ビジネス 本を読む

パクる前に跳べ【読書感想文】『パクリジナルの技術〜何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか〜』木下晃伸【著】

投稿日:2019年4月24日 更新日:

パクリジナルの技術

親愛なる君へ

『パクリジナルの技術』木下晃伸【著】を読みました。

本書の肝は『誰からパクるのかが一番重要』ということです。
ここがスタート地点です。
パクる人を間違えたら意味がないと感じます。

この本では「この人うまくいっているなぁ、この人すごいなぁと思う憧れ人を、とにかくパクリましょう。パクり続けているうちに勝手に『オリジナル』のある人になっていく」と述べられています。

自分の憧れの人を徹底してコピーすることは、意識しないとなかなかできないことです。
才能に差がありすぎると感じてしまうからです。
たくさん憧れる人はいますが、なかなか真似ができないのです。

本書では自分の憧れる『奇才』に実際に会い、刺激を受けることを勧めています。
この本を読んで私も「もっと人に会おう」と意識が変わりました。

本書を読めば行動が変わる。

そう思わせてくれる本でした。

書名:『パクリジナルの技術』
著者:木下晃伸
文庫:206ページ
出版社:経済界
発売日:2012/12/15

こんな人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 取り柄もなく努力してもうまくいかない人。
  • 目標が見つからない人。
  • 自信がなく、なかなか一歩が踏み出せない人。

自分のこころにグッときたところベスト3

第1位 カンニングして、コピーして、フライングしながらハッタリをかます

 

これが『パクリジナルの技術』です。

カンニング、コピーは理解できます。
「徹底して真似をする」ということだからです。

「フライングしながら、ハッタリをかます」がうまく想像ができませんでした。
本書では「準備ができていなくてもどんどん行動していこう。何もなくても大風呂敷を広げてハッタリをかましていけば、帳尻が合うように奇才に近づいていく」と述べられています。
孫正義さんなど著名人たちは皆、フライング、ハッタリの天才なのです。

何もない時からあるように見せることで、自分の実力を引っ張り上げる大切さ。
「変に謙遜する必要もないのだな」と感じます。

「変な謙遜は自分の実力と自己肯定感をさげるだけでしかないのだ」と。

本書を読んで「どんどん行動しよう」と思いました。

パクる前に大事なのは、いつも『見る前に跳べ』なのです。

第2位 どうせパクるなら奇才をパクれ!

だから、パクリジナルの技術を活用したとき、必ず言葉をパクらなければいけないのです。オリジナリティーを発揮するときには必ず言葉を発しないといけない。黙っているより話したほうがいい。声が小さいよりは大きいほうがいい。表現力こそ人間力であれば奇才の表現力を自分のものとして、あなた本来の自分に近づいていけばいいのです。
どうせパクるなら奇才をパクれ!
そして、パクるのであれば、直接懐まで踏み込んで、奇才の細部までパクりまくれ!

奇才をパクるために奇才に直接会い、懐まで踏み込んでいくことの重要さを感じました。

奇才ほどの高みにいる人に会うことは勇気がいることです。
「どうせ自分なんて」と思ってしまうからです。
本書ではそんなことを思うよりも「まず会いなさい」と説かれています。
「著名人たちは皆そうしてきたのだ」と。

今よりも成長したいなら、まず会うことが重要なのです。

会うことで人生を変えるキッカケになるかもしれません。
人は人に会うことで劇的な変化をすることがあります。

まずは奇才に会う勇気を持てた自分を褒めてあげましょう。

その行動力がもう変わり始めていることを表しているのです。

第3位 奇才と呼ばれる人たちは、成功の秘訣を直接教えてもらった経験を持っている

奇才と呼ばれる人たちは、奇才と呼ばれる前に、必ずと言っていいほど誰かから成功の秘訣を直接教えてもらった経験を持っているもの。確固とした確信があるわけでもない、あったとしても根拠のない自身ぐらい。すぐに揺らいでしまいそうなとき、手を差しのべてもらった経験がある。だから、目の前に成長し、人生を変化させようと思う人が現れたとき、成功の秘訣を教えてくれます。

奇才に会おうとするときに思い出したい言葉です。
「すごい人」たちに声をかける勇気が湧いてくるからです。
パーティなどでも尻込みして、声がかけられなかった経験があります。
イベントに参加して憧れの人を遠くから見て、そのまま帰ってくることほど悔やむことはありません。
せっかくの機会を自分で捨てているのです。

そんな経験があるからこそグッとくる言葉でした。
奇才は味方だと思うことにしましょう。
自分の人生を変えてくれる味方なのです。

出会いに偶然はありません。
いつも必然なのです。

会えたことに必ず意味があると信じて、思い切って懐に飛び込んでみましょう。

人生の変わるチャンスが目の前にあるのです。

何も考えずに1歩踏み出すだけです。

そこからパクリが始まるのです。

あとがき

パクるよりも「奇才に会うことの重要性」にグッときました。

パクることの大切さは「守破離」という言葉からもよく理解しているつもりです。

パクることそのものよりも、誰からパクるか、どうやってパクるか、どうやって会う勇気を奮い立たせるか。

そんなことを教えてくれ、背中を押してくれる本でした。

こーいちより

P.S. 考える前にまず奇才に会おう。

▼関連本

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2018年12月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,333冊/漫画1,311冊)、10kmを走り(月150km/サブ4達成 )、子どもとドラクエ11で遊び、ときどき旅をしています。

-ビジネス, 本を読む
-,

Copyright© クロニクル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.