ブログを書く ブログの書き方

【圧倒的成長】ブログ毎日更新の3つのコツを解説【メリット、デメリット】

2019年3月29日

ブログ毎日更新のコツ

親愛なる君に

  • 「ブログ毎日更新のコツを知りたい。メリット、デメリットはなんだろう?」
  • 「ブログ毎日更新をしたいけれど、ネタがなくて困っている」
  • 「ブログ毎日更新のアクセス数、収益を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

・ブログ毎日更新の3つのコツ
・ブログ毎日更新のメリット3つ、デメリット3つ
・ブログ毎日更新のネタの見つけ方
・ブログ毎日更新のアクセス数、収益

 本記事の信頼性

✔︎ ブログ歴:2019年1月にブログ開設
✔︎ ブログ実績:過去最高は月6.2万PV、月5.4万円(確定)

本記事を書いている私は、ブログ毎日更新を20ヶ月ほど継続。
正確には消した記事もあるので、「ほぼ毎日更新」です。

本記事では、ブログ毎日更新のコツ、メリット、デメリットを解説していきます。

この記事を読むことで、ブログ毎日更新のコツや効果がわかります。

なお、本記事は毎日更新のススメではありません。

こーいち
メリット、デメリットを経験から書いているだけです。

【圧倒的成長】ブログ毎日更新の3つのコツ

ブログ毎日更新のコツ

 ブログ毎日更新の3つのコツ

1.見出しだけ書いておく
2.装飾は後回しで一気に書く
3.リライト前提で公開してしまう

順番に解説します。

1.見出しだけ書いておく

できれば前日に見出しだけ書いて、寝かせておくのが理想です。

理由は、文章がふくらむからです。
睡眠の時間に文章が整理されることもあります。

どちらがいいか、明白です。

・当日に「見出しと文章」を書く
・前日に見出しだけ書いて、当日は文章を肉付けする

ブログを書く順番は、以下のとおり。

① 想定読者の設定
② 読者の問題意識の設定
③ 解決策の設定
④ 見出しの作成
⑤ 文章の肉付け

①〜④まで前日に終わらせておくことで、文章の肉付けがラクになります。

こーいち
ゆえに、毎日更新もラクになるのです。

2.装飾は後回しで一気に書く

文章に肉付けをしながら、装飾をすると時間がかかります。
頭に浮かんだ文章も、装飾をしながら書くと分断されます。

解決策は、装飾は後回しにすること。

装飾を後回しにすることで、文章だけに集中できます。
頭にほとばしる文章を逃しません。

太字、箇条書きボックス、色分けなどは後回しでいいのです。
記事が完成してから、一気に装飾をすればOK。

極端な話、週末にまとめて装飾でもいいのです。

文章だけに集中して一気に書き上げることで、時短につながります。

スラスラ書くコツは文字どおり、スラスラ書くことです。
思い浮かんだことを、そのままスラスラ書くのです。

まずは一気に書くことが、毎日更新の姿勢なのです。

こーいち
時間が短くなれば毎日更新もラクになります。

 ブログ成功者のぐっちーさんも装飾は後回し

3.リライト前提で公開してしまう

完璧を目指していたら、毎日更新はできません。

完璧な文章は存在しません。
あるのはリライトする余地のある文章だけです。

スマートフォンのアプリもアップデート前提で、公開されます。
頻繁にアップデートを繰り返しているのです。

アップデートのない仕事は存在しないのです。

ブログはいつでも何回でもリライトできます。
公開しても、取り返しがつくのです。

公開しない限り、読者の反応は得られません。
Googleの順位もつかないのです。

書くネタを溜めておいても腐るだけです。

公開直後は順位はつかないので、どうせ誰も読んでいません。

どんどん書いて、文章をさらしていきます。

文章を書く習慣化のほうが大事です。

あとで追記すればいいのです。
どうせ書き直すハメになるのです。

記事の質は、読まれるようになってから悩むことです。

こーいち
低品質の記事でも、リライトで100点に近づければいいのです。

ブログ毎日更新の3つのメリット、効果

ブログ毎日更新のコツ

 ブログ毎日更新の3つのメリット・効果

毎日更新のメリット

1.文章力が上がる
2.試行錯誤できる
3.情報のアンテナが立つ

順番に解説します。

1.文章力が上がる

毎日更新をすると、文章力が上がります。
理由は、文章を書く量が増えるからです。

1記事3,000文字とすると、文章量の差は以下のとおり。

・毎日更新している人は、3,000文字×30日=月に9万文字。
・3日で1記事を更新している人は、3,000文字×10日で3万文字。

6万文字の差です。
原稿用紙150枚分。

圧倒的な量が、文章力を底上げします。

こーいち
文章力だけでなく、論理的思考力、マーケティング力、継続力などのスキルも身につきます。

量が書けるのが天才

呼吸するようにひたすら書き続ける。
量、量、量、ひたすら量で自分を圧倒する。

とにかく書かないと経験値も積み重ねられないし、質も上がりません。
アウトプットすることで変わるインプットも、まずは書かないと変わりません。

その日にしか書けないことがあるのに、書かないともったいないです。
1行でも書かなくては前へ進みません。

会社員で毎日更新は難しい場合は、公開せずとも1行でも書く癖をつけるべき。
毎日文章を書くことで、毎日文章を考えられます。

1行でも書くことが大事です。
たったの1行でかまいません。
どうせ1行では終わりません。
1行書けば、2行書けます。
2行書ければ、3行書けます。

ひたすら爪を研ぐのです。

こーいち
いつも文章に接することができるのが、毎日更新のメリットですね。

2.試行錯誤できる

毎日更新すると、必然的に試行錯誤の回数が増えます。
改善回数が増えるのです。

改善回数が少ないより、改善回数が多いほうがブログ記事は良くなります。
修正箇所が見つけやすいからです。

毎日更新して、毎日分析して、毎日改善する。

毎日更新の効果です。

ただ、そうは言ってもそこまで時間が取れないのも事実。
そんなときは検索順位チェックツール(GRCRank Trackerなど)で順位だけでも把握しておくといいです。

なぜなら、リライトすべき記事が見つかるから。

こーいち
更新、分析、改善のループですね。

3.情報のアンテナが立つ

毎日更新すると、公開した記事について考えるようになります。
考えるようになると、公開記事の情報や気づきが入ってきます。

カラーバス効果です。

カラーバス効果 カラーバス効果とは、ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる現象のこと。
カラーバスは「color(色)」を「bath(浴びる)」、つまり色の認知に由来するが、色に限らず、言葉やイメージ、モノなど、意識するあらゆる事象に対して起きる。

※ シマウマ用語集から引用

公開記事のアンテナが立つと、日常から情報が飛び込んでくる効果があります。

① 毎日更新する

② アンテナが立ち、情報や気づきを得る

③ ブログネタを思いつく、リライトもできる

入ってきた情報や気づきが、ブログネタや、リライトのアイデアになります。

毎日更新でブログネタが生まれる

ネタは出したら入ってくるからです。

腹式呼吸と同じです。
ネタを吐き出したら、ネタが入ってきます。

書いているうちに次に書きたいことが見つかるのです。

毎日更新のために常にネタを探すようになります。

毎日、ネタを絞り出す必要があります。
脳にあるものを一滴残らず、絞り出し、苦しみを感じるのです。

 毎日更新しなくても情報の感度を良くする方法

・ブログを公開する
・SEOキーワードを意識する

要するに、常にブログのことを考えていればいいのです。

ブログ毎日更新の3つのデメリット

ブログ毎日更新コツ

 ブログ毎日更新の3つのデメリット

毎日更新のデメリット

1.しんどい
2.低品質になる
3.稼げない可能性もある

順番に解説します。

1.しんどい

ブログはハードワークです。

村上春樹さんの言葉を借りると「書くことは肉体労働」です。

・目が疲れる
・腰が痛くなる
・腱鞘炎になる

スーパーハードなのです。

なお、適当な記事を書くなら、毎日更新はカンタンです。

会社員時代に日記みたいな記事を毎日書いてました。
適当に書いていたので、毎日更新は余裕でした。

本記事で言う毎日更新とは「自分が書ける最高の記事を毎日書く」です。

手抜きは一切なし。

こーいち
辛いに決まっているのです。

2.低品質になる

毎日更新することが目的になってしまうと、低品質の記事を量産しがちです。
なぜなら、書けるネタで書こうとするから。

たとえば、「今日はいまいちやる気が出ない。だから、サクッと書けるまとめ記事を1,000文字程度で更新しておこう」となることもあります。

他にも、当ブログのように「ファミレスの食レポ体験記をサクッと書いてしまおう」となるのです。

「稼げる、稼げない」やサイト設計の視点もなく、毎日更新のために書けるものを書いてしまいます。

サイトに必要ない、どうでもいい記事の出来上がりです。

どうでもいい記事はサイト全体の価値を下げ、他の記事の足を引っ張る可能性があります。

こーいち
毎日更新のためにムリに書くくらいなら、書かないほうがマシなのです。

3.稼げない可能性もある

毎日更新しても、稼げない可能性があります。
なぜなら、ブログはそんなに簡単な世界ではないから。

毎日更新して稼げるなら、こんなにカンタンなことはありません。
そんなに甘いものではないのです。

インフルエンサーが「毎日更新すれば稼げる」と言っても、全員に当てはまる訳がありません。

毎日更新して、毎日改善して、毎日変化して、それでも稼げるどうか。

ほとんどの人は稼げません。

 経験した現実は以下のとおり。

・毎日更新しているのに、収益が下がる
・毎日更新しているのに、アクセスが下がる
・毎日更新しているのに、Twitterで反応なし

こーいち
ブログで稼ぐのは修羅の道です。

ブログ毎日更新するためのネタの見つけ方【SEOキーワードで書く】

ブログ毎日更新

結論、SEOキーワードで書くだけです。

手順は以下のとおり。

手順①:SEOキーワードで検索する
手順②:検索結果を眺める
手順③:キーワードを決めて記事を書く

順番に解説します。

手順①:SEOキーワードで検索する

ラッコキーワードを使います。

たとえば、「添乗員」と入力して検索します。
検索結果は、836件です。

ブログ毎日更新のコツ

つまり、ネタが836個もあるのです。

ただ、検索意図が同じものもありますので、200個くらいに絞られるはず。

こーいち
当分、ブログネタには困りません。

手順②:検索結果を眺める

検索結果を眺めて、自分に書けそうなキーワードを探します。
書けそうなキーワードが決まったら、片っ端から記事を書いていけばいいのです。

ただ、記事を書く前にマインドマップを使い、キーワード整理をしておいたほうがいいです。

理由は以下のとおり。

・重複を避ける
・全体像が見える
・まとめて書ける
・サイト設計になる
・作業量の見える化
・ゴールがイメージできる
・カテゴリが作りやすくなる
・雑記ブログの難しさがわかる
・書けるジャンルかどうかわかる

ゆえに、最初にやるべきです。

具体的なキーワード整理のやり方は、マナブさんの動画が参考になります。

マナブさんのブログ記事はこちら。
» SEOキーワードを選定する方法。具体的に5つの手順で解説します。

手順③:キーワードを決めて、記事を書く

SEOキーワードを決めて、記事を書くとメリットがあります。

・上位表示できれば、読まれる
・適切な文章が書ければ稼げる

ゆえに、SEOキーワードからブログネタを探して、書くのが吉です。

逆に、SEOキーワードで書かないと読まれません。

なぜなら、ブログ読者のほとんどはGoogleなどの検索流入だからです。

「別に読まれなくてもいい」という人は自由に書けばOKです。

ただ、「書くからには読まれたい。少しでも稼ぎたい」という人は、SEOキーワードをネタにブログを書くべき。

こーいち
どうせ書くなら、SEOキーワードで書いたほうが得です。

ブログ毎日更新のアクセス数、収益【心境の変化】

ブログ毎日更新のコツ

ブログ毎日更新1年目のアクセス数、収益

1年目のアクセス数は右肩上がりで、最高62,395PV。
収益も右肩上がりで、25,188円(確定)まで上がりました。

書いていて楽しい時期でした。

ただ、アフィリエイトの成約の有無で気持ちが振り回されたのも事実。

・なかながアフィリエイトが成約しない
・ようやく成約しても、キャンセルになる

期待した結果が伴わないと、絶望します。

こーいち
ゆえに、期待せずに淡々と継続するのが吉です。

ブログ毎日更新2年目のアクセス数、収益

右肩上がりは続きません。

理由は以下のとおり。

・2019年12月のGoogleアップデート
・2020年2月、コロナでアフィリエイト案件の減少
・2020年9月、コロナでアフィリエイト案件の停止

アプデとコロナに振り回されました。

アクセス数15,182PV、収益5,696円まで下がりました。

こーいち
ひとつの案件に頼りすぎていたのも要因です。

ブログ毎日更新を続けた心境の変化

以下のとおり。

・1〜3ヶ月:日記ばかり書いて、更新がラク
・4〜6ヶ月:PVは伸びてきたが、成約なし
・6〜9ヶ月:書けば書くほどPVは伸びる
・10〜12ヶ月:PVが倍増、アフィも初成約
・13〜15ヶ月:アプデで死亡、アフィは成約
・16〜18ヶ月:アクセス、収益ともに壊滅
・19〜20ヶ月:徐々に回復、物販が伸びる

辛かったです。
たまに成約するとガッツポーズでした。

また、ブログ教材や本で勉強すればするほど、改善点が出てきます。

こーいち
毎日更新で書いた膨大な記事を改善するのは大変でした。

【まとめ】ブログ毎日更新は力なり

ブログ毎日更新のコツ

 ブログ毎日更新の3つのコツ

1.見出しだけ書いておく
2.装飾は後回しで一気に書く
3.リライト前提で公開してしまう

毎日更新のメリット

1.文章力が上がる
2.試行錯誤できる
3.情報のアンテナが立つ

毎日更新のデメリット

1.しんどい
2.低品質になる
3.稼げない可能性もある

「ブログ毎日更新をすべきか?」と聞かれたら、答えはYESです。
ただし、以下の条件のもとです。

・毎日更新を目的にしない
・毎日更新の前にサイト設計する
・辛くなったら、毎日更新しない

要するに「サイト設計して、記事を集中投下するときは毎日更新で固め打ちしよう」です。

継続は力になります。
毎日更新で圧倒的に成長できます。

毎日、毎日、インプットとアウトプットを繰り返しながら、ひたすら爪を研いでいくだけです。

こーいち
毎日更新は力なりです。

こーいちより

P.S. ひたすら爪を研ぐように毎日書こう。

 毎日更新の元祖・マナブさんの著書

関連記事【感想】『「好き」と「ネット」を接続するとあなたに「お金」が降ってくる』の7つの気づき
関連記事【まとめ】ブログ型アフィリエイトのおすすめ本36選【基本編18冊、実践編18冊】

-ブログを書く, ブログの書き方

© 2019 Blog Chronicle