Web Writing

文章の書き方を学ぶ価値と、中谷 彰宏のおすすめ文章本4冊【短文、読みやすく、わかりやすい】

2020年1月22日

中谷 彰宏文章の書き方おすすめ本
  • 「文章の書き方は勉強する価値はあるかな?」
  • 「文章の書き方はどの本で学べばいいの…?」
  • 「中谷 彰宏のおすすめ文章本はありますか?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

文章の書き方を学ぶ価値
中谷 彰宏のおすすめ文章本4冊

 本記事の信頼性

ブログ歴:2019年1月にブログ開設
ブログ実績:過去最高は月62,000PV、月54,000円(確定)

中谷 彰宏歴:1996年4月から読んでいます。

「文章の書き方」が書かれた書籍は多いです。
どの本で学べばいいか、わからなくて当然です。

私もそうでした。
ブログの文章力を上げたくて、読み漁った本は30冊以上。

下手な本に手を出すと、時間のムダに終わります。

そこで本記事では、私が読んでよかった中谷 彰宏のおすすめ文章本4冊について解説します。

この記事を読むことで、「文章の書き方を学ぶ必要があるの?」という状態から、「中谷 彰宏の文章本で文章の書き方は極めた」という状態に変わります。

まずは「文章の書き方を学ぶ価値」から解説していきます。

文章の書き方を学ぶ価値と、中谷 彰宏のおすすめ文章本4冊

中谷 彰宏おすすめ本

文章の書き方を学ぶ価値なんてない?

「文章の書き方」を学ぶ価値はあります。

なぜなら、「文章の書き方」を学ぶと「読まれる文章」が書けるからです。

文章を書くことはアウトプット。
ただアウトプットするだけでは、読まれる文章は書けません。

読まれる文章を書くためには、「文章の書き方」を知る必要があります。

 アウトプットの公式は、以下のとおり。

アウトプット(読まれる文章)=インプット(知識、経験)× 手段(文章の書き方)

文章を書くことは、誰にでもできます。

誰でもできるからこそ「文章の書き方」を学ぶことで、アウトプットに差がつくのです。

「文章の書き方」を知らずに文章を書くのは、「泳ぎ方」を知らずに海に飛び込むようなもの。

なぜ本で学ぶの?

本を読む人が少ないからです。

根拠は下記のとおり。

ビジネスパーソンの6割は月に1冊も本を読みません。
» 参考サイト(700人のビジネスパーソンを対象に調査)

1日30分以上の読書をする人は、たったの2%。
» ビルゲイツなど、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍

「文章の書き方」を本で学ぶ人は、さらに少ないです。

本を読んで、文章を書くだけで希少価値になれるのです。

中谷 彰宏の文章本を読むなんて面倒?

なぜ中谷 彰宏の本なの?

著作に信頼性があるからです。

 中谷 彰宏の本の信頼性

1.著作1,000冊以上
2.年間250万部、売れている
3.中谷塾で文章講義を多数開催

根拠は下記のとおり。

中谷 彰宏さんはバケモンです。
ギネス級の文章量です。

今回紹介する本は4冊のみ。

1,000冊以上書いてきた中谷 彰宏さんの著作の中で、「文章の書き方」について書かれた本は4冊だけです。

 4冊に共通している3つのポイント

1.短文
2.読みやすい
3.わかりやすい

中谷 彰宏さんは、徹底した短文主義です。
短く、読みやすく、わかりやすい文章が刺さります。

文章ノウハウがつまった、おすすめ文章本4冊を紹介します。

文章の書き方が学べる中谷 彰宏のおすすめ文章本4冊まとめ

中谷 彰宏の本

おすすめ本を4冊、新しい順に紹介します。

順番に解説していきます。

1.『好かれる人が無意識にしている文章の書き方』

✔︎ 本書はKindle Unlimitedで無料で読めます。
✔︎ 無料体験中(30日)に解約すれば、お金はかかりません。
» Kindle Unlimited | 299円で2ヶ月間お試し

2019年1月に発売された本です。

文章には「うまい」「へた」以前に、「好かれる文章」と「嫌われる文章」があります。

「好かれる文章を書くためのコツ」が書かれています。

サラリと書く方法
広告臭くない文章とは
加齢臭のある文章とは

このあたりは参考になります。

本書を読んで「今まで書いてきたことは何だったんだ」と思えました。
ブログは全記事リライトです。

「文章の書き方」を豊富な具体例から学べます。

 グッときたところベスト3

【第1位】自分の言いたいことより、読み手が知りたい解決策を書く
【第2位】「きっと…でしょう」ではなく、「…です」と言い切る
【第3位】体験したことは書ける。書くために体験したことはイヤらしくなる

文章は自分のためではなく、読者のためにある。

読者ファーストの大切さを痛感する一冊です。

好かれる文章の書き方がわかる本です。

詳しくは下記記事で解説しています。

»『好かれる人が無意識にしている文章の書き方』中谷 彰宏【著】をチェックする

2.『1秒で刺さる書き方』

読まれるブログを書きたい方に最適です。

離脱されないポイントがわかりやすく書かれているからです。

本書を読みながら、何度もブログを書き直しました。

繰り返し読みたくなる本です。

 グッときたところベスト3

【第1位】読んだ人が、人に話したくなり、行動したくなり、ハッピーになる
【第2位】読む人は忙しい。1秒が勝負のサドンデス
【第3位】一番言いたい1文に、マーカーを引く。その前を、バッサリ削除する

少し厳しい言葉も書かれています。

刺さる文章の書き方が学べる一冊です。

詳しくは下記記事で解説しています。


»『1秒で刺さる書き方』中谷 彰宏【著】をチェックする

3.『短くて説得力のある文章の書き方』

「ブログが読まれない」
「スラスラと文章を書きたい」
「短くて説得力のある文章を書きたい」

こんな疑問を解決する本です。

刺さる言葉は短いです。

博報堂で広告の仕事をしていた著者だからこそ、キャッチコピーのような短い文章が書けるのです。
短く説得力のある文章を書きたい人は、読んで損しません。

どのページを開いても、ついつい読んでしまう一冊です。
つまみ食いをするように読むのもありです。

 グッときたところベスト3

【第1位】「書くことがむずかしい」という人は、むずかしく書いている
【第2位】思いついた順番が、一番わかりやすい
【第3位】どんなに文章を短くしても、タイトルのない文章は読まれない

刺さる言葉は人それぞれ。
自分だけの言葉が見つかります。

徹底した短文主義の著者のノウハウが学べます。

詳しくは下記記事で解説しています。

»『短くて説得力のある文章の書き方』中谷 彰宏【著】をチェックする

4.『人は誰でも作家になれる』

文章を書く気持ちがなくなったときにおすすめしたい本です。

背中をそっと押してくれるからです。
最初の1歩を踏み出す勇気がもらえます。

とりあえず「中谷 彰宏の本とは、どんな感じだろう」と思う方は、入門としてサクっと読んでみると良いです。

 グッときたところベスト3

【第1位】たくさん書いて、力みを取ろう
【第2位】書き直しなんか後でいい
【第3位】書きたいことから書けば、書き出せる

文章を書く勇気がもらえます。

文章が書けなくなった人は読んでみるのもありです。

詳しくは下記記事で解説しています。

»『人は誰でも作家になれる』をチェックする

【まとめ】文章の書き方で悩んでいる人は、中谷 彰宏の文章本から学ぶのもあり

中谷 彰宏おすすめ本

 中谷 彰宏のおすすめ文章本4冊

「文章の書き方」に関する本は、Amazonで検索すると2,000冊以上。
他にもおすすめの本はありますが、今回は中谷 彰宏さんに特化して紹介しました。

文章上達には時間がかかります。
書いた量に比例します。

とにかく書き出さないと何も始まりません。

できていないことばかりですが、1つずつ「文章の書き方」を実践しています。

1回で身につく本はありません。
書いた経験と、本の知識がかけ合わさり、初めて血肉化します。

文章で悩んでいる方は、読んでみるのもありです。

こういちより

P.S. 中谷 彰宏さんから、文章の書き方を学んでみよう。





 無料体験で読み放題(※ 無料期間中に解約すればお金はかかりません)

U-NEXT | 31日間無料で本が読み放題 
本だけでなく映画ドラマアニメが見放題。

Amazon Audible | 60%OFFで3ヶ月間お試し
通勤や車の移動中に本が聴けます。

Kindle Unlimited | 299円で2ヶ月間お試し
本、マンガ、雑誌、写真集など合計200万冊以上が読み放題。

関連記事中谷 彰宏の本『成功者になるためにシリーズ』5冊まとめ
関連記事中谷 彰宏の読んでおきたい本『50のヒントシリーズ』8冊まとめ

-Web Writing

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.