本を読む 読書

堀江貴文さんが1000冊読んで厳選したおすすめ42冊の書評【読書感想文・書評】

2020年6月30日

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

親愛なる君へ

  • 「堀江貴文さんの書籍『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』の内容を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事は、『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』堀江貴文【著】の読書感想文・書評です。

 本記事の内容

・読書感想文・書評
・口コミ、関連動画
・実際に読んでみた3冊
・本書で紹介されている42冊のブックリスト

本書では堀江貴文さんが1,000冊読んだ本のうち、おすすめ42冊を書評しています。

 実際に読んでみた3冊

 本記事の信頼性

✔︎ 読書量:一般書籍4,454冊+漫画1,352冊
✔︎ 堀江貴文さんの読書数:19冊

「書評の書き方」としても参考になる本です。

こーいち
おすすめ42冊のうち、2冊がkindle unlimitedで無料です。


» 本書はkindle unlimitedの無料体験で読めます

 本書で書評されている厳選42冊

 初回30日間の無料体験でビジネス書、雑誌、マンガなどが読み放題

kindle unlimited | 月額980円が30日間無料
本、マンガ、雑誌、写真集など合計200万冊以上が読み放題。

\30日間無料トライアル/

kindle unlimitedのお試し体験はこちら

✔︎ ビジネス書、雑誌、マンガなど200万冊以上が読み放題。
✔︎ 無料期間中(30日間)に解約すれば、お金はかかりません。

» kindle unlimitedの読み放題の対象本を見てみる

堀江貴文さんが1000冊読んで厳選したおすすめ42冊の書評とは?【読書感想文・書評】

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

刑務所の情報収集の壁

刑務所という特殊な環境では、「情報収集」は難しいです。

・ネットが使えない
・読める時間が限られている
・差し入れでしか本が読めない

上記の制約の中で、どうやって堀江貴文さんが面白い本を手に入れてきたか。

刑務所で1,000冊を読み、厳選した42冊を書評したのが本書。
読書の結果は、シャバに復帰した堀江貴文さんを見ればわかるとおり。

ビジネス、歴史、人生について、様々な「新しい考え方」を生み出しています。

厳選42冊を書評する目次

目次

第1部 僕が本を読みながらツラツラ考えたこと
1.「こうなるといいのに」を実現する働き方【仕事・ビジネス】
2.情報を鵜呑みにする日本人へ【情報】
3.破天荒でいいー「人生に倍賭けする」生き方【生き様】
4.この2年で「日本人の生き方」が変わった?【ライフスタイル】
5.日本はこの先、一体どうなるの?【過去・現在・未来】
第2部 【堀江貴文×成毛眞・対談】「どうやって僕らは本を探し、読むのか?」

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』は、堀江貴文さんのおすすめ本を知りたい人

こんな方におすすめ

  • 読書好きな人。
  • 書評の書き方を参考にしたい人。
  • 堀江貴文さんのおすすめ本から、次に読む本を探したい人。

成毛眞さんとの対談も掲載されていますので、興味のある方は面白く読めるはずです。

下記のような人にはおすすめできません。

・本が嫌いな人
・書評に興味のない人
・堀江貴文さんの読書術を知りたい人

堀江さんの「本の読み方」は書かれていませんので、読書術を期待する人は買わないほうがいいです。

 Amazonの紹介文を引用

『二重らせん』『とんび』『山賊ダイアリー』。獄中で読んだ千冊からオススメ本をセレクト。
そこから話は「ビジネス」「生活」「日本の未来」にまで広がり…「堀江貴文の頭の中」がわかる本!
成毛眞プロデュース

 著者のプロフィール

堀江 貴文
1972年福岡県生まれ。
実業家。SNS media & consulting株式会社ファウンダー。元ライブドア代表取締役社長CEO。
宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュースなど、多岐にわたって活動中。
有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者を持つ。
また会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」も盛況。
著書に『ゼロ』『本音で生きる』『多動力』『自分のことだけ考える。』『これからを稼ごう』などがあり、ベストセラー多数。
twitterアカウント:@takapon_jp

書名:『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』
著者:堀江貴文
文庫:221ページ
出版社:角川書店
発売日:2013/8/30


堀江貴文さんのおすすめ42冊のうち3冊を読んでみた感想

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

堀江さんおすすめ42冊のうち、3冊を実際に読んでみました。

順番に解説します。

1.とんび【重松 清】

堀江貴文おすすめ本

堀江貴文さんの書評を引用します。

僕は泣きたい気分だからといって、本に手を伸ばすタイプではまったくないけれど、『とんび』(重松清)は、思い切り泣きたいという人に、激しくオススメだ。
重松清さんの数ある作品の中でも群を抜いて素晴らしい。
もともとこの本は『週刊アスキー』(買う本を選ぶときにいつも書評を参考にしている)の総編集長の福岡さんに「是非!」と勧められたまま”積ん読”していた。収監後、ようやく読むことができ、「こんな素晴らしい本をなぜ、今まで積ん読なんかにしていたのか」と号泣しながら読んだものだ。

「泣く」というキーワードで読む気持ちを誘うのは、安易なのでしません。
過去につられて読んでみて、面白くなかった経験があるからです。

書評には「号泣」というキーワードがあるので、半信半疑でした。
いつもだったら読んでいないはずですが、たまたま堀江さんと同じく「積ん読」してあったのです。

「せっかくだから」と読んでみました。
読む前から「泣かない」と決めていました。

結果は、惨敗です。

不器用な父親。
成長する息子。

この二人に完全に負けたのです。

「人生はどうしてこんなにもドラマがあるのだろう?」

こーいち
そんな気持ちになりました。

 Twitter口コミ3個

https://twitter.com/omeburg/status/1198011257262985216?s=20

>> 『とんび』をチェックする

2.風俗行ったら人生変わったwww【@遼太郎】

おすすめ漫画ランキング


堀江貴文さんの書評を引用します。

タイトルがすべてを物語っている。童貞喪失の圧倒的パワーについて、日本中の童貞が集まる2ちゃんねるのスレに投稿されたものが元ネタだ。電車男の風俗嬢バージョンといったところ。
ストーリーは29歳のブサメン童貞・遼太郎が、風俗に行くことを決意することに始まる。すごくタイプな女の子がやってきた。しかしここに来て、遼太郎は過呼吸になった挙句、手を出せずに終わってしまう。「童貞の壁」に真っ向からぶつかって玉砕したわけだ。

ヒットした『電車男』に似ている話です。

主人公・遼太郎は最後の最後でガラリと変わってしまったのが、ちょっと寂しい気がしました。
「もとのウジウジ、クヨクヨで良かったんじゃないか」と思うのです。

ただ、良いにせよ悪いにせよ、「風俗」が転換点になったのは事実。
間違いなく「向こう側」に行けたのでしょう。

変わったというよりも、「本来の自分が現れた」という感じもします。
いずれにせよ、最初の一歩を踏み出せたからこそです。

人生を変えるのは自分次第。

こーいち
そんな言葉が聞こえてきました。

 Twitter口コミ

https://twitter.com/totopiano2020/status/1259126515897253893?s=20

>> 風俗行ったら人生変わったwww

3.バイオパンク【マーカス・ウォールセン】

バイオパンク

堀江貴文さんの書評を引用します。

それは「DIY生物学」の世界の実現だ。
つまり、医者だけが僕たちの体で何が起こっているかを知る時代というのは終わり、自分の好きな方法で、自分の体がどういう状態にあるのか、どんな処置が必要かを判断し、行動し、ネットによって瞬時にそれらが共有される時代が来るのだ。
そして、その中枢にいる人々は、「バイオハッカー」と呼ばれる。
『バイオパンクーDIY科学者たちのDNAハック!』(マーカス・ウォールセン、矢野真千子訳)という本はまさに、DIY生物学の最先端をレポートしている。
冒頭からして刺激的だ。
今もっともホットなことが起こっている”ガレージ”はどこにあるか、そしてそこで何が行われているか……というところから始まる。

正直なところ、よく理解できませんでした。
じっくり読めば面白いかもしれませんが、そこまでの興味も湧かなかった自分が残念です。

 Twitter口コミ

>> バイオパンクをチェックする 

>> kindle unlimitedの30日間の無料体験で読んでみる
※無料期間中に解約すればお金はかかりません。

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』の口コミ

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

Amazonの口コミ80個で、42%が5つ星(2020年5月24日)

 Twitterの口コミ10個を引用

https://twitter.com/mamasan31/status/1125918988398092288?s=20

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』の解説動画3本

»『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』をチェックする

【まとめ】『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』を読んで、自分の興味外の本を知る

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

 実際に読んでみた3冊まとめ

いつも自分で読む本は決めています。
しかし、本書を読んでからは「他者に選んでもらうのも悪くない」と思えました。

自分の幅が広がるからです。

自分の読みたい本ばかり読んでいては何も変わりません。
たまには書店のいつもは行かないコーナーを覗くように、他者から勧められて読むのも良い読書習慣です。

こーいち
新しい本が自分を変えてくれるのです。

こーいちより

P.S. いつもと違う本を読もう。



» 本書はkindle unlimitedの無料体験で読めます

» 堀江貴文さんの他の著作

 本書で書評されている厳選42冊

 初回30日間の無料体験でビジネス書、雑誌、マンガなどが読み放題

kindle unlimited | 月額980円が30日間無料
本、マンガ、雑誌、写真集など合計200万冊以上が読み放題。

\30日間無料トライアル/

kindle unlimitedのお試し体験はこちら

✔︎ ビジネス書、雑誌、マンガなど200万冊以上が読み放題。
✔︎ 無料期間中(30日間)に解約すれば、お金はかかりません。

» kindle unlimitedの読み放題の対象本を見てみる

関連記事【マンガを1,373冊読破】おすすめ漫画ランキング41選【更新型エントリ】
関連記事【徹底網羅】堀江貴文のおすすめ本26選まとめ【ホリエモンの思考をインストールする】

-本を読む, 読書

© 2019 Blog Chronicle