自己理解 ライフスタイルを書く

【簡単】10の質問に答えるだけで得意なことを見つける【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】

得意なこと

親愛なる君へ

  • 「得意なことを見つけたい」
  • 「得意なことを見つける質問を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 得意なことは、言い換えると以下のとおり。

・長所
・強み
・才能

本記事では、自己理解の達人・八木仁平さんの動画『10の質問に答えるだけ。得意なことの見つけ方を専門家が解説する』を見て、回答したことを記事にしています。

 この記事でわかること

・得意なことを見つける10の質問
・回答例

この記事を読み、質問に答えることで得意なことに気づけます。

「得意なこと=プロ級」ではありません。
「得意なこと=自然にできること」です。

こーいち
「文章を書いて、添乗をする」が得意なことがわかりました。

>>【参考】Amazonで「自己理解」を2.5%引きで買う方法

【簡単】10の質問に答えるだけで得意なことを見つける【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】

得意なこと

 得意なことを見つける10の質問

1.最近イラっとした、心がザワザワした経験は何ですか?
2.親や先生によく注意されたことは何ですか?
3.長時間やっても苦にならないことは何ですか?
4.一緒にいると「〇〇だね」と言われることはありますか?
5.これまでに周りの人からかけられた褒め言葉はありますか?
6.苦手なことは何ですか?
7.これまでの人生で一番充実感を感じていたのはいつですか?
8.これまで「なんでこんなこともできないの?」と周りの人に思ったことは何ですか?
9.これまで周りの人から感謝されたことは何ですか?
10.小さい頃から得意だったことは何ですか?

 八木仁平さんの動画

質問に回答しました。

質問1.最近イラっとした、心がザワザワした経験は何ですか?

 質問の意図

自分が自然にできていることを、周りができていないとイラッとする。
自然にできていることは得意なこと。

 回答

・家族が部屋を片付けない
・早起きできないとき
・体重が減らないとき
・時間をムダにされそうなとき
・家族が仕事の邪魔をしてくるとき
・ブログ毎日更新がおびやかされそうなとき

得意なことは以下のとおり。

・部屋の片付け
・ブログ毎日更新
・時間管理→添乗員としての行程管理につながる

こーいち
たしかに日常は分単位で行動しています。

質問2.親や先生によく注意されたことは何ですか?

 質問の意図

注意されることは突き抜けているポイント。
目立つからこそ注意される。
得意なことが隠れている可能性がある。

 回答

・気が弱い
・詰めが甘い
・最後までやり遂げない
・大事なことを後回しにする

得意なことは以下のとおり。

・優しい
・好奇心旺盛
・現実を見ない

「現実を見ない」はよくないことです。

こーいち
良く言えば「ギリギリまで保留にできる力がある」です。

質問3.長時間やっても苦にならないことは何ですか?

 質問の意図

得意なことはやってても疲れないこと。
やっていればやっているほど、楽しくなってくる、元気が出てくる。

終わったあとの感覚もポイントです。

得意なこと→充実感
苦手なこと→疲労感

 回答

・読書
・ブログ
・ランニング
・ゲーム
・旅行

上記が得意なことです。

・読書→5時間は平気。
・ブログ→5時間は平気。
・ランニング→2時間は平気。
・ゲーム→10時間は平気。
・旅行→12時間は平気。

得意なことは長時間できることです。

こーいち
楽しかった添乗は、疲労感ゼロでした。

質問4.一緒にいると「〇〇だね」と言われることはありますか?

 質問の意図

無意識のうちに相手に与える印象、エネルギーは得意なことにつながっている。

 回答

・明るい
・すごい
・真面目
・ストイック
・変わっている

上記が得意なことなのです。

こーいち
言われたことは得意なこと。

質問5.これまでに周りの人からかけられた褒め言葉はありますか?

 質問の意図

得意なことは自然にできることなので、自分では気づきにくい。
周りから指摘されることでわかる。

 回答

・真面目
・頭がいい
・一生懸命
・優しすぎる
・ストイック
・仕事が速い
・文章がうまい
・ゲームがうまい
・人当たりがいい
・プレゼンがうまい
・添乗員に向いている
・誰からも好かれる、愛される

上記が得意なこと。

「ブログと添乗員は自分に合っている」と実感です。

こーいち
得意なことは周りの人が教えてくれます。

6.苦手なことは何ですか?

 質問の意図

得意なことを見つけるために、苦手なことから探していくアプローチ。
ひとつのことをどこから見るかで、得意なこと、苦手なことがわかる。

 回答

・変化のない仕事。
・コツコツ単純作業。
・やりたくないことをやらされること。

得意なことは変化や刺激のあること。

こーいち
添乗員は適職です。

質問7.これまでの人生で一番充実感を感じていたのはいつですか?

 質問の意図

得意なことは「楽しい」などのエネルギーが高まっている。
あとで振り返ると充実感を感じる。
そこでやっていたことが、得意なことである可能性が高い。

 回答

・中学2年生(勉強、部活、生活、すべてがフルに回っていた)
・30代後半(仕事が忙しすぎる)
・39歳(仕事、フルマラソン、生活、すべてがフルに回っていた)
・休職生活(朝4時からブログ、ランニング、読書、勉強、ゲーム三昧)

運動は苦手と感じていましたが、得意なほうかもしれません。

ちょっと自分を見る目が変わりました。

こーいち
忙しいのも充実感ですね。

質問8.これまで「なんでこんなこともできないの?」と周りの人に思ったことは何ですか?

 質問の意図

自分が当たり前にできる得意なことだから、そう思う。

 回答

・簡単な仕事
・簡単な手配
・簡単な連絡
・算数
・対戦型ゲーム
・ブログのカスタマイズ

仕事、数学、対戦型ゲーム、ブログが得意だと自覚します。

質問9.これまで周りの人から感謝されたことは何ですか?

 質問の意図

自分にとっては普通にやったことなのに、他の人から感謝されたこと。
自然とできることが得意なこと。

 回答

・楽しい添乗
・数学の解法
・後輩の指導
・営業の成績
・ブログ記事
・一生懸命やった仕事
・添乗前に下見したこと
・時間をかけて調べたこと

仕事、数学、ブログ、添乗が得意なようです。

こーいち
自分に自信が持ててきました。

質問10.小さい頃から得意だったことは何ですか?

 質問の意図

昔、自然にできていたことは得意なこと。

 回答

・絵
・算数
・ゲーム
・サッカー
・全校集会の発表
・年下と遊ぶこと

絵は得意だったし、書くのも好きでした。

父親にトラクターの絵を書いてもらい、いつも真似をして書いてました。

なぜか年下からは好かれました。
中学校でもそうです。

【まとめ】10の質問で得意なことを見つけよう

得意なこと

本記事は、『八木仁平さんの得意なことを見つける10の質問』に答えました。

得意なことを仕事にする理由

八木さんは、「他の人より早く成果が出せ、エネルギーと満足感が高まるから」といいます。

振り返れば、結局のところ今までやってきて、今でも続けていることは「ほとんどが得意なこと」です。

充実感や達成感、満足感があるから続いているのです。

要するに質問は「今まで何をしてきたか」を深掘りしてくれるのです。

・得意なこと探し
・好きなこと探し
・大事なこと探し

すべては「今まで何をしてきて、これから何をやりたいか」を問う質問です。

こーいち
引き続き、他の動画を見るのが楽しみです。

得意なことはプロ級じゃなくてもOK

「得意なことはプロ級じゃなければならない」と思い込んでいました。

八木さんの動画で定義が変わりました。
ハードルが下がったのです。

得意なことは自然にできること、疲れないことです。
そう考えると得意なことはたくさんあります。

こーいち
ほとんどの「好き」は、「得意」になります。

以上、『【簡単】10の質問に答えるだけで得意なことを見つける【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】』の記事でした。

P.S. 10の質問で得意なことを見つけよう。


>>【参考】Amazonで「自己理解」を2.5%引きで買う方法

関連記事【やってみた】「得意なことがわからない人」が答えるべき10の質問【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】
関連記事【考えてみた】自分の「才能の見つけ方」が分かる10の質問【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】
関連記事【自己理解の方法まとめ】やりたいこと探しを最速で終わらせる3ステップ【9記事で解決】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.