休職日記を書く

退職はせず、適応障害のため休職延長することを決め、横須賀中央で姉と朝まで飲んだ理由【 2019年3月14日(木)休職日記 】

投稿日:2019年3月14日 更新日:

朝まで飲む

親愛なる君へ

2019年3月14日(木) 休職生活104日目です。

本記事では、退職はせず、適応障害のため休職延長を決め、横須賀中央で姉を朝まで飲んだ理由について書いています。
この記事を読むことで、今日1日、何を思い、考えたのかを知ることができます。

退職はせず、適応障害のため休職延長を決め、横須賀中央で姉と朝まで飲んだ理由【 2019年3月14日(木)休職日記 】

朝まで飲む私には6つ上の姉が一人います。
姉は何度も家出をして、何年も帰ってこなかった時もありました。
一緒に過ごしていない空白の期間があります。
今、時間を取り戻しています。

1.皮膚科での血液検査の結果、アレルギーはほとんどなかった

アレルギー

「蕁麻疹の原因はアレルギーと思っていませが、万が一ということもあります。
モヤモヤした気持ちを消すために、アレルギー検査の結果を受け取りに病院に向かいまいした。
12時過ぎに病院に着くと、待ち時間はなく診療してもらうことができました。
予想していたことですが、検査結果に大きなアレルギー反応はなかったです。
若干のアレルギー(シラカンバ、ハンノキ、カニ)はありましたが、強いものではないです。
シラカンバ、ハンノキは聞いたことがありません。
調べたところ、どちらも落葉樹の一種で花粉に関係します。

ともにカバノキ科の樹木です。
ハンノキは全国に自生し、スギにやや先行して花粉を飛散させます。
シラカンバは北海道の花粉症の代表的なアレルゲンです。
モモやリンゴなどのOAS(口腔アレルギー症候群)を合併することも報告されています。

蕁麻疹の原因がアレルギーではないことがわかり、モヤモヤした気持ちが晴れてスッキリした気持ちになれました。
「ひょっとしたら蕁麻疹はアレルギーのせいなんじゃないか」と疑いながら、生活するのはあまり良いものではありません。

まだまだ自分のことで知らないことがたくさんある。

新鮮な事実です。

2.心療内科で『適応障害』の診断書を受け取り、退職はせずに5月17日まで休職延長を決める

心療内科

休職を5月17日まで延長しました。
13時30分に予約した心療内科で『適応障害の診断書』がもらえたのです。
病院に行く前は不安でした。
診断書がもらえるかどうか、わからないからです。
「どうしたいのか」自分の本心も見えなくなっていたところでした。
休職延長せずに退職することも選択肢の一つですが、仕事自体する気が起きません。

いまだに治らない蕁麻疹の体の声を聞くようにして「休職を延長したい。今の生活を手放したくない」という気持ちを聞き取りました。
正直なところ自分が適応障害なのか自信もないのですが、症状の「不安感、抑うつ状態、不眠」は事実です。
とりあえず休職を延長させてくれた体に感謝します。

延長ができたら、別の不安感が襲ってきました。
「この先どうなるのだろう」ということです。
先の見えない今の生活が、不安にさせます。

休職中に読んだジャズ漫画『BLUE GIANT』の主人公のセリフ「へでもねえや」が思い出されます。

気にしてもしょうがない。

好きなことをやり、嫌なことをやめる。

今はそれだけです。

▼3巻くらいから毎巻泣けるオススメの漫画はこちらです▼

3.横須賀で姉と5軒ハシゴをしながら朝まで飲むことで、過去のトラウマを薄める

ビール

横須賀中央駅で17時過ぎに姉と待ち合わせをし、5件のハシゴ酒です。

横須賀中央で飲んだ5軒のお店

1軒目『ゆめや』 カウンターのみ。料理はママのおまかせ。落ち着く。何を食べても美味しい。
2軒目『Cafe Bar椿』  カウンターとボックス席が少し。ママが明るく面白い。雰囲気良い大人のBar。カラオケあり。
3軒目『夢のつづきへ』 コの字型のカウンターのみのスナック。ママの雰囲気も明るい。流れる曲も30〜40代好みのJ-POP
4軒目『菜の花』 カウンター6席のみのスナック。落ち着く。カラオケあり。
5軒目『Dragon screw』 カウンターとソファ席の会員制BAR。ママは男性で明るく笑いが絶えないトークが炸裂します。

どのお店のママも明るく綺麗です。
最後は『菜の花』に戻り、朝4時過ぎまで飲みました。
朝まで飲んだのは久しぶりです。
眠らない街、横須賀を堪能してきました。

もともと朝まで飲むつもりはありませんでした。
休職を延長した解放感から、ついつい飲んでしまったのです。
お店で隣り合わせた人と会話をすると、相手が鏡となって自分の本音が見えてきます。

朝まで飲んだ一番の理由は、姉と話すと過去の家庭環境のトラウマが薄れていくことです。

「幼少期はああだったね。こうだったね。親はこうだったよね」と会話をしていくと、焼酎の濃さとは裏腹にトラウマが薄れていくのがわかります。
今まで気になっていても姉に聞くことができなかった過去が、夜明けとともに少しずつ明らかになるにつれて、少しずつ心が軽くなっていきます。
少しでも心が軽くなるのは、今の自分には大きいことなのです。

お店の写真を3軒撮りましたので、ご参考ください。

▼『ゆめや』の入り口

▼『椿』の入り口。
お店の名前は横須賀の軍艦にちなんでいます。
▼清潔感のある『菜の花』の店内。▼『菜の花』のカウンター内。
奄美大島の黒糖焼酎『れんと』もあります。
また休職を延長して、遊びに来ます。

こーいちより

P.S. 横須賀でハシゴして飲もう。

休職104日目に実行したこと

●心
・部屋に掃除機をかける、アイロンがけをする、風呂掃除をする。
・音楽を聴く(FIELD OF VIEW)

●技
・ブログを書く(朝5時に起床して自宅で2時間、デニーズで2時間、自宅で1.5時間)

●体
・デニーズでコーヒーを飲む。
『ゆめや』『CafeBar椿』『夢のつづきへ』『菜の花』『Dragon screw』で飲む。

●旅
・皮膚科へ行く。
・心療内科へ行く。
・横須賀へ行く。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2018年12月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,333冊/漫画1,311冊)、10kmを走り(月150km/サブ4達成 )、子どもとドラクエ11で遊び、ときどき旅をしています。

-休職日記を書く
-, ,

Copyright© クロニクル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.