ライフスタイルを書く

社会復帰できない不安を指摘され、最悪の結果を想定してみる【結論:死ぬことはない】

投稿日:2019年3月16日 更新日:

社会復帰

親愛なる君へ

  • 「社会復帰できそうもないけれど、大丈夫かな?」
  • 「休職中だけど社会に戻りたくない」

この記事はそんな方へ向けて書いています。
本記事を書いている私は、2019年3月16日(土)で休職生活106日目です。

本記事では、社会復帰できない不安について解説します。

この記事を読むことで、社会復帰についての気づきを知ることができます。

社会復帰できない不安を指摘され、最悪の結果を想定してみる【結論:死ぬことはない】

不安

千葉の実家まで帰り、小学校の同級生と二人で『焼肉三ツ福』へ焼肉を食べに行きました。

店内で現在の休職中の話をして、共感してもらいました。
気持ちが楽になります。
友人のアドバイスは、率直に「1年6ヶ月も休職すると社会復帰が難しくなるのでは」です。

確かにその通りです。

社会復帰したくない【最悪の結果を想定してみる】

社会復帰できそうにない不安を感じています。
仕事につけないかもしれないのです。
会社に戻りたくないとも感じています。

今一番したくないことは、会社に戻ることです。
次にしたくないことは、社会復帰することです。

傷病手当金がもらえる1年6ヶ月間まで、休職期間を延長した場合の最悪の結果を想定してみます。

・会社に戻るが営業などの仕事にはつけず、やりたくもない国内手配や経理をやらせられる。
・会社に戻るが1年6ヶ月も休職していた負い目を感じ、人の目が気になり仕事がしづらい。
・会社の人間関係が目まぐるしく変化していて、知らない人が多く職場に慣れない。
・社会復帰できなくなり、完全な引きこもりになり貯金もどんどんなくなり、実家に帰らざるを得なくなる。
・失業保険の待機期間3ヶ月+失業保険受給期間3ヶ月の計6ヶ月が経過しても社会復帰ができず、仕事に就くことができない。奥さんが正社員になり、自分はアルバイトを始めながらブログを続ける。
・社会復帰しようと職を見つけようとするが、やりたくない仕事しか就けず、毎日を憂鬱状態で過ごす。
・仕事は見つかるが、勤務地、給与、人間関係、仕事内容の全てにおいて、今の会社より条件が悪くなる現実を目の当たりにする。

以上のことから「とりあえず死ぬことはない」ことがわかります。

大きな気づきです。
「死んでも大丈夫」という言葉さえ浮かびました。
「どうってことない」と思えてきます。

今の生活が維持できるのなら、とりあえずはこのままでいい。

幼馴染と会話をしても、この気持ちは変わりません。
このまま好きなことに徹底的に没頭していく。
自分の信じる道を進んでいくしかないのです。
淡々と一歩一歩、積み重ねるだけです。

社会復帰できない人生崩壊イメージを持つことも大切

幼馴染

社会に戻れなくて人生が崩壊するイメージしてみます。

ブログを頑張らない、転職活動をしても落ちる、何の準備もしない

アルバイトや派遣社員のみ受かる

低賃金で働かされ、仕事のやる気が出ず、辞める

再度ひきこもりになり、家族とモメる

離婚して天涯孤独で一生、ひとりになる

悲惨な末路をこれでもかと具体的にイメージします。
本当にこうなるかどうかは問題ではありません。

ここで大事なのは「人生が崩壊する」というイメージを持っておくことです。

崩壊の未来予想図が、自分にブログや他の何かに向かう気持ちを高めてくれます。
「やらなければマズいことになる」という危機感を強く持つことで、今やっていることを安定して進めることができるのです。

少しでも大げさな「人生崩壊イメージ」を持ち、日々のやるべきことをやらなければいけないという危機感を強めて、継続に結びつけましょう。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も「今日、私が一つ判断を誤れば、この会社は明日にも潰れる。そういう夢を今でもよく見る」と言いました。

大きな成果は大きな危機感から生まれるのです。

社会復帰できない不安を払拭するように、幼馴染と歌を歌う

焼肉を食べた後、無性に歌いたくなったので、二次会は二人でカラオケです。
21時30分から深夜2時まで4時間半を歌いました。
飲みすぎたせいか、24時以降は記憶がありません。
友達が車で良かったです。
田舎で車は貴重です。
小学校時代の友達は貴重なのです。

最近、横須賀で歌ったりと歌う機会が多かったです。
みんな歌がうまいので、「歌がうまくなりたい」と思った1日でした。
カラオケがうまくなる歌い方を調べたので、ブログ記事にしています。

以上、『社会復帰できない不安を指摘され、最悪の結果を想定してみる【結論:死ぬことはない】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 最悪の結果を想定しておこう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,361冊/漫画1,320冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで3,000mを泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード4)で遊び、ときどき旅をしています。

-ライフスタイルを書く
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.