ライフスタイルを書く

朝4時起きの朝活のメリットを紹介【結論:残業はやめて前業しよう】

投稿日:2019年6月12日 更新日:

朝活

親愛なる君へ

  • 「朝活をしたいけれどメリットってあるのかな」
  • 「残業続きの生活をなんとか変えたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

2019年6月12日(水) 休職生活193日目です。
3月から朝5時起きの朝活を開始して、3ヶ月以上の継続ができています。
今では4時前には起床しています。

本記事では、朝活のメリットについて解説します。

この記事を読むことで、朝活のモチベーションを上げることができます。

朝4時起きの朝活のメリットを紹介【結論:残業はやめて前業しよう】

朝活

下記ツイートをしました。

【朝活のメリット】

・始業時間のタイムリミットがある
・朝一番は心技体ともにスッキリしていて、エネルギーが満タンな状態で仕事ができる
・電話や声かけなど中断要素がない
・残業しなくなる
・早朝出勤はやる気があるように見える
・早く帰れることで家族との時間が増える
・満員電車を回避できる

深掘りしていきます。

1.残業のデメリット

会社員時代、毎日23時まで残業している時もありました。
睡眠時間も少なく心身ともにボロボロな時期があったのです。

残業をするとついついダラダラと仕事時間が長引いてしまいます。
残業のデメリットは下記の通りです。

1.残業にはタイムリミットがなく、最悪、終電まで仕事ができる。
2.一番疲れている状態で仕事をするので生産性が低い(時間外手当で人件費は高い)
3.「残業すればいい」と日中から思ってしまい、常にダラダラしてしまう癖がつく。

残業のメリットが思いつきません。
特に金曜日はダラダラ仕事をする → 残ったメンバーで飲みに行く → 土曜日の起床時間が遅くなり休日を無駄に過ごす、という負のループが多かったです。

生産性を高めるために朝の時間を有効活用しましょう。

2.朝活のメリット

会社員時代、早朝出社(07時30分)による前業で生産性を上げるように努めました。
生産性は間違いなく上がります。
日中にバタバタと追われて仕事をしなくて済むのです。

朝活のメリットを記載します。

朝活のメリット

1.始業時間のタイムリミットがある。
2.朝一番は心身ともにスッキリしていて、エネルギーが満タンな状態で仕事や勉強ができる。
3.電話や声かけなど中断されない。
4.残業しなくなる。
5.早朝出勤はやる気があるように見える。
6.早く帰れることで家族との時間が増える。
7.満員電車を回避できる。

順番に解説します。

1.始業時間のタイムリミットがある

早朝出社した場合は、始業時間のタイムリミットがあるため締め切り効果が期待できます。
「始業までにこの仕事を終えよう」と集中できるのです。
自宅で朝活をする人は「朝食時間」がタイムリミットになります。
朝飯前が一番はかどります。
この時間帯を有効に活用しましょう。

2.朝一番は心身ともにスッキリしていて、エネルギーが満タンな状態で仕事や勉強ができる

起き抜けの状態は心身ともにエネルギーが満タンの状態です。
フルパワーで仕事、勉強に打ち込めるです。
やる気も満ちているので、最も重要で重いタスクに取り掛かりましょう。

3.電話や声かけなど中断されない

朝の時間は静かです。
早朝出社すれば、お客様からの電話や同僚による声かけなどで仕事を中断されることもありません。
集中できます。

自宅での朝活でも同じです。
まだ誰も起きていない状態で勉強や仕事に打ち込めるのです。
家族が起きている場合は「声をかけないで」と事前に話して理解を得ましょう。
イヤホンで音楽を聴きながら、仕事や勉強に没頭するのも有効です。
耳栓でも良いです。

4.残業しなくなる

生産性の高い朝の時間に重いタスクや、その日にやらなくてはならない仕事に手をつけておけば、1日を自分のペースで進められます。
前業している分、仕事ははかどっている訳ですから残業せずに退社できる可能性も高いです。

問題は「仕事が終わっているので新しい仕事を振られる可能性がある」ことです。
毎日、定時退社することで「仕事が少ない」と勘違いされるケースもあります。
堂々と早朝出社していることをアピールしましょう。
「早朝出社しているから早く帰れるのだ」と主張しましょう。
早朝出社して早く仕事を終わらせているのに、他の人より多く仕事を積まれるのは損です。

「たくさん仕事をして早く仕事を覚えたい」という人には仕事の経験が増えて良いですが、「定時退社して自分の時間を増やしたい」という人は立ち回り方を考えましょう。
自分を時間を増やして、朝活で勉強してスキルアップすることも有効です。

5.早朝出勤はやる気があるように見える

同じ労働時間でも残業する人より、前業する人の方がやる気があるように見えます。
会社員時代を振り返っても前業する人は少なかったので、印象に残りやすい効果もあります。
評価を上げたい人は残業より前業をオススメします。
見ている人は見ているものです。

6.早く帰れることで家族との時間が増える

大きなメリットです。
特に小さい子供がいる人は、子供と一緒に過ごせる時間は貴重なものです。
できるだけ濃い時間を過ごせるといいですね。

7.満員電車を回避できる

大きなメリットです。
満員電車で余計な体力を消耗しなくてすみます。
時間帯によっては電車で座って出勤できますので、読書にも集中できます。
通勤に1時間かかっている場合は、この1時間を有益な時間に変えることができるのです。

3.朝4時起きの朝活のメリットを紹介【結論:残業はやめて前業しよう】まとめ

上記のように朝活は余りあるメリットがあります。

私の場合は朝は集中してブログを書ける貴重な時間です。
朝起きれなかった日は、一日損した気分で過ごす羽目になります。
週末以外は4時前に起きる生活をキープしています。

朝早く起きることで、寝る時間も早くなります。
個人的には子供と一緒に22時までに寝るようになりましたので、子供との布団の中でじゃれる時間もできました。
これもメリットの一つですね。

生活スタイルは人それぞれなので、自分なりの朝活方法を試してみましょう。

本日のツイートとブログ記事

朝活

22ツイートしました。
主なツイートを6つ解説します。

1.4時前の起床は習慣化

4時前に起きることは習慣化されてきました。
今月の目標は3時30分起きです。
5分単位で早めていき達成します。

2.二毛作の時間術

3.ブログの見出しについて意識すべきこ

「見出しだけ読んで、ブログを読みたくなるか」
なかなか難しいですが、意識して改善していきます。
キャッチコピーの書籍で勉強も必要かなと思ってきました。

4.ブログのやる気が出ない時の対処法

5.ダイエット目標を達成するためにノンアルコールビールにする

6.便秘に悩む人へ。腸マッサージで便秘解消のやり方がわかる本

以上、『朝4時起きの朝活のメリットを紹介【結論:残業はやめて前業しよう】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 残業より前業しよう。 

本日の積み上げ

●心
・風呂掃除をする。
・部屋に掃除機をかける。
・ワイシャツにアイロンをかける。
・ユーチューブでマナブさんの動画を観る。
・音楽を聴く(FF4 over world)

●技
・ブログを3本、計8時間書く(6月累計79.5時間)

●体
・ジョグペースで10kmを走る。

●遊
・デニーズでコーヒーを飲む。
・バイオハザード4をプレイする(6月累計10km)

●旅
・図書館へ行く。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2018年12月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,343冊/漫画1,311冊)、10kmを走り(月150km/サブ4達成 )、子どもとドラクエ11で遊び、ときどき旅をしています。

-ライフスタイルを書く
-, ,

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.