休職をする

適応障害で休職延長の連絡をすることに迷いがなくなる【休職延長のメリット、デメリットを解説】

休職延長

親愛なる君へ

  • 「適応障害で休職延長の連絡がしづらい」
  • 「休職延長するメリット、デメリットを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

下記ツイートをしました。

休職延長することに対して迷いがなくなっています。
休職延長することを笑いに変えている自分がいました。
自分を笑えるようになるということは、客観的になり、乗り越えている証拠です。
「休職延長することに迷いがなくなり、罪悪感を乗り越えた」と感じました。
「もう大丈夫だ」そんな気がします。

本記事では、休職延長の連絡をする迷いがない気持ちを解説します。

この記事を読むことで、休職延長の連絡をする勇気を得ることができます。

 本記事の信頼性

本記事を書いている私は、2019年5月10日(金)で休職生活160日目です。
2018年12月より2ヶ月間、有給休暇で消化し、2019年2月より適応障害で休職しています。

休職延長の連絡をすることに迷いがなくなる

休職延長

上記ツイートを深掘りしていきます。

休職延長の連絡をすることに迷いなし

昨日、心療内科で『適応障害』の診断書を受け取り、上司へ7月17日までの休職延長の連絡をしました。

3回目の休職延長です。
休職延長の連絡をすることに何の迷いもありません。

以前、感じていた罪悪感も、今ではほとんどなくなりました。

在籍している会社員にどう思われようと、あまり気になりません。
言葉は悪いですが「会社を休めて羨ましいだろう。ざまぁみろ」くらいの気持ちです。

唯一、心にあるのは「会社にクビにされるのでは」の不安だけ

会社の規定では1年6ヶ月休職しない限り、クビにされることないはずですが「会社の経営陣から直接連絡がきたらどうしよう」という不安が頭をよぎります。

万が一、連絡が来ても冷静に考えてみれば、会社が原因で身体を壊されたのです。
堂々と「診断書の通り適応障害です。慢性蕁麻疹も治っていません」と伝えればいいだけの話。

大丈夫です。
心配事の9割は起こりません。

堂々と休めばいいのです。
何も悪いことも迷惑をかけることもしていません。

休職している人間がいても、仕事は回るように会社はできているのです。
人が一人くらい減ったところで問題ないのです。

5ヶ月間、会社を休んでいる

正確には2018年12月から2ヶ月間は有給休暇を使用。
2019年2月からの3ヶ月間は、適応障害のため無給で休職しています。
計5ヶ月間、会社を休んでいます。

こーいち
今では友人に会うと「150日連休を突破した」と笑いながら言えるようになってきました。

自分を笑えることは、客観的になっている証拠です。

以前は友人に会うたびに心の内を明かし、相談に乗ってもらっていたものです。
最近では相談することもなくなりました。
同時に休職延長の連絡をすることの迷いもなくなっていたのです。

迷いがなくなったので、相談することもありません。

以前に感じていた休職延長の罪悪感を乗り越えた

休むことに感じていた「罪悪感」を乗り越えるのに5ヶ月かかりました。

罪悪感を感じていた頃は、心は休めませんでした。
休職の仕事は『休む』です。
しかし、『休む』という仕事すらこなせないのです。

『休む』の別解は『遊ぶ』と気づいてからは、徐々に回復傾向です。

休めないなら、遊べばいいのです。

うつ病で休職していた経験者いわく、遊べるようになるのは良い傾向だそうです。
心療内科の先生に「遊べるようになりました」と告げると、「良い兆候です」と言われます。

今でも平日にはあまり休んだ気がしません。
ブログに没頭しています。
ブログには罪悪感は感じません。

ブログは自分にとっては仕事なので、罪悪感がないのです。

平日の夜は子供とゲームで遊んでいます。

こーいち
平日の日中に遊ぶことは、いまだに罪悪感がありますね。

休職期限1年6ヶ月を使い切る覚悟

休職期限の1年6ヶ月間を使い切るつもりです。
2020年7月末まで休職です。

時間が経つのは早いので、あっという間に休職期間は終わります。
それまで『適応障害』であり続けます。

自分を回復させ、取り戻すために、飽きるまで休職するのです。

今では自分が適応障害なのか、よくわからなくなっています。
ただ「会社には行きたいくない」ので、適応障害なのです。

これからも迷わず休職延長の連絡をする

会社から何か言われたら、『慢性蕁麻疹』がまだ治っていないことも盾にします。
2017年6月から発症した『慢性蕁麻疹』が治っていません。

・攻めの『適応障害』
・守りの『慢性蕁麻疹』

休職延長するだけの仲間の役割が整いました。

右手に『適応障害』を、左手に『慢性蕁麻疹』を、いつも心に『好きなこと』を。
必要なのは勇気だけなのです。

適応障害で休職延長をするメリット、デメリット

休職延長

適応障害で休職延長をするメリット、デメリットについて解説します。

適応障害で休職延長をするメリット

 休職延長のメリット

メリット

・仕事をしなくても傷病手当金がもらえる。
・心療内科で適応障害の診断書さえもらえれば、1年6ヶ月休職できる。
・履歴書には休職していることを書く必要はないので、履歴書に傷はつかない。

仕事をしなくても1年6ヶ月、給与の7割がもらえるのです。
休職は復活するための充電期間。
劇的な復活劇を見せましょう。

履歴書には休職歴を書く必要はありません。
もし転職する際に言わないことで良心が痛むなら、聞かれたら答えればいいのです。

適応障害で休職延長をするデメリット

 休職延長のデメリット

デメリット

・傷病手当金が給与の3分の2のため、収入が減る。
・キャリアに傷がつくため、元の会社に戻っても出世は見込めない。
・ずっと休んでいた負い目がある。
・新入社員や中途採用など知らない人が多い。
・部署異動の可能性がある。

デメリットは下記のとおり解決できます。

・傷病手当金が給与の3分の2のため、収入が減る→→→お金を払って休暇をとっていると思いましょう。会社によりますが健康保険、厚生年金を立て替えてもらいましょう。だいぶ楽になるはずです。会社への立て替え分は退職金で清算するケースも多いと聞いています。

・キャリアに傷がつくため、出世の可能性が減る→→→出世を諦めれば仕事を頑張る必要はないので楽です。出世できなくなるわけではありません。仕事を頑張りたいなら、いくらでも頑張れば良いのです。副業をやるチャンスもあります。

・休職期間が負い目になる→→→ここまで休職せざるを得ない状況に追い込んだ会社が負い目を持つべきです。

・休職中に新入社員や中途採用など知らない人が増えていく可能性がある→→→知っている人と新たに仕事をするよりは心機一転できます。転職したほうが知らない人が多くなります。

・部署異動の可能性がある→→→部署異動で新たな可能性を発掘します。部署異動は転職よりもリスクが少なく、生まれ変わることができます。

上記のとおり問題なしです。

休職延長に問題はありません

先のことを考えていても結論は出ません。

・会社に復職してうまくやっていけるか。
・復職した場合、どの部署になるのだろうか。
・うまく希望にあったところに転職できるか。
・転職先はブラック企業だったらどうしよう。

考えていても結論は出ません。

考えても結論や答えが出ないのは、問題じゃないからです。
問題のないものに答えはありません。

会社に復職しようが、転職しようが、休職を延長することに問題はありません。

診断書を証拠に、堂々と休みましょう。

転職や部署異動よりもリスクなく生まれ変わることができるのが休職です。
生まれ変わるために休職延長の連絡をするのです。

以上、『適応障害で休職延長の連絡をすることに迷いがなくなる【休職延長のメリットとデメリットを解説】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 休職延長の連絡をして生まれ変わろう。

関連記事休職して捨てたもの×9、得たもの×9【休職して1年がたちました】
関連記事適応障害のことが漫画でわかりやすく書かれた本【読書感想文・書評】
関連記事適応障害での休職から復職したくない理由【結論:言いたいことを言ってない】
関連記事【無料あり】休職中に転職を考えたらおすすめの転職サイト3選【選択肢を増やし心の余裕を得る】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.