ライフスタイルを書く

慢性蕁麻疹、適応障害での休職を振り返る【人生最大のギャンブルをする】

投稿日:2019年5月2日 更新日:

ギャンブル

親愛なる君へ

  • 「慢性蕁麻疹、適応障害の休職生活について知りたい」

こんな疑問に答えます。

本記事を書いている私は、2019年5月2日(木)で休職生活152日目です。
下記ツイートをしました。

適応障害による鬱になる気持ちはあまり見られなくなってきました。
ブログやランニングによるルーティンワークによる効果だと感じています。
最近は旅行をしていないので、5月は1泊の旅をしようかなと思います。

ふと「最近は鬱の気持ちが少ない」ということに気づきました。
今まで心配事、不安感、様々な問題が、適応障害の抑うつ感を引き起こしていましたが、それが少ないのです。

平成も終わり令和になったので、一つの区切りとして慢性蕁麻疹、適応障害での休職生活を振り返ります。

本記事を読むことで、休職してから今までの概要を知ることができます。

慢性蕁麻疹、適応障害での休職生活を振り返る

ギャンブル

これまでの気持ちの変化を整理して、書き残しておきます。

大まかな流れは下記の通りです。

1.2017年6月に慢性蕁麻疹を発症し、本日現在までアレルギーの薬を飲み続けています。
2.2017年8月に心療内科を受診し、うつの薬、睡眠導入剤を処方され、本日現在まで飲み続けています。
3.2018年10月に我慢の限界で11月末で退職の希望を出すが、引き止められ12月より休職する(2ヶ月間の有給休暇を消化)
4.2019年1月中旬に適応障害の診断を受け、2月より休職生活に入る。

2018年12月の有給休暇から深掘りしていきます。

1.2018年12月〜 湘南マラソン、朝4時起きで勉強、バリ旅行、ハローワーク、セミナー、人に相談

2018年12月1日から人生初めての休職です(正確には12月から2ヶ月間は有休休暇を消化)
「休める。仕事をしなくていい」の嬉しさと、これからの少しの不安を抱きながらスタートしました。

とにかく「仕事をしていない」状態が、落ち着きません。
18年も仕事をしてきたせいか、休めないのです。
罪悪感にまみれて、社会から取り残された不安、未来への不安、時間がたつにつれて自分が暗くなっていくのがわかりました。

本当の意味で休めるようになるのは、退職してからかもしれません。
ツイッターを見ていても意外と多い意見です。
休職して1年経ってからようやく休めるようになってきた人や、退職してから休めるようになってきた人。
私も最初の3ヶ月は休めずにもがき続けました。
今ではブログに没頭しているので休みは必要ないです。
ブログが仕事であり、遊びであり、勉強なので、休みは土日だけあれば十分な気持ちです。

12月2日に湘南マラソンに先輩方と参加

フルマラソンに参加することで幸先の良い休職生活をスタートしたつもりでした。
「フルマラソンという大きなイベントを完走することで弾みをつける」というイメージです。
5時間21秒で完走しましたが、なんの達成感も残りません。
サブ4の自分からすると、散々な結果です。
うまく努力ができなかったこともあり、結果に満足はできませんでした。

朝4時に起きて英語、数学、社説の書き写しによる勉強

休職の1週目、平日は朝4時に起きて勉強開始です。
英数国です。
仕事をしていない身分なので「これくらいの勉強は朝飯前だ」と言い聞かせ、自分に鞭を打っていました。
自分を高めたかったのです。

・英語は必要に迫られていないのに過去に挫折したという理由だけで勉強。
・数学は論理的思考力を鍛えるために勉強。
・国語は社説を書き写すことで文章力を高めるために勉強。

今振り返ればコンプレックスの裏返しで勉強に駆られていました。
そんな勉強が楽しいわけがありません。
「したい」のではなく「しなければならない」でした。
休職2週目から早くも苦しさを感じるようになりました。

ブログは自分のための休職日記のみ毎日更新

旧ブログに自分の気持ちや考えたことをひたすら書いていくだけです。
気持ちを発散することができたので、意味はありました。
この時期に、MacBook Pro2018やゲーミングチェアや、
机を購入し、身の回りの環境を整えていきました。

友人と3泊5日のバリ旅行

休職して旅行する時間があるので、リフレッシュと自分を見つめ直す目的で友人とバリ島へ3泊5日の旅行の出かけました。
自分探しの答えは見つかりません。
旅行に行っただけ見つかるわけがないのです。
ひたすら今後どうすべきか考えていましたが、何も見つからず自分探しの無意味さを痛感しました。

会社に戻るのか、戻るのであれば同じ営業部か、それとも違う部署か、違う部署であればどの部署か、経理か手配か新規営業部か。
会社に戻らないのであれば、転職か。
転職するのであれば同業他社か、異業種か。
同業他社ならどこか、異業種ならどこか。

ひたすら自問自答の毎日です。
延々と考え、会社の先輩・後輩にや辞めた人、友人、姉に会い、ハローワークを見学に行き、怪しいセミナーに参加し、静岡に旅行する。
とにかく行動を続けました。

動いていないととにかく不安なのです。

年末になる頃には「会社の新規事業の部署に戻るのが、心機一転、新しいチャレンジで良いのではないか」と考えるようになっていきました。
今振り返れば、消去法での選択です。
これが最善だと信じていました。

2.2019年1月〜 カウンセリングセミナー、同業他社の見学、会社の先輩・後輩、姉、友人と会う、オープンカウンセリング、心療内科で診断書、ブログセミナー、一人飲み、厄除け、アタッチメントセミナー、九星気学カウンセリング

思いつくもの、目にとまるもの、片っ端から行動していきます。
休職の回答期限1月15日までに会社に戻るか、辞めるかの返事をしなくてはなりません。
2択です。

復職希望の回答をするが撤回し、休職延長をする

明確な答えが得られないまま半ば強制終了のような形で、1月15日の回答期限がやってきました。
とりあえず復職する意思を上司に連絡しましたが、あとで本心ではないことに気づきます。
先輩のアドバイスで心療内科に行くと『適応障害』と診断されました。
診断書をもらえたので、今までタブーとしていた休職の延長をすることにしました。
3月17日まで延長です。

抑うつ気分になりカウンセリングを受ける

年初に受けたカウンセリングセミナーで過去のトラウマが今に影響を受けていることを知り、いろいろなカウンセリングに出てみることにしました。
カウセリングを受けると必ず気づきがあります。
次にどうするべきかの気づきです。
カウンセリングは自分を楽にしてくれました。
絡みあった問題をすぐに綺麗にほどくことはできませんが、ほぐしてくれました。

3.2019年2月〜 ひとり旅(奥日光温泉、瀬波温泉)、整体、ひとりカラオケ、ドラクエ11

久しぶりの国内ひとり旅

九星気学のカウンセリングの先生のアドバイスで栃木県・奥日光温泉と新潟県・瀬波温泉へ行きました。
久しぶりの一人旅での国内旅行です。
新鮮な気持ちになることができ、楽しむことができました。
特に瀬波温泉では現地での出会いもあり、相談にのってもらえ、帰ってきてからお礼状を送りました。
旅行から帰ると『やる気』が出てきていることがわかりました。
読書のやる気、ブログのやる気、いろいろな方面に対するやる気です。
『方位を取る旅行』は効果があります。

整体の先生のおかげで遊びの大切さに気づく

整体の先生との出会いも価値観をひっくり返してもらえ、遊ぶことを重要視するようになりました。
プレイステーション4とドラクエ11を買い、子どもと一緒にプレイするのです。
昔のワクワクした気持ちを取り戻すことができ、少しずつ回復していたような気がします。
平日のひとりカラオケ、ひとり飲み、ドラクエ11、ようやくダラダラと遊べるようになってきたのです。

4.2019年3月〜 義母に背中を押されブログに没頭し、鬱を抜け出す

義母に背中を押してもらう

亡くなった義母に肩を叩かれた感じがして、ブログに没頭するようになりました。
スピリチュアル体験です。
メッセージは「やりたいことをやりなさい」です。
霊感は強くないですが、この時ばかりは信じられました。

ずっとブログをどうしようか迷っていたのです。
「ブログは稼げないから頑張っても無意味だろう。これから何をしようか」と迷いがあったのです。

シンプルにこれしかないのです。

理想のルーティンワークにたどり着く

義母のおかげで朝5時起床でブログ、読書、ランニング、子どもとゲームのルーティンワークを繰り返します。
休職して3ヶ月がたち、ようやく道を見つけられました。
ひたすら休職延長をしつつ、自分の好きなことをやり、嫌なことをやめる決心がついたのです。
あんなにタブーにしていた休職延長を打ち破り、今はこの生活を守るために必死です。

タブーを破ることで手に入れた生活です。

誰にも壊されたくない。
没頭して成長して、みんな幸せになる。

人生で一番幸せで充実している時かもしれません。

鬱の気持ちを抜け出す

気づいたら抑うつ状態はあまり見られなくなっていました。

「好きなことをやろう」と思い、実際に行動するまで3ヶ月かかっているわけです。
遠回りしてきましたが、遠回りしてきた分、決意は固いです。

嫌なことをやめ、好きなことをする。

シンプルな言葉の重みを感じることができるようになったのです。

慢性蕁麻疹、適応障害が治らない自分に休職期間を投資し、人生最大のギャンブルをする

ギャンブル

慢性蕁麻疹、適応障害が治らないため、5月17日まで休職延長

なぜ慢性蕁麻疹、適応障害がいまだに治らないのかわかりません。

・単純に治らないのか
・休職延長する理由として体が協力して治らないでいてくれているのか

後者だと感じています。

休職生活には傷病手当金がもらえる1年6ヶ月という期限があることは承知しています。
会社から完全に離れない限り、病気は治らないんじゃないかと思います。
会社が原因で蕁麻疹、適応障害を発症したのです。

原因となった根本を取り除かない限りは治らない。

そんな気持ちになっています。

休職期間を自分に投資する

今は生まれ変わるためにもブログに人生を賭け、自分に全財産を賭けています。
傷病手当金だけでは生活できないので、自分の貯金を切り崩しながら生活しています。
貯金を切り崩しながら、休職の時間でブログを書いているのです。

貯金を自分に賭けて、自分につぎ込んでいるのです。

自分には賭ける側を選べます。
誰にでも選ぶことができるのです。
自分に賭けないことも可能です。

最も確実な投資は自分に賭けることです。
信じた自分に全財産と時間をつぎ込んでいるのです。
つぎ込んだものは自分に残ります。

たとえ成功できなくてもかまわない。
リターンがなく全財産を失っても後悔はしない。

自分に期待はしませんが、自分を信じて賭けるしかありません。
好きな生活をしている自分であれば、信じて賭けることができます。

自分にできることは、ただひたすらと淡々に書き続けるだけです。

休職を選んだ自分、休職に追い込んだ上司や会社、身の回りの環境の全てに感謝します。
一時的にでもこの生活をくれたのです。
神様にはもらった時間をどう使うか試されているような気がします。

試したいなら試せばいい。

自分の信じた道を一歩一歩、積み重ねて歩くだけです。

こーいちより

P.S. 自分に賭けよう。

関連記事自己紹介


関連記事適応障害のことが漫画でよくわかる本【読書感想文・書評】
適応障害
適応障害
適応障害のことが漫画でわかりやすく書かれた本【読書感想文・書評】

親愛なる君へ 「適応障害のことがわかりやすく書かれている本を知りたい」 「自分が適応障害かどうか知りたい」 「適応障害だけれど治るのかな」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 『なんで私が適応障 ...

続きを見る


関連記事小学生低学年の子供とゲームをするなら、ドラクエ11をおすすめする5つの理由
ドラクエ11
ドラクエ11
小学生低学年の子供と一緒にゲームをするなら、ドラクエ11をおすすめする5つの理由

親愛なる君へ 「小学生低学年の子供と一緒にゲームをすることが無駄じゃないか」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 今まで小学生の子供と一緒にゲームをすることは無駄な時間と思っていました。 本記事 ...

続きを見る


関連記事適応障害で休職中の過ごし方【ルーティンワークを公開】
ルーティンワーク
ルーティンワーク
適応障害で休職中の過ごし方【ルーティンワークを公開】

親愛なる君へ 「適応障害で休職中の過ごし方について知りたい」 「休職中のルーティンワークを知りたい」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 本記事を書いている私は、適応障害で休職生活101日目です ...

続きを見る


関連記事ブログに没頭する休職生活に飽きてくる【飽き、慣れを打破するために新しいことを始める】
休職生活
ブログに没頭する休職生活に飽きてくる【飽き、慣れを打破するために新しいことを始める】

親愛なる君へ 2018年12月1日から2ヶ月間、有給休暇を取りました。 会社を退職するにあたり、引き止めにあったからです。 2019年2月1日より適応障害のため、現在まで休職生活しています。 2019 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,361冊/漫画1,320冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで3,000mを泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード4)で遊び、ときどき旅をしています。

-ライフスタイルを書く
-,

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.