ライフスタイルを書く

朝の時間の使い方を解説【やってはいけないの9つの具体例】

投稿日:2019年6月29日 更新日:

朝の時間

親愛なる君へ

  • 「朝の時間を有効に活用する方法を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事を書いている私は2019年6月29日(木) 休職生活210日目です。
朝4時前の起床が完全に習慣化しました。
朝の時間は頭も体もすっきりして、仕事が猛烈にはかどります。
猛烈にはかどるからこそ、朝の時間の使い方は重要です。

先日、下記ツイートをしました。

おはようございます。
3時50分起床です。

7時までブログに没頭します。
それまでネット閲覧、ツイッター、メールチェックは禁止です。

よろしくお願い申し上げます。

本記事では、ハイパフォーマンスを発揮できる貴重な朝の時間に、やってはいけない具体例を失敗談を交えつつ解説します。

この記事を読むことで、朝の時間にやってはいけないことがわかり、朝の時間の使い方が上手くなります。

朝の時間の使い方を解説【 やってはいけないの9つの具体例 】

朝の時間

朝の時間帯にやってはいけない具体例と、やったほうが良い具体例を解説していきます。

1.朝の時間帯にやってはいけない9つの具体例

1日の中で最もパフォーマンスが高い時間帯が朝です。

朝の時間に『頭を使わない単純作業』は厳禁です。

仕事が一番はかどる朝の時間帯に『頭を使わない単純作業』をすることは非常にもったいないです。
朝の時間帯にやってはいけない具体例は下記です。

頭を使わない仕事×9

1.ネットでの情報収集
2.ツイッター
3.メールチェック
4.掃除・整理整頓
5.会議・面談
6.読書などのインプット
7.単純なデータ入力
8.営業などの外出
9.経費の精算

どんなに疲れていてもできることです。
これらの仕事は疲れて集中力が散漫になってくるごごにまわしましょう。
取り掛かりのハードルが低くついついやりがちですが、これらをすることで脳のエネルギーを使ってはいけません。
行き当たりばったりで仕事をしてはいけないのです。

インプットは脳が疲れていてもできます。
アウトプットは脳が吐き出したがっている朝こそやるべきです。

寝起きにツイッターやネット閲覧をしてしまいがちです。
これをいかにしないかで、午前中の生産性が決まります。
集中できる朝の時間帯に、頭を使わないことをやることがいかにもったいないことか。
何回でも胸に刻みつけるべき大事なことです。

上記の『頭を使わない単純作業』は、頭と体が疲れてくる午後にやればいいのです。

単純作業でウォーミングアップしてから、仕事を開始したくなる気持ちもわかります。
私自身もやりやすい単純作業から手をつけて、自分を調子づかせていたことがあるからです。
仕事でも勉強でも少し身のまわりを掃除してから、始めることはありがちなケースです。

失敗談

メールやツイッター、他の人のブログ更新状況のチェックをすることで仕事から逃げていました。
メールやツイッター、ネット閲覧は軽いタスクなので、ついやりがちですが、あっという間に時間を取られますので注意が必要です。
掃除や整理整頓もやり出したら、止まらなくなった経験があります。

やりやすいところに凝り出して、そこに長時間逃げてしまうのは目的が変わってきてしまうから良くないのです。

ウォーミングアップの気持ちは捨てましょう。
仕事にウォーミングアップはいりません。

いきなり仕事は開始できます。

仕事自体がウォーミングアップになるのです。
とにかく手をつければ仕事はどんどん進んでいくのです。

目的を見失わないようにしよう。

2.朝の時間帯にやったほうが良い8つの具体例

頭も体もスッキリしていますので『頭を使う仕事』をするのがベストです。
具体例は下記の通りです。

頭を使う仕事×8

1.企画書・見積書の作成
2.ブログ執筆などのアウトプット
3.勉強
4.データ分析
5.決断を伴う仕事
6.プロジェクトなどの計画を立てる仕事
7.気が進まない思い仕事
8.神経を使う重要な仕事

集中力を必要とするこれらの仕事は頭の冴えている午前中に片づけていきましょう。

重いタスクは取りかかるまでが大変で、その気持ちもわかります。

重いタスクにまずは少しでも手をつけましょう。
後回しにすればするほど、手をつけにくくなり、重たい感じが増してきます。

失敗談

重いタスクを先延ばしにしている間に、別の軽い仕事が入ってきました。
緊急のものです。
緊急の軽い仕事をさばいているうちに、また軽い仕事が入ってきて重い仕事に手をつけられないケースがあります。
緊急の軽い仕事をこなしているうちに、結局残った仕事は先延ばしにした重いタスクのみです。
先延ばしリストの完成です。
全て重いタスクになりますので、残業確定でした。

いざ手をつけてみれば、案外早く終わる仕事もあるものです。

重い仕事や気が進まない仕事には、まず手をつけましょう。
朝の時間帯に重いタスクが終わっている解放感は、何物にも変えられません。

重いタスクの対処法は下記の通りです。

①まずは手をつける。
②仕事の難易度や、必要な時間がわかり、さらに手をつけやすくなる。
③別の仕事に取りかかっても、頭の隅には重いタスクが寝かせてあり、アイデアがひらめくこともある。

コツは振りかぶらないことです。

手をつけるだけで、目的は半分は達成したようなものです。

軽いタスクにはいったん蓋をして、まずは重いタスクに集中しましょう。
振りかぶらずに手持ちの武器で戦い始めることが、成長においては大事です。
まずは敵を倒してみること、実践してみることです。

朝の時間の使い方を見直して、人生を変えよう

朝の時間

整理すると以下の通りです。

朝の時間帯にやってはいけないこと

頭を使わない仕事

1.ネットでの情報収集
2.ツイッター
3.メールチェック
4.掃除・整理整頓
5.会議・面談
6.読書などのインプット
7.単純なデータ入力
8.営業などの外出

朝の時間帯にやった方が良いこと

頭を使う仕事

1.企画書・見積書の作成
2.ブログ執筆などのアウトプット
3.勉強
4.データ分析
5.決断を伴う仕事
6.プロジェクトなどの計画を立てる仕事
7.気が進まない思い仕事
8.神経を使う重要な仕事

生産性が一番高まる朝の時間帯に何をするのかが、その人の生き方です。
すべてにおいて仕事のダンドリが重要なのです。

集中できないときはダラダラと同じ仕事をしないで、気持ちを切り替えて別の仕事に取り掛かりましょう。

ツイッターでは#早起きチャレンジのタグをつけて、起床時間を報告しあう習慣があります。
早起きして人生を変えたい人はチャレンジしてみてください。
「いいね」のモチベーションをもらえます。

毎日、淡々と繰り返すのみです。

ポイント

早起き → 頭を使う行動 → 積み上げ

午前中と午後では自律神経(交感神経、副交感神経)の優位が異なります。

・午前は「理性」をつかさどる交感神経が活発
・午後は「体をリラックスさせる」働きを持つ副交感神経が優位

頭と体の調子と相談して、午前と午後でやるべきことを工夫しましょう。

生産性はちょっとした工夫で上げられるのです。

以上、『朝の時間の使い方【 やってはいけないの8つの具体例 】』についての記事でした。

こーいちより

P.S. 朝の時間の使い方を見直して、人生を変えよう。

▼早起きして、朝の時間をワクワクして過ごす本▼

関連記事朝4時起きの休職生活を公開【土日の気分転換が大切】


関連記事朝4時起きの朝活のメリットを7つ紹介【結論:残業はやめて前業しよう】
朝4時起きのメリット
朝活
朝4時起きの朝活のメリットを7つ紹介【結論:残業はやめて前業しよう】

親愛なる君へ 「朝活をしたいけれどメリットってあるのかな」 「残業続きの生活をなんとか変えたい」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 本記事を書いている私は、3月から朝5時起きの朝活を開始して3 ...

続きを見る


関連記事【朝5時起きの習慣化のコツ】早起きする簡単な方法は、やりたくてしょうがないものをやりかけの状態にしておき「もっと〜したい」という気持ちで寝ること
早起きの習慣化
【朝5時起きの習慣化のコツ】早起きする簡単な方法は、やりたくてしょうがないものをやりかけの状態にしておき「もっと〜したい」という気持ちで寝ること

親愛なる君へ 「朝5時起きの早起きを習慣化したい」 「朝5時起きの早起きのコツを知りたい」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 本記事では、朝5時起きの早起きができず悩んでいる方へ、たった一つの ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,361冊/漫画1,320冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで3,000mを泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード4)で遊び、ときどき旅をしています。

-ライフスタイルを書く
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.