
2階には見学テラスがあります。
じっくり見ても1時間は楽しめます。

わくわくやまなし館

山梨県の観光・物産情報の紹介のほか、ここでしか買えないリニアグッズや山梨のお土産が売っています。
3階の展望室から走行試験を見学することができます。
建物はこじんまりとしていますので、買い物が特になかった私は15分くらいの見学時間でした。

リニア走行試験について

2019年10月29日より、2020年5月頃までの期間、改良型試験車両導入準備の為、走行試験は行われない予定です。

今回は11月の訪問だったため、走行試験を見ることができず残念でした。
なお、走行試験の有無はホームページのカレンダーで確認できるようになっています。

山梨県立リニア見学センター公式サイト

山梨県立リニア見学センターのアクセス、駐車場

山梨県立リニア見学センター

アクセス、駐車場について

住所:山梨県都留市小形山2381
電話:0554-45-8121

車の場合、中央自動車道・大月I.Cをおりてから、一般道で約15分です。

▼下記写真の「現在地」(赤字)が、普通車の駐車場です▼
駐車場(無料)は普通車140台が駐車できます。
観光バスは待機所(無料)に
20台駐車可能です。

メインの建物「どきどきリニア館」までは徒歩で5分ほど。
ちょっと距離があるのが分かります。

大月リニア見学センター

▼普通車の駐車場には喫煙所が設置されていました▼

山梨県立リニア見学センター

路線バスの時刻表

山梨県立リニア見学センター

富士急ハイランドまでの所要時間

山梨県立リニア見学センターから富士急ハイランドまでは、中央自動車道を経由して約30分です。

石和温泉までの所要時間

山梨県立リニア見学センターから石和温泉までは中央自動車道を経由して、約50分〜1時間です。

山梨県立リニア見学センター『どきどきリニア館』の写真

奥に見える建物が、どきどきリニア館です。

山梨県立リニア見学センター

1階「リニアを学ぶ」フロア

1階には次の3つがあります。

・リニア試験車両
・試験走行の見学スペース
・キッズコーナー

1階に展示されているリニア試験車両は、2003年に鉄道の世界最速記録(当時)581kmを樹立した実物車両です。
入り口を入ってすぐに「ドーン」と現れますので、最初のインパクトは絶大です。
一緒に連れていった子どもも喜んでいました。
車両の前で記念写真を撮る人が絶えなかったです。

▼車両の前が記念写真ポイント▼
車掌さんの上着(子ども用)が置いてあり、こちらを来て記念写真を撮ると楽しいです。

山梨県立リニア見学センター

▼車両の中に入ることができます▼
3列シート、車両最後部の4席には着席できます。

山梨県立リニア見学センター

山梨県立リニア見学センター

▼壁にはこれまでのリニアの歴史の説明があります▼

山梨県立リニア見学センター

▼キッズコーナーや授乳室もあります▼

山梨県立リニア見学センター

山梨県立リニア見学センター

2階「リニアを体験する」フロア

2階ではリニアを体験することができます。

・ミニリニア
・超電導リニアのしくみ
・超電導コースター

2階では「磁気浮上走行ができるミニリニア」に実際に乗車することができます。
座席は前後2席になっており、親子で乗車している人が多かったです。

山梨県立リニア見学センター

「超電導リニアのしくみ」を体験学習できる装置が設置されていました。
実際にレバーを動かしたり、回したりする体験装置があります。
子どもでも簡単に楽しめるようになっています。
山梨県立リニア見学センター山梨県立リニア見学センター山梨県立リニア見学センター 山梨県立リニア見学センター

「超電導コースター」は、実験と装置で体験学習できる化学実験のコーナーです。
実演時間が決まっているため、今回は見ることができませんでした。

山梨県立リニア見学センター

他にも2階には体験ワークショップルーム(40席)や、リニアの走行試験を見学できる屋外テラスもあります。

3階「山梨の未来が見える」フロア

3階の見どころは3つです。

・山梨のジオラマ
・リニアシアター
・見学ラウンジ

「全長17mリニアと山梨の未来のジオラマ」が見学できます。
▼3枚目の写真の湖にはネッシー?が、小さく見えます▼

山梨県立リニア見学センター 山梨県立リニア見学センター山梨県立リニア見学センター

時速500kmの感覚を得られるリニアシアターです。
下記のように上映時間が決まっており、所要8分間です。
動画を撮りました。

山梨県立リニア見学センター

走行試験が見られる見学ラウンジです。

山梨県立リニア見学センター

山梨県立リニア見学センター『わくわくやまなし館』の写真

どきどきリニア館を見学後に、わくわく山梨館へ徒歩で移動しました。
距離は100mほどです。

山梨県立リニア見学センター

▼わくわくやまなし館の入り口▼
どきどきリニア館に比べると大きくはありません。

山梨県立リニア見学センター

1階 土産店

オリジナルクッキーやリニアグッズが販売されています。
リニアのおもちゃや筆記具など。
ワインも多数あります。

山梨県立リニア見学センター 山梨県立リニア見学センター

▼お土産のパンフレットです▼

山梨県立リニア見学センター

2階 山梨県の観光・物産情報の紹介

各種パンフレットが整備されていました。
県内の観光情報を発信しています。

山梨県立リニア見学センター

3階 展望室

走行試験が見学できます。

山梨県立リニア見学センター

山梨県立リニア見学センターの周辺情報【道の駅つるがあります】

道の駅つる

道の駅つる

山梨県立リニア見学センターから600mほどの場所に『道の駅つる』があります。
レストランや、地元で収穫された野菜、肉などの直売所があります。

駐車場に観光バスも数台停まっていました。

道の駅つる

▼入り口にはご当地キャラクターの「つるビー」がいました▼

道の駅つる

▼館内の直売所の様子▼

道の駅つる

道の駅つる

▼飲み物も売っています▼

道の駅つる

▼館内には有名人のサインもありました▼

道の駅つる

▼地産地消レストラン「お勝手場」▼
山梨県立リニア見学センターには、レストランがないため重宝します。

道の駅つる

▼レストランにはテラス席もあります▼

道の駅つる

リニア見学センターのあとに、遅めの昼食をいただきました。
『ジューシーハンバーグ定食』847円(税込)を注文しました。
富士湧水ポークを使用しているせいか、予想外に味は良かったです。

道の駅つる

▼メニュー▼

道の駅つる

道の駅つる

▼パンフレット▼

道の駅つる

道の駅つる

山梨県立リニア見学センターの旅行体験記まとめ

大月リニア見学センター

本記事は『山梨県立リニア見学センター』について書きました。

見学を終えて

旅行会社の立場から見ても、当施設は家族旅行でも団体旅行でもオススメできます。
今回の家族旅行で、子どもから大人まで楽しんできたからです。
2020年5月頃までリニア走行試験を見ることができませんが、リニアに興味のない人でも、これから2027年開業に向けてワクワクした気分を持ち帰ることができるでしょう。

今回の訪問は11月初旬でしたが、すでに紅葉が色づき始めていました。
翌日は「河口湖の紅葉祭り」の見学に行きましたが、河口湖は標高が高いため綺麗に色づいた紅葉を楽しめました。
秋旅行の一つのパターンとして計画できるコースです。

こーいちより

P.S. 山梨県立リニア見学センターに行こう。

山梨県立リニア見学センターの基本情報

店名:『山梨県立リニア見学センター』
住所:山梨県都留市小形山2381
電話:0554-45-8121、FAX:0554-45-8122
営業時間:9時~17時(入館は16時半まで)
料金:大人420円、高校生310円、中学生・小学生200円
・20名以上の団体割引あり。
定休日:
・毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日。火曜日が祝日の場合は開館)
・祝日の翌日(祝日の翌日が金・土・日の場合は開館)
・年末年始(12/29〜1/3)
アクセス:
・中央道の大月I.C.、都留I.C.より一般道で約15分。
・富士急行線の田野倉駅、禾生駅より徒歩で約25分。
駐車場:無料
・普通車140台、身障者用駐車場15台(普通車の駐車場から入り口まで徒歩で約5分ほどかかります)
・バス待機所20台(観光バスは正面入り口までつけることが可能。待機所で出発時間まで待機)
喫煙:館内禁煙。

▼山梨県の観光パンフレットが下記サイトから取り寄せできます▼
他にないユニークなサービス!観光パンフレットお取り寄せサービス「みんたび」の紹介(無料お試し実施中) 

▼北海道から沖縄まで、日本全国のレジャーを約300種類・20,000プラン取り揃えた遊び・体験の予約サイトです▼
山梨県立リニア見学センターの設定はありませんが、ご参考まで。
日本最大級のレジャー・体験・遊びの予約サイト あそびゅー!

関連記事山梨県の桔梗屋信玄餅工場テーマパークに行ってきました【旅行体験記:写真付きで解説】


関連記事【無料あり】山梨県のモンデ酒造ワイン工場を見学しました【旅行体験記:写真付きで解説】
ワイン工場
モンデ酒造ワイン工場
【無料あり】山梨県のモンデ酒造ワイン工場を見学しました【旅行体験記:写真付きで解説】

親愛なる君へ 「山梨県笛吹市のモンデ酒造株式会社・ワイン工場について知りたい」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 2019年11月9日(土)に山梨県の『モンデ酒造株式会社 ワイン工場』へ家族と ...

続きを見る


関連記事山梨県『御坂農園グレープハウス』へぶどう狩りへ行ってきました【旅行体験記:甲州ぶどうとマスカットベリーの食べ比べ】
ぶどう狩り
御坂農園グレープハウス
山梨県『御坂農園グレープハウス』へぶどう狩りへ行ってきました【旅行体験記:甲州ぶどうとマスカットベリーの食べ比べ】

親愛なる君へ 「御坂農園グレープハウスの体験記を知りたい」 「山梨県のおすすめのぶどう狩り農園を知りたい」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 2019年11月10日(日)に山梨県の観光農園『御 ...

続きを見る


関連記事石和温泉・ホテル石風に泊まりました【宿泊体験記:コスパ良しの古い旅館です】
ホテル石風
石和温泉ホテル石風
【ぶどう狩りプランあり】山梨県の石和温泉・ホテル石風に泊まりました【宿泊体験記:コスパ良しの古い旅館です】

親愛なる君へ 「石和温泉・ホテル石風について知りたい」 「石和温泉でコスパの良い安いホテルはないかな」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 2019年11月9日(土)『石和温泉郷・ホテル石風』に ...

続きを見る


関連記事【団体旅行モデルコース】関東方面・1泊2日のおすすめプランを紹介【添乗歴18年の経験知あり】
モデルコース
団体旅行モデルコース1泊2日
【団体旅行モデルコース】関東方面・1泊2日のおすすめプランを紹介【添乗歴18年の経験知あり】

親愛なる君へ 「関東方面の1泊2日モデルコース(団体旅行)を知りたい」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 本記事では、関東方面1泊2日の団体向けモデルコースを紹介します。 この記事を読むことで ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月5.1万PV)、午後は本を1冊読み(本4,387冊/漫画1,334冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ・5kgのダンベルで筋トレ(いずれかを週に計3回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード7)で遊び、ときどき旅をしています。

-国内, 旅をする

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.