>> 休職をする

適応障害で休職して6ヶ月すると本格的に飽きてくる【ノマドの生き方とは】

休職6ヶ月飽きる

親愛なる君へ

こんにちは、こーいちです。
適応障害で休職してから、6ヶ月がたちました。

先日、下記ツイートをしました。

休職して6ヶ月がたち、休職に飽きてきました
2018年12月より2ヶ月は有給休暇を消化
2019年2月より適応障害で休職
2月、3月、4月、5月、6月、7月で6ヶ月間がたちました
有給を入れると8ヶ月が経過
休職に飽きてきたので、毎日変化を取り入れるようにしています
飽きっぽいので変えていくしかないです

休職に飽きてきました。
マンネリです。

7月に「少し飽きてきた」とブログに書いたばかりです。
8月に入り、本格的に飽きてきました。

本記事では、6ヶ月以上の休職生活の飽きを打破する工夫について書いています。

この記事を読むことで、休職の飽きを打破する行動、考えを知ることができます。

適応障害で休職して6ヶ月すると本格的に飽きてくる

休職6ヶ月飽きる

休職して6ヶ月もすると変化のない毎日に飽きてきます。
最近は、本格的に飽きを感じてきました。

休職する前は休職生活に飽きることが、想像できませんでした。

ルーティンワークを壊す

どんどん変化を取り入れて、毎日に少しでも刺激を入れる必要があります。
ルーティンワークを破壊することで、毎日を新鮮なものに変えていきます。

具体例は下記の通りです。

・朝4時にファミレスに行き、ブログを書く。
・奥さんに弁当を作ってもらい、スーパーのイートインコーナーで食べる。
・奥さんにおにぎり弁当を作ってもらい、車で移動中(図書館→プールなど)に食べる。
・週に1回は朝5時00分からランニングをする。
・週に2回はプールで泳ぐ。
・週に2回は筋トレをする。
・金曜日は飲みに行く。
・月に1度は外泊をして、ブログ作業に没頭する。

上記の変化を反映させた時間割は、下記の通りです。

同じような日を作らないことがポイントです。

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
朝活4時〜7時ブログブログファミレスでブログランニング+ブログブログ
朝食ファミレス自宅ファミレス自宅自宅
午前中ファミレスでブログイートインでブログファミレスでブログ+在宅で読書1冊遠くのファミレスでブログ在宅で読書1冊+図書館でブログ
昼食おにぎり弁当自宅自宅ファミレスイートインで弁当
午後水泳在宅で読書1冊筋トレファミレスで読書1冊イートインでブログ
夕方読書1冊ランニングカフェでブログ在宅でブログ水泳
夕食自宅自宅自宅自宅飲み会または    レストランでブログ
子供とゲーム子供と遊ぶ子供とゲーム    早めに就寝子供と遊ぶ飲み会または    レストランでブログ

▼下記記事で詳しく解説しています▼
関連記事小学校の時間割表から気づきを得て、自分の時間割表の作り方を解説【結論:曜日ごとに作業場所・食事場所を変えることで生産性を高める】

考えられる限りの変化を取り入れています。

ひたすら場所を変えることで生産性を上げていくのです。
ノマドライフのメリットです。

関連記事ノマドになるには。ノマドの生き方とは何かがわかる本【読書感想文・書評】

新しい人間関係を取り入れてみる

休職生活に飽きた原因は「人間関係に変化がないからではないか」仮説を立てました。

現在の人間関係は下記です(カッコは会う頻度)

・奥さん、子ども(毎日)
・実家の親(月1回)
・友人(月に1回、年に1回旅行)
・会社の先輩(月に1回)
・横須賀の姉と、姉のお客様(月1回)
・会社員時代の私のお客様(2ヶ月に1回のお客様と、1年に1回のお客様)
・一人飲みの居酒屋(月1回)
・心屋男子の会の友人(2ヶ月に1回)
・マナブさんのBlogLigeサロン(期間限定)
・トニーさんのTwitterの筋トレ部
・会社員時代のランニング部(現在は活動休止)

平日の日中は常に一人なので、人と会話をしていません。

たくさんの人と会い、人間関係に刺激を取り入れた方が良いと感じます。

新しいコミュニティへの参加。

ブロガーズフェスティバル2019(3月24日)でお会いしたライターさんと、8月10日(土)に会う約束をしました。
執筆もくもく会です。

>> 執筆もくもく会

休職生活に飽きてきたタイミングで、このお誘いは有難いことです。
休職の飽きが壊れる刺激になることを期待します。

セミナーへの参加。

気になるセミナーやイベントがあれば、参加して刺激を入れていきます。
中谷彰宏さんのセミナー『中谷塾』も関心があります。

>> 中谷塾

関連記事ブロガーズフェスティバル2019へ行き、価値観がひっくり返る

ノマドの生き方で、6ヶ月以上の適応障害に刺激を入れる

休職6ヶ月飽きる

様々な場所で仕事をする「ノマドの生き方」に憧れています。
最近は「ノマドの生き方」でひたすら場所を変えながら仕事をしています。
6ヶ月以上の適応障害に刺激を入れるのです。

初めての場所で仕事をする

小さい頃から知らない場所に行くことが好きでした。
知らない場所に行くとワクワクするのです。

知らない場所に行くことができる添乗員の仕事は、自分に合っていると感じています。
現在は休職しているので添乗員はできませんが、知らない場所に行くことはできます。

ノマド場所

・ファミレス
・レストラン
・カフェ
・図書館
・スーパーのイートインコーナー
・コンビニのイートインコーナー
・カラオケボックス
・コワーキングスペース
・電車内
・飛行機内
・空港
・駅
・公園
・海

自分を飽きさせないために、知らない場所で仕事をするのです。
延々と知らない場所を求めて、移動を繰り返します。

知らない場所に行くことが好きな私としては、理想の働き方です。

全世界を仕事場にしたい気持ちになってきました。
いずれは海外でもブログを書きたいです。

変化を組み合わせることで刺激をつくる

人生がつまらないと感じるなら変化のチャンスです。

大げさに変化する必要はありません。
小さな変化で良いのです。

変化は自分をワクワクさせます。
変化の組み合わせが刺激です。

・国×音楽×料理×ブログ記事
・映画×音楽
・洋服×レストラン
・人×場所×ブログ記事
・ランニングウェア×ランニングコース
・読書×場所
・ゲーム×人

上記に全て「新しい」という言葉をつけてみます。

・新しい国×新しい音楽×新しい料理×新しいブログ記事
・新しい映画×新しい音楽
・新しい洋服×新しいレストラン
・新しい人×新しい場所×新しいブログ記事
・新しいランニングウェア×新しいランニングコース
・新しい読書×新しい場所
・新しいゲーム×新しい人

「新しい」を付けるだけで、新鮮でワクワクした気持ちになれます。
いつもの日常が全く違って見えてくるのです。

新しいことをするのです。

「飽きた」「つまらない」「面白くない」の声が聞こえてきたら、変化するタイミングです。
新しいことを意識的に取り入れるのです。

常に新しいものを求めて動き続けるのがノマドライフです。

適応障害で休職しても、自分のやりたいことをやりたいようにやる

休職6ヶ月

新しいことをやることには勇気が必要な時もあります。
休職の延長には勇気がいります。

周りの人から下記のように思われる可能性があるからです。

・常識から外れている
・普通の人生を送れない
・社会復帰できない
・馬鹿にされ、人に笑われる
・人にいらない心配をされる

周りの人を気にしてしまうのは、仕方のないことです。
仕方のないことですが、周りを気にして、自分のやりたいことを辞めてしまうのはもったいないです。

・周りの人の目を気にしてもOK
・ただし、自分のやりたいことはやる

人の目を気にして、自分を押し殺すことはしてはいけません。
楽しくないです。
面白くない人生を歩みたい人は、自分を殺せばいいだけです。

面白い人生を歩みたい人は、自分のやりたいことをやりたいようにやりましょう。

私は適応障害で休職しようが、やりたいことをやりたいようにやります。
誰になんと言われようと関係ありません。

周りからどんな目で見られようが、いつも気持ちは「屁でもねえや」なのです。

以上、『適応障害で休職して6ヶ月すると本格的に飽きてくる【ノマドの生き方とは】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 変化を組み合わせて刺激を作り出そう。

関連記事適応障害での休職から復職したくない理由【結論:言いたいことを言ってない】
関連記事ブログに没頭する休職生活に飽きてくる【飽き、慣れを打破するために新しいことを始める】
関連記事【無料あり】休職中に転職を考えたらおすすめの転職サイト3選【選択肢を増やし心の余裕を得る】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.