教える

新入社員教育の3つのポイント

投稿日:2019年4月17日 更新日:

社員教育

親愛なる君へ

人にものを教えるのは難しいです。

本記事では、新入社員教育について簡単な3つのポイントを解説します。

この記事を読むことで、新入社員教育の改善をはかることができます。

新入社員教育の3つのポイント

新入社員教育の3つのポイント

1.社員教育のマニュアルがきちんとできている。
2.新入社員の育て方も各部署でバラバラにせず、均一化をはかる。
3.社員教育を無責任に社員に押し付け、任せきりにしない。

どれも大事なことですが、当社ではできていないことでした。
人が育たないうちにどんどん辞めていきます。
1年間に20人ほど辞めた年もありました。

順番に解説していきます。

1.社員教育のマニュアルがきちんとできている

当社には新入社員教育のマニュアルがありません。
どのようなスケジュールで新入社員を育てるのかという段取りが全くないのです。
全てを担当社員に任せきりです。
何をどうやって、どのようなスケジュール感で教育していくのか、全て人任せなのです。
これでは良い人財が育てられると言えません。

マニュアルをきちんと整備して、何をいつまでにどうやって教えるか決めることが大事です。

新入社員と決めたことや工程表を共有することで、安心感や到達地点を見通せることから湧いてくるモチベーションが変わってきます。

2.新入社員の育て方も各部署でバラバラにせず、均一化をはかる

当社では新入社員が入社すると、ジョブローテーション制度といって各部署を2週間単位でまわっていきます。
ジョブローテーションが終了してから、正式に配属が決定します。
各部署で何を教えるかはほとんど部署任せになっているので、下記のようになりがちです。

・場当たり的に何も考えずに教える。
・現場サイドで発生ベースで仕事を教える。
・次の部署に引き継ぐ時に、何を教えたのかを引き継がない。
・とりあえず主義。

完璧主義も良くないですが、とりあえず主義も褒められたものではありません。

教えた内容を箇条書きにして部署同士で共有すべきです。

教えた内容を共有することで、引き継いだ部署は重複に教えることがなくなります。
新入社員にも共有することで、新入社員は何ができるようになり、何が収穫だったのかを知ることができます。

3.社員教育を無責任に、社員に押し付け、任せきりにしない

当社では新入社員の教育を入社2年目の社員に任せることが多いです。
教えることで2年目の社員自身が勉強になるので、もちろん間違いではありません。

任せたままにしておくことが多いので、上司がきっちりと見てあげる必要があります。

任せきりにせず一緒になって教えてあげる姿勢が、2年目の社員のモチベーションを保つ意味でも重要です。
一緒になって行動してくれない上司には何の魅力も感じません。
他人事にしないことです。

新入社員教育のまとめ

社員教育

新入社員教育の3つのポイント

1.社員教育のマニュアルがきちんとできている。
2.新入社員の育て方も各部署でバラバラにせず、均一化をはかる。
3.社員教育を無責任に社員に押し付け、任せきりにしない。

人を育てる。
人を育てる人を育てる。
自分で自分を育てられるようになる。

ともに成長していきたいです。

こーいちより

P.S. 人を育てよう。 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2018年12月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,333冊/漫画1,311冊)、10kmを走り(月150km/サブ4達成 )、子どもとドラクエ11で遊び、ときどき旅をしています。

-教える
-

Copyright© クロニクル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.