ブログセミナー ブログを書く

マクリンさん×サンツォさんブログセミナー『会社員ブロガーから学ぶブランディング戦略と収益化のコツ』に参加しました

マクリンサンツォブログセミナー

親愛なる君へ

  • 「マクリンさん、サンツォさんのブログセミナーの内容を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。
2019年6月24日(月)にサンクチュアリ出版主催のマクリンさん×サンツォさんによるブログセミナーに参加してきました。

本記事では、ブログセミナーの内容について解説していきます。

この記事を読むことで、マクリンさん×サンツォさんのトーク内容を知ることができます。

なお本記事を書いている私はブログ歴は6ヶ月ほど。
ブログ毎日更新を継続中です。

マクリンさん×サンツォさんブログセミナー『会社員ブロガーから学ぶブランディング戦略と収益化のコツ』に参加しました

自己紹介

自己紹介を要約します。

マクリンさん

ロリポップ

ハンドルネームの由来は、京都にある『マクリン幼稚園』が由来。
マクリンで検索すると私のサイトが1番上に来るようになった(バスケの選手にマクリン選手がいる)
京都出身で都内に奥さんと住んでいる。
ブログ歴2年ちょっと(2017年5月開始)の会社員の副業ガジェットブロガーで36歳。
『働きマクリン』のブログも運営している。
外資系の食品メーカーに勤務していて、職種はマーケティング。
ブロガーは人生経験があるほうが良いと思っている。
ブログは副業ではなく、パラレルワークとして本腰を入れている。

1日のスケジュールはブログの時間を完全にルーティン化していて、1日5時間をあてている。

昼休憩はブログ作業をしている(会議室を使って撮影したりする)
無理やりルーティン化して、継続することが大事。

副業がブランドである。

会社員を武器にできる。
雑誌の依頼が来た理由は、副業でやっているから(「週刊SPA」にのった)
ブログをやりながらSNSをやるのは大変だが、雑誌依頼が来たのはSNSから来た。
2年で330記事を書き、月60万PV、2019年5月収益は138万円。

副業でやっているので記事更新のペースが遅いので、ストック記事だけを書くことに注力した(トレンド記事は書かない)

ストック記事なのでPVの急落はない(キーワードを刈り取っている前提)
『motoさんのnote』
は参考になる。
腐らないノウハウがあるなら、ストック収入になるnoteを書くのがおすすめ。

会社員をやりながら、毎日5時間の時間を確保している努力姿勢に脱帽です。

次の3つが印象的。

・ストック記事の重要性
・ノウハウnote
・自分がブランドになる

私も意識しているのはストック記事です。
トレンド記事を書かない理由は、常にトレンドを追いかけて記事を仕込む必要があり、消耗しそうだからです。
ストック記事であれば、ずっと「読まれる記事」に狙いを定めて質の高い記事を書き上げればOK。
質を高めて「読まれる記事」を書くことは難しいですが、ストック記事を書く姿勢には共感しました。

ノウハウnoteはチャレンジしてみたいです。
まだまだ販売できるようなノウハウがないので躊躇していますが、「小さく始めて販売してしまう」のもありかなと感じました。

こーいち
書くとすれば『添乗マニュアル』ですね。

副業ブロガーがブランドになるのは納得です。
副業ブログで稼ぐ人は目立つからです。
頭に思い浮かぶ副業ブロガーは数名いますが、副業での成功はインパクトがあります。

サンツォさん

ロリポップ

ブログ歴6年の副業ブロガー。
5〜6回の転職経験があり、ずっとブラック企業だった。
会社が嫌いになりブログを開始。
本業は企業のWEBマーケティング(広告宣伝、プロモーション)、アフィリエイトの担当もしていて提携審査もしている。
メインブログは『ブログ部』で、計7つのブログを運営中。

2019年5月収益は377万円(だいたい200〜300万円はいく)

200万円にいくまでは4〜5年かかり、累計収益は家が2軒分。
雑誌「ZAI」で紹介されたことがある。
ASP「A8.net」のランクは『ブラックS』(上から3番目)

月間の収益の高さは、目を見張るものがあります。
副業で7つのブログを運営するスケールが「凄い」の一言。
個人的にはサイトの掛け持ちは真似できるものではありませんが、良い刺激になったことは間違いありません。
それにしても収益額が凄まじいです。

どうやって記事を書いているか

サンツォさん

キーワードのリサーチが重要で、下記ツールを使っている。

Ubersuggest
OMUSUBI

どちらも無料で使用できる。

Ubersuggestでわかることは下記の通り。

・月間検索ボリューム
・キーワード候補
・そのキーワードで被リンクの多いサイト

OMUSUBIでわかることは下記の通り。

・関連キーワードから、キーワードの検索意図が見える。

OMUSUBIは使ったことがなかったので勉強になりました。
トップブロガーの言う通り、やはりキーワード選定が大事です。

マクリンさん

ブログが成長してきたら、キーワード選定ツールに投資するのもおすすめ。

2万円以上するキーワード選定ツールがあることを初めて知りました。
今後の選択肢として持っておきます。

ネオ窓際族とは

マクリンさん

本業と副業のどちらに注力したらいいのか分からなくなる時が来る。
本業2:副業8の割合にしている。
転職する予定。
やばいと思ったらすぐ転職。
会社にスキルを認めてもらわないといけない。
社内で代替えがきかない要因はブログ。
ITに疎い会社であれば、デジタルができる人のようなポジションどりができる。

「ブログ実績は転職の武器」と実感しました。
本業の割合が少ないことに驚きました。
マクリンさんは仕事ができます。
そうでなければ20%の力で仕事ができるわけがありません。
私の副業時代は本業8:副業2の割合でしたので、結果が出るはずもありませんでした。

サンツォさん

会社で全力を出してはいけない。
給与に反映されないから。
会社員は良いポジションで、恵まれている。
会社員の利点を利用しつつ、給与以外の収入源を育てるべき。
会社に依存しない。
給与に依存すると弱者になる。
副業で思いきり稼ぐ。
国も副業を後押ししている。
会社と上司は都合良く利用する。
会社に迷惑をかけてはいけない。
プチモンスター社員になる。

会社員だったのでから理解できますが、会社員は確かに恵まれています。

・福利厚生
・健康保険
・厚生年金
・毎月確実に支払われる給与

「不安定な会社員」とも言われてきていますが、まだまだフリーランスよりは安定しています。

これからを生き残るメディアに大事なこと

YMYL

お金や健康を表すジャンル。

GoogleはYMYLに関連するジャンル記事(金融、健康、美容、仕業など)はシビアに見るそうです。
このジャンルを書いているブロガー・アフィリエイターは、けっこうしんどくなる予想です。
2019年3月のコアアップデートでは、これらのジャンルを書いているブロガー・アフィリエイターは打撃を受けた様子。
これからは、このジャンルはおすすめしない。
できることはいろいろ試して、分散してやっておいたほうが良い。

キーワードずらしをするなど、工夫が必要(真正面から書かない)
今後もどの分野が打撃を受けるか分からないため、カテゴリーは横展開してリスク分散が重要。

EAT

Google検索品質評価ガイドラインではEAT が重要。

EATとは

E=Expertise(専門性)
A=Authoritativeness(権威性)
T=Trustworthiness(信頼性)

これからのサイトは、これらを満たしていないと厳しい。

マクリンさんいわく、噛み砕いて説明すると下記の通り。

・特定分野の記事をしっかり書いて、ブログに専門性をもたせる。
・SNSや他のサイトから「○○の人」だと言及されて、だんだん権威性を帯びる。
・一番重要なのは被リンクを受けて信頼性を得る。

被リンクが8割くらい重要。

SNSでサイトを公開しない選択肢はない。
理由は、被リンク、シェアという観点からサイト公開しないことはマイナスになるから。
サイト公開して被リンクを受けやすくしておくことが重要。

被リンク獲得施策

被リンク施策は下記の通り。

1.サイトコンテスト(A8、バリューコマース、楽天アフィリエイト)
2.ブログランキング(ブログ村、BLOG RANKING)
3.SNSで寄稿してもらう。
4.友達同士で相互リンク。
5.検索ニーズの落ちない「〜とは」記事をしっかり書く。
6.SNSでシェアされやすい記事を書く。
7.トラブル解決記事をしっかり書く。

サイトコンテストは誰でも応募できるので、ダメ元で応募すること(被リンクを受けられるから)
ブログランキングもやったほうがいい(ドメインパワーの強いところからリンクをいただける)
SNSで寄稿いただくことも有効(相互リンクが成立する)
友達同士で関係する記事同士で相互リンクする。
「〜とは」は結構検索されるのでしっかりした記事(ニッチな検索ニーズで落ちないようなキーワードを狙う)
調査・アンケート系の記事は手間がかかるためやっている人が少なく、SNSでシェアされやすい。
トラブル解決記事はコメントが来やすい(ずっと検索され、高確率でコメントも来やすい。コメントが来るとSEOにも強くなる)

早速、ブログ村とBLOG RANKINGには登録しました。
実際にトラブル解決記事は長く読まれています(MacBook Proの修理費用など)

ブログに紐づいたSNSアカウントの重要性

検索エンジンに、このアカウントが何をしている人か伝えるために重要。

SNSに注力するメリット

・ブログと一緒にがんばれば有名ブロガーになれる。
・アカウント名とサイト名が同じなら、指名検索につながりやすい。
・仕事の依頼がSNS経由でくる。
・初速が稼げるため記事の順位が上がりやすい。
・ひいてはブランディングにつながる。

SNSアカウントにブログ名を入れると良い。

・氏名検索の意味もある。
・覚えやすい。

ブログ×SNSの両方に注力すること。

ブログだけ頑張っても有名になることは難しい(露出が検索ユーザーに限られるから)
SNSで認知が高まるので両方頑張ること。

マナブさん、ひつじさん、クロネさん、ヒトデさんが良い例。
仕事の依頼はSNSが主で、この講演依頼もSNSで来た(マクリンさん)

SNSで初速が稼げる、GoogleはSNS流入をシグナルと認識する。

SNSをやっているほうが初速を作りやすいから、書いたばかりの記事でも検索上位に上がりやすい。
インデックス登録ももちろん重要。

ブランディングについて

ブランディングとは100人に1人の特技を、3つ掛け合わせること。

所属×ブログの種類×SNSの種類

・マクリンさん=会社員×ガジェットブロガー×Twitter・Youtube
・サンツォさん=会社員×ブログ論ブログ×Twitter・Youtube

ブログユーザーとSNSユーザーが一致すれば、2つのメリットがある。

・ブログ滞在時間が伸びる
・購入率が上がる

一致していないと、SNSからブログへの流入が少なくなり、滞在時間も減少、Googleからの評価も悪くなる。

ブログユーザーとSNSユーザーを一致させる解決方法は2つ。

・SNSアカウントを新たに作る
・間接的に親和性をもたせる

雑記ブログでSNSフォロワーさんを最初から合わせるのは難しい。
雑記が何が当たるか分からないから。
最初からがんじがらめにユーザー設計を考えないほうがいい。
絞れてきたら、方向転換すればOK。

ブランドメッセージ(スローガン)を作ろう

ブランドメッセージを作るメリット。

・めざすものや理念(ビジョン)が明確になる。
・伝える内容(メッセージ)、誰に伝えるか?(ターゲット)が明確に。
・一本筋が通り、ブランディングの方向性が固まる。

きちんと言語化をすることが大事。
ブランドメッセージを作らないと、ブランディングがブレブレになる。

企業のメッセージ例

・「NO MUSIC、NO LIFE」タワーレコード
・「一瞬も、一生も美しく」資生堂
・「お口の恋人」ロッテ
・「信頼される安心を、社会へ」セコム
・「わたしらくしくを、あたらしく」ルミネ
・「水と生きる」サントリー

サンツォさんのブログ部は「ブログであなたの人生をレボリューション!」。
キャッチフレーズは誰が見てもわかりやすいものにする。

ブランドメッセージのポイント。

どこの誰に×なにをつたえ×どんな状態になってほしいのか

マクリンさん×サンツォさんブログセミナー『会社員ブロガーから学ぶブランディング戦略と収益化のコツ』のまとめ

マクリンサンツォブログセミナー

本記事では、マクリンさん・サンツォさんのトークセッションについて書きました。

感想

SNSに注力するメリットを知ることができて、有益なセミナーでした。

現時点では、私のSNSフォロワーさんはブロガーさん、アフィリエイターさんです。
このブログのキャッチフレーズは『読む×書く×走る∞遊ぶ×旅をする』です。
現在は発信している内容が「読書」「添乗員」の割合が大きいので、フォロワーさんの属性とズレがあることを認識しました。
属性を合わせるのは難しいです。
フォローする人を変えていくことも重要だと感じました。

以上、『マクリンさん×サンツォさんブログセミナー『会社員ブロガーから学ぶブランディング戦略と収益化のコツ』に参加しました』の記事でした。

こーいちより

P.S. SNSに注力しよう。

関連記事レンタルサーバー・ロリポップ主催の人気アフィリエイター×人気ブロガーサミットに参加【第一部=ヒトデさん、マクリンさん、サンツォさん登壇のトークセッションを紹介】
関連記事キンピカさんのブログセミナー『アフィリエイト、ブログで月5万円稼ぐなら何をやる?』に参加してきました
関連記事「ブログは自分のために書けば書くほど、人のためになる」jMatsuzakiさんのブロフェス2019講演の感想
関連記事2019年ブロガー・アフィリエイター大忘年会に参加して得た12の収穫【感想:圧倒的じゃないか】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.