『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

ライフスタイルを書く

朝4時起きの朝活のメリットを7つ紹介【結論:残業はやめて前業しよう】

投稿日:2019年6月16日 更新日:

朝活

親愛なる君へ

  • 「朝活をしたいけれど、メリットってあるのかな」
  • 「残業続きの生活をなんとか変えたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事を書いている私は、2019年3月から朝5時起きの朝活を開始して3ヶ月以上継続ができています。
朝活のメリットを知り、今では朝4時前には起床しています。
早起きができるとそれだけで、充実した1日を過ごせそうな気がします。

先日、下記ツイートをしました。

【朝活のメリット】

始業時間のタイムリミットがある
朝一番は心技体ともにスッキリしていて、エネルギーが満タンな状態で仕事ができる
電話や声かけなど中断要素がない
残業しなくなる
早朝出勤はやる気があるように見える
早く帰れることで家族との時間が増える
満員電車を回避できる

本記事では、朝活のメリット7つを深掘りしつつ、解説していきます。

この記事を読むことで、朝活のメリットを知り、モチベーションを上げることができます。

朝4時起きの朝活のメリットを7つ紹介【結論:残業はやめて前業しよう】

朝活

会社員時代、早朝出社(07時30分)による前業で生産性を上げるように努めました。
早朝出社すると生産性が上がります。
日中にバタバタと追われるように仕事をしなくて済むのです。

朝活のメリットを7つ記載します。

朝活のメリット×7

1.始業時間のタイムリミットがある。
2.朝一番は心身ともにスッキリしていて、エネルギーが満タンな状態で仕事や勉強ができる。
3.電話や声かけなどで中断されない。
4.残業しなくなる。
5.早朝出勤はやる気があるように見える。
6.早く帰れることで家族との時間が増える。
7.満員電車を回避できる。

順番に解説します。

1.始業時間のタイムリミットがある

早朝出社した場合は、始業時間のタイムリミットがあるため締め切り効果が期待できます。
「始業までにこの仕事を終えよう」と集中できるのです。

自宅で朝活をする人は「朝食時間」がタイムリミットになります。
朝食前が一番はかどります。
「朝飯前」とはよく言ったものです。
「朝ごはんを食べる前にできるくらい簡単なこと」という意味ではありません。

『朝ごはん前にしたいくらい大事なこと』という意味です。

この時間帯に一番重要な仕事を終えられれば、一日気分良く過ごせます。
朝食もおいしく感じられます。

この時間をどう使うかで、1日が決まります。
未来が変わっていきます。
いつ始めても遅くはありません。

朝飯前の時間帯を有効に活用しましょう。

2.朝一番は心身ともにスッキリしていて、エネルギーが満タンな状態で仕事や勉強ができる

起き抜けの状態は心身ともにエネルギーが満タンの状態です。

・エネルギーに満ち溢れた体
・スッキリした頭
・クヨクヨしない心

3つがそろった最高に生産性の高い時間帯なのです。

フルパワーで仕事、勉強に打ち込めるです。
やる気も満ちているので、最も重要なタスクに取り掛かりましょう。

早起きした分、夜もぐっすり眠れます。

3.電話や声かけなどで中断されない

早朝出社すれば、お客様からの電話や同僚による声かけなどで仕事を中断されることもありません。

静かで集中できます。
誰よりも早く来ている優越感にもひたれます。

自宅での朝活でも同じです。
まだ誰も起きていない静かな状態で、勉強や仕事に打ち込めるのです。

家族が起きている場合は「声をかけないで」と事前に話して理解を得ましょう。
イヤホンで音楽を聴きながら、仕事や勉強に没頭するのも有効です。
耳栓でも良いです。

4.残業しなくなる

生産性の高い朝の時間に重いタスクや、その日にやらなくてはならない仕事に手をつけておけば、1日を自分のペースで進められます。
前業している分、仕事ははかどっている訳ですから残業せずに退社できる可能性も高いです。

問題は「仕事が終わっているので新しい仕事を振られる可能性がある」ことです。
毎日、定時退社することで「仕事が少ない」と勘違いされるケースもあります。

堂々と早朝出社していることをアピールしましょう。
「早朝出社しているから早く帰れるのだ」と主張しましょう。
早朝出社して早く仕事を終わらせているのに、他の人より多く仕事を積まれるのは損です。

「たくさん仕事をして早く仕事を覚えたい」という人には仕事の経験が増えて良いですが、「定時退社して自分の時間を増やしたい」という人は立ち回り方を考えましょう。
自分を時間を増やして、朝活で勉強してスキルアップすることも有効です。

ムダな飲み会も断るようになる

朝活するためには早く寝なくてはなりません。
今まで同僚となんとなく飲んでいた人は断りましょう。
自分の時間のほうが大切です。
飲みに行きたければ1次会でサッと帰りましょう。
2次会にメリットはないです。

5.早朝出勤はやる気があるように見える

同じ労働時間でも残業する人より、前業する人のほうがやる気があるように見えます。
会社員時代を振り返っても前業する人は少なかったので、上司の印象に残りやすい効果もあります。

評価を上げたい人は残業より前業をオススメします。

見ている人は見ているものです。

6.早く帰れることで家族との時間が増える

大きなメリットです。
特に小さい子供がいる人は、子供と一緒に過ごせる時間は貴重なものです。

できるだけ濃い時間を過ごせるといいですね。
私は子供との時間が増えてから、子供に喜ばれるようになりました。
そのとき初めて、「今まで寂しい思いをさせていたのだ」と知ったのです。

7.満員電車を回避できる

早朝の通勤電車は空いています。
満員電車はストレスがたまるので、大きなメリットです。

余計な体力を消耗しなくてすみます。
早朝の時間帯によっては電車で座って出勤でき、出社後の仕事の能率も上がります。

通勤電車を書斎化、オフィス化できます。

・読書
・新聞
・車内広告を見て、世の中の流れをつかむ
・仕事の資料に目を通す
・仕事のスケジュール確認
・ノートパソコンで企画書や原稿を書く
・英語の勉強(リスニング)
・セミナー動画閲覧

通勤に1時間かかっている場合は、この1時間を有益な朝活の時間に変えることができるのです。
遅刻することもありません。

ラッシュ前の電車は得することが多いのです。

補足①:朝活の4つの具体例

ヨガ

ヨガは自宅の狭いスペースでもできるので効果的なエクササイズです。

英語の勉強

仕事で必要であれば、朝の冴えている時間を利用して15分でも始めてみましょう。
その他、資格試験の勉強もおすすめです。
朝の締め切り効果で集中できます。

ウォーキング

ウォーキングは日の光を浴びることができ、かつリズム運動なのでセロトニンを分泌するのに適しています。
爽やかな気持ちになりましょう。

カフェでコーヒー

満員電車を避けて早く家を出て、会社の近くのカフェでゆったりとコーヒーを飲みながら過ごすのもおすすめです。
いつもと違ったリラックスした朝を過ごしてみましょう。
意外と勉強している人が多いことに気づくはずです。

補足②:伊藤忠商事の朝型勤務制度

2013年10月より伊藤忠商事は「朝型勤務」制度を導入しました。

早朝に仕事をする人間への「手当て」を増やしたり、「無料朝食」を用意するなど早朝出勤を推し進める工夫が印象に残っています。
朝の時間の効率の良さが注目されているのです。
人によっては夜のほうがはかどる人もいますが、ここでは割愛します。

私は会社員時代は07:00〜07:30には出社して仕事をしていました。
始業時間ギリギリに出社してバタバタと焦りながら仕事をしたくなかったのと、朝の効率の良さを実感していたからです。

休職生活を継続していますが、朝の時間の貴重さは変わりません。

残業のデメリット

会社員時代、毎日23時まで残業している時もありました。
睡眠時間も少なく、心身ともにボロボロな時期があったのです。

残業をするとついついダラダラと仕事時間が長引いてしまいます。

残業のデメリットは次の3つです。

1.残業にはタイムリミットがなく、最悪、終電まで仕事ができる。
2.一番疲れている状態で仕事をするので生産性が低い(時間外手当で人件費は高い)
3.「残業すればいい」と日中から思ってしまい、常にダラダラしてしまう癖がつく。

残業のメリットは時間外手当が出るくらいです。
会社にはマイナスです。

残業の負のループ

ダラダラ仕事をする → ストレス解消のため残ったメンバーで飲みに行く → 翌日の起床時間が遅くなり、朝活ができず、無駄な時間を過ごす

こんな負のループが多かったです。

生産性を高めるために朝の時間を有効活用しましょう。

朝4時起きの朝活のメリットのまとめ

朝活

本記事では、朝活の余りあるメリットについて解説してきました。
再度、整理します。

朝活のメリット×7

1.始業時間のタイムリミットがある。
2.朝一番は心身ともにスッキリしていて、エネルギーが満タンな状態で仕事や勉強ができる。
3.電話や声かけなど中断されない。
4.残業しなくなる。
5.早朝出勤はやる気があるように見える。
6.早く帰れることで家族との時間が増える。
7.満員電車を回避できる。

私の場合は、朝は集中してブログを書ける貴重な時間です。
朝起きれなかった日は、一日損した気分で過ごします。
そのために、週末以外は4時前に起きる生活をキープしています。

朝早く起きることで、寝る時間も早くなります。
子供と一緒に22時までに寝るようになりました。

生活スタイルは人それぞれなので、自分なりの朝活方法を試してみましょう。
意外なメリットが発見できるかもしれません。

こーいちより

以上、『朝4時起きの朝活のメリットを7つ紹介【結論:残業はやめて前業しよう】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 残業より前業しよう。 

関連記事朝の時間の使い方を解説【やってはいけないの8つの具体例】


関連記事【朝5時起きの習慣化のコツ】早起きする簡単な方法は、やりたくてしょうがないものをやりかけの状態にしておき「もっと〜したい」という気持ちで寝ること
早起き
【朝5時起きの習慣化のコツ】早起きする簡単な方法は、やりたくてしょうがないものをやりかけの状態にしておき「もっと〜したい」という気持ちで寝ること

親愛なる君へ 「朝5時起きの早起きを習慣化したい」 「朝5時起きの早起きのコツを知りたい」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 本記事では、朝5時起きの早起きができず悩んでいる方へ、たった一つの ...

続きを見る


関連記事ブログに没頭する休職生活に飽きてくる【飽き、慣れを打破するために新しいことを始める】
休職生活
ブログに没頭する休職生活に飽きてくる【飽き、慣れを打破するために新しいことを始める】

親愛なる君へ 2018年12月1日から2ヶ月間、有給休暇を取りました。 会社を退職するにあたり、引き止めにあったからです。 2019年2月1日より適応障害のため、現在まで休職生活しています。 2019 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月2.7万PV)、午後は本を1冊読み(本4,377冊/漫画1,332冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード7)で遊び、ときどき旅をしています。

-ライフスタイルを書く
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.