食べる、飲む タイ料理

【コスパ良し】八丁堀でタイ料理を食べるなら『Asian Dining & Bar SITA』がおすすめ【隠れ家】

SITA

親愛なる君へ

  • 「八丁堀でタイ料理を食べれるお店を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事では、八丁堀のタイ料理『Asian Dining & Bar SITA』について紹介します。

 この記事でわかること

・『Asian Dining & Bar SITA』の概要
・アクセス、外観、内観
・実際に食べた料理の写真
・飲み放題内容
・口コミ

 本記事の信頼性

2020年1月10日(金)、2月14日(金)の計2回、お店を訪問しました。

こーいち
お店を選んだ理由は、安いからです。
2時間30分飲み放題付・6品コースで、なんと2,980円(税別)

【コスパ良し】八丁堀でタイ料理を食べるなら『Asian Dining & Bar SITA』がおすすめ【2時間30分飲み放題・6品コースで2,980円】

八丁堀SITAタイ料理

2017年4月1日にオープンしたタイ料理のお店です。

店舗情報

店舗情報

店名:『Asian Dining & Bar SITA』(公式サイト)
住所:東京都中央区八丁堀4丁目14番1ライオンズマンション1F
電話:03-3555-0722
営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~15:00 (料理L.O. 15:00 ドリンクL.O. 15:00) 17:00~23:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)
駐車場:近隣のコインパーキング
アクセス:JR京葉線・東京メトロ八丁堀駅 B4出口 徒歩1分
総席数:40席
個室:あり
喫煙:可
予約:当日22時までWEB予約できます。
>> 食べログでチェックする
>> ぐるなびでチェックする
>> ホットペッパーでチェックする

\予約は当日22時まで/

食べログで予約する

※スパイスを効かせた多国籍料理とビールを堪能。

お店を選んだ理由は安さ

2時間30分飲み放題、6品コース料理で2,980円(税別)です(食べログで予約)

八丁堀エリアには食べログやホットペッパーで検索すると、他にも5〜6件、3,000円未満のお店がありました。

しかし、「タイ料理」で一番安いのは『SITA』です。

こんな方におすすめ

  • 個室が良い人。
  • 安いお店が良い人。
  • タイ料理が食べたい人。
こーいち
あてはまるなら『SITA』です。

高級なタイ料理が食べたい人にはおすすめしません。

接客は問題なし

愛想が良い訳ではありませんが、下記ポイントを押さえています。

・飲み物の出てくるのが早い。
・本日のコース内容の確認があった。

こーいち
コース内容の確認は大事です。

なお、テーブルに「押しボタン」はありませんので、注文は直接店員さんを呼びます。

お店は狭いので、店員さんはすぐつかまります。

八丁堀のタイ料理『Asian Dining & Bar SITA』のシックな外観、アクセス

タイ料理八丁堀SITA

外観(2020年2月14日撮影)

アクセスは八丁堀駅B4出口から徒歩1分。

八丁堀駅ホームからB4出口までは約200mほどなので、少し歩きます。

住所:東京都中央区八丁堀4丁目14番1ライオンズマンション1F
電話:03-3555-0722

八丁堀のはずれにあり、路地にひっそりとたたずむお店は「隠れ家」のようです。

こーいち
まさに隠れ家といった感じです。

八丁堀のタイ料理『Asian Dining & Bar SITA』の内観【小グループにも最適】

SITA

上記のとおり、店内中央に長テーブル1本で、20名ほどがおさまります。

こーいち
ちょうど、新年会らしきグループで賑わっていました。

私たちは壁際のカーテンで仕切れる席。
カーテンを半分ほど閉めて、半個室の状態にしました。

2〜6名でじっくり話す場所としても便利です。

SITA

カーテンで仕切れる個室(公式サイトより引用)

八丁堀タイ料理SITA

窓に面したカウンター席

>> 食べログでチェックする
>> ぐるなびでチェックする
>> ホットペッパーでチェックする

八丁堀のタイ料理『Asian Dining & Bar SITA』プラチナコース6品(150分飲み放題)の内容、料理写真

八丁堀タイ料理sita

プラチナコース6品

◆エビセン
◆生春巻き
◆シーザーサラダ
◆ポテトフライ
◆タイ風スパイシー唐揚げ
◆パッタイ(タイ風焼きそば)又はエビチャーハン(当日選択)

飲み放題メニュー(150分)

◆ビール
サッポロ生ビール

◆サワー
シークヮーサーサワー/ウーロンハイ/グレープフルーツサワー
レモンサワー/緑茶ハイ/ジャスミンハイ

◆ワイン

◆ソフトドリンク
ラッシー/マンゴーラッシー/ウーロン茶/オレンジジュース
グレープフルーツジュース/アイスコーヒー/チャイ(ホットorコールド)
マンゴージュース/コーラ/ジンジャーエール/ジャスミン茶

八丁堀タイ料理SITA
八丁堀タイ料理SITA

ビールの銘柄はサッポロ黒ラベル

実際に食べた料理写真6つ

エビセン、生春巻き、シーザーサラダ、ポテトフライの4品は同時に出てきました。

写真は2名分です。

1.エビセン

SITA

味は普通です。

こーいち
ビールのつまみに最適です。

2.生春巻き

SITA

生春巻き、2人前です

タレは辛くなかったです。

3.シーザーサラダ

SITA

ドレッシングたっぷり

フレンチドレッシングが、しみ込んでいます。

4.ポテトフライ

SITA

厚めのポテトフライです。

こーいち
出されたら、熱いうちに食べるのが吉です。
冷めてしまうと、味の良さが半減します。

5.タイ風スパイシー唐揚げ

SITA

そんなにスパイシーではなかったです。

こーいち
マヨネーズをつけたせいかもしれません。

6.パッタイ(タイ風焼きそば)又はエビチャーハン(当日選択)

SITA

パッタイ or エビチャーハンを当日選択します。

パッタイにしましたが、エビと麺の相性が良いです。

こーいち
ボリューム満点です。

2回目の訪問のときはチャーハンにしました(下記写真)
個人的にはこちらの味のほうが好きです。
合わせて好物のプーニムパッポンカリーを注文しました。
おいしいですが少し辛かったです。

タイ料理八丁堀SITA

チャーハン

タイ料理八丁堀SITA

プーニムパッポンカリー

>> 食べログでチェックする
>> ぐるなびでチェックする
>> ホットペッパーでチェックする

Twitterの口コミ4つ

八丁堀周辺の企業のランチとしても、使われているようです。

【まとめ】八丁堀のタイ料理『Asian Dining & Bar SITA』感想【デメリット、メリット】

八丁堀タイ料理sita

本記事は、八丁堀のタイ料理『Asian Dining & Bar SITA』について書きました。

デメリット、メリット

デメリット

・料理の味は普通
・八丁堀駅から離れている(約200m)
・もう1品欲しい(他コースにする必要あり)

メリット

・個室あり
・コスパが良い
・小さいお店なので落ち着く

【感想】デザートは別途注文すべし

2時間30分飲み放題、6品コース、2,980円(税別)はコスパ抜群。

料理の味はどれも普通以上です。

「6品だと少ないから、別料金で追加しよう」と思う方もいるかもしれません。

お店に行く前は「別料金でプーパッポンカリーを食べよう」と思っていました。

結果は6品のプラチナコースで十分でした。

こーいち
欲を言えば「デザート付」のコースがあると嬉しいですね。

 デザートを食べたい方は、別途注文可能

400円(税別)
・ココナッツアイス、バニラアイス、マンゴーアイス

450円(税別)
・タロイモココナッツケーキ
・ココナッツプリン
・マンボークルフィ

「飲み重視で、料理は少なめでもかまわない」という人には、プラチナコース(2時間30分飲み放題、6品、2,980円)がおすすめです。

こーいち
興味のある方は足を運んでみてください。

また来ます。

以上、『【コスパ良し】八丁堀でタイ料理を食べるなら『Asian Dining & Bar SITA』がおすすめ【隠れ家】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 八丁堀のタイ料理『SITA』でコスパを体感しよう。


店舗情報

店名:『Asian Dining & Bar SITA』
住所:東京都中央区八丁堀4丁目14番1ライオンズマンション1F
電話:03-3555-0722
営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~15:00 (料理L.O. 15:00 ドリンクL.O. 15:00) 17:00~23:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)
駐車場:近隣のコインパーキング
アクセス:JR京葉線・東京メトロ八丁堀駅 B4出口 徒歩1分
総席数:40席
個室:あり
喫煙:可
予約:当日22時までWEB予約できます。
>> 食べログでチェックする
>> ぐるなびでチェックする
>> ホットペッパーでチェックする

\予約は当日22時まで/

食べログで予約する

※スパイスを効かせた多国籍料理とビールを堪能。

関連記事新橋でおすすめの『肉びすとろ KOIKI 新橋駅前店』を紹介【日曜日〜木曜日は高コスパです】
関連記事『ビアホール ビヤケラー東京 新橋銀座口店』に行ってきました【食レポ体験記:写真付きで解説】
関連記事アンジャッシュ渡部のグルメ本を読む理由とおすすめ書籍3冊まとめ【お店選びの時間を節約しよう】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.