生き方 ライフスタイルを書く

変化することで収穫があり、成長できる【作戦はいろいろやろうぜ】

変化

親愛なる君へ

  • 「日々、成長するにはどうすればいいか知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事を書いている私は、2019年5月24日(金)で休職生活174日目です。
日々、成長したくて、もがいてきました。

下記ツイートをしました。

【結論:成長したければ変化する】

1.いつもと違う階段を上ってみる(変化)

2.失敗する。

3.この階段を上ると失敗することがわかる(収穫)

4.違う階段を上ることが成功することかもしれないとわかる(収穫)

5.違う階段を上ってみようとやる気が出る(収穫)

収穫とは成長なのですね。

上記を深掘りしつつ、解説していきます。

本記事は、成長したい人に向けて書いています。

この記事を読むことで、変化することが成長につながると理解することができます。

変化することで収穫があり、成長できる【作戦はいろいろやろうぜ】

変化

ツイートを深掘りしつつ、順番に解説します。

1.いつもと違う階段を上ってみる(変化)

毎日、上っている階段があります。
何の考えもなく、思考停止で上れる階段です。
他の階段を選ぶ選択はありません。
同じ階段を選び、上っていきます。

その先に何が待っているのか。

待っているのは変化のない日常です。
変化のない日常でも、積み上げ式の成長があるかもしれません。
努力を継続することで成長できるからです。

もっと成長したいなら、いつもと違う階段を上ってみるべきです。

大事なことは別の階段を上ることでうまくいくかどうか、考えないこと。

別の階段を上ってみることで違う景色が見えます。

変化のない日常でも変えられることは無限にあります。

メモ

・通勤ルートを変えてみる。
・服装を変えてみる。
・髪型を変えてみる。
・言葉を変えてみる。
・読む本を変えてみる。
・ランニングコースを変えてみる。
・起きる時間、寝る時間を変えてみる。
・付き合う人を変えてみる。
・ブログの書き方を変えてみる。
・会議室の机・椅子の配置を変えてみる。
・よく行くファミレスを変えてみる。
・違うメニューを注文してみる。
・仕事の取り掛かる順番を変えてみる。

これ以上にも変えられることは無限にあります。
何でも変えられます。

変えることは、新しいことをしてみること

まず小さくてもいいから変えてみることが大事です。
たった一つだけでもかまいません。
変化を試してみるのです。

成長するためには、変化することが最初の一歩です。

2.失敗する(経験)

変化すると失敗します。
新しいことだからです。
失敗することは良いことです。
失敗するためにあえて変化するのです。

失敗することで恥を書くこともありますが、少なくとも経験値がたまります。
致命的な失敗でなければ、良い経験となり、失敗に慣れることができます。
「チャレンジ」がポジティブで良い言葉として捉えらるのは、チャレンジすることで失敗でき、経験値がたまるからです。

失敗に慣れることは、色々なことに挑戦しやすくなる

失敗のリターンは大きいです。

命や大きなお金を取られないなら、問題ありません。
色々なことを試してみましょう。

失敗は成功のもとだからです。

行動は成功のなのです。

3.この階段を上ると失敗することがわかる(収穫)

失敗することの一番の収穫は「この階段を上ると失敗することがわかる」ことです。

失敗することで「この階段は上ってはいけない」ことがわかります。
たくさんある階段のうちの選択肢が一つ減るのです。

変化(挑戦)することで、どうすると失敗するのかがわかる

・失敗の法則がわかる
・失敗の原因がわかる
・選択肢が減る
・経験値がたまる

大きな収穫です。

4.違う階段を上ることが成功することかもしれないとわかる(収穫)

失敗する階段がわかると、別の階段が成功の階段かもしれないとわかります。
消去法で階段を一つ消したからです。

残された階段のどれかが成功する、うまくいく可能性があります。
もちろん、残された階段をすべて試しても失敗するかもしれません。

その場合は「そこにある階段、全てが失敗する」とわかったことが収穫です。
また別のエリアへ移動して、階段を探し、試してみればいいのです。
これを撤退と言います。

5.違う階段を上ってみようとやる気が出る(収穫)

「別の階段を上ることで成功するかもしれない」とわかったことで、「別の階段を上ってみよう」というやる気が出ます。
成功するかもしれないからです。

やる気が出ることが、変化するメリットです。

新しい階段を上る→失敗する→違う階段を上る。

このループになります。
いずれ成功します。

「継続すれば成功する」の言葉の意味は、このことなのです。

大事なのは、ただ継続しても成長はありません。

失敗するとわかっている階段を、延々と上り下りしていても失敗しかないからです。

色々な階段を変化しながら試して、継続するということです。

試行錯誤しながら、続けることなのです。

変化することで収穫があり、成長できるのまとめ

変化

本記事では、変化することで成長できることについて書きました。

下記に整理します。

ポイント

1.いつもと違う階段を上ってみる(変化、新しいことを試す、挑戦)

2.失敗する(経験値がたまる、失敗に慣れる、失敗が怖くなくなり挑戦しやすくなる)

3.この階段を上ると失敗することがわかる(収穫)

4.違う階段を上ることが成功することかもしれないとわかる(収穫)

5.違う階段を上ってみようとやる気が出る(収穫、1〜5のループを繰り返す場合あり)

6.成功への階段が見つかる(収穫)

収穫とは発見であり、気づきです。
自分の成長なのです。

余談ですが、ファミコン版ドラクエ4で一番成長が早い作戦は「いろいろやろうぜ」です。
試行錯誤を繰り返すので、どんどん成長していきます。
ボス戦の弱点も見つけ、適切な攻撃をするようになります。

「いろいろやろうぜ」

現実世界でも有効な作戦です。

以上、『変化することで収穫があり、成長できる【作戦はいろいろやろうぜ】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 成長したければ、いろいろ変化してみよう。


▼「成長とは変化すること」を教えてくれたプロゲーマー梅原大吾さんの本を紹介します▼

関連記事誘惑の意味は、成長に誘われること【読書感想文・書評】
関連記事努力が報われないが、裏切らない理由を解説【結論:努力して損はない】
関連記事失敗から立ち直る方法は、気にしないで行動すること【結論:見る前に跳べ】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.